minaQのつぶやき 네토미나

慰安婦像の首が落ちる日を待っていてくださいな

最低住居基準に満たない世帯2017


最低住居基準に満たない非住宅居住世帯の割合
ソウルが最も高い

部屋狭小、トイレ水道共同、バラック、ビニールハウス、コンテナ、 etc 
住宅以外'その他の居所'に居住する'住居貧困'青年世帯は45万世帯
 



イメージ 1
[ソウルミーナ]全国の都市の最低住居基準に満たない世帯の割合が一斉に減少傾向を見せた中、ソウルが減少速度が最も遅く、最低住居基準に達していない割合が最も高いところになったことが分かった。

国会国土交通委員会所属のよい民主党イウォンウク議員は10日韓国都市研究所に研究を依頼した'最低住居基準に達していない世帯や住居貧困世帯の実態分析'資料を公開した。

研究所は、統計庁の人口住宅総調査資料などを活用して最低住居基準に満たない世帯の割合の推移などを分析した。

最低住居基準は住宅法に具体的な基準が設けられているが、住居面積や部屋の個数が基準を満たしていなかったり、化粧室など施設を単独使用しない場合に達していない世帯に分類される。(主に部屋が狭く、トイレが共同の場合)

1995年、全国の最低住居基準に満たない世帯は589万世帯で割合は46.3%に達した。

以後、2000年407万世帯(28.7%)、2005年254万世帯(16.1%)、2010年203万世帯(11.8%)に続いて2015年156万世帯(8.2%)に減った。

住宅貧困世帯 最低住居基準以下の世帯数割合 
イメージ 2

▲全体住宅貧困率は1995年46.6%から2015年11.6%へと減少したが、ソウル1人の青年世帯の住居の貧困率は1995年58.2%から2000年31.2%に減少したが、2015年37.2%で持続的な増加傾向だった。 


青年世帯の住居貧困率はソウルで37.2%も
住居貧困状況はソウルが全国より悪化しており、一人で住む世帯を加えた全世帯の住居の貧困率は全国17.6%にくらべ、ソウル29.6%で大きな差を見せ、1人の青年世帯だけでは、全国22.6%、ソウル37.2%だった。 
全体の住居の貧困率が時間がますます減るのと違って、ソウルの1人の青年世帯住居の貧困率は2000年以降、特に増加傾向にある。 

ソウル1人の青年世帯のうち、考試院など非住宅居住世帯数は2005年1万2818世帯から2010年2万2644世帯、2015年3万8906世帯へと着実に伸びている。

チェ・ウニョン韓国都市研究所研究委員は"ソウル1人の青年世帯住居の貧困率はマンションの大量供給で住居の貧困率が減少した韓国の全般的な傾向と異なる形で示されている。 他の世代では一度も観察されなかった逆走行"と見た。 
"保証金が不足した1人の青年世帯は考試院のような非住宅居住率が高いうえ、大学周辺の違法建築物で簡単に住居貧困にさらされる。 最低住居基準に満たず、違法建築物などに関する管理監督が行われなければならない"と強調した。

ソウルで最低住居基準に満たない世帯の割合が高い場所は冠岳区(21.9%)、衿川区(16.5%)、東大門区(14.8%)、鍾路区(14.5%)の順だった。

一方、瑞草区(4.8%)、江南区(6.3%)、道峰区(6.5%)、松坡区(7.4%)などの順で低かった。

チェ・ウニョン研究委員は"ソウルの場合、最近ソウル市が住居福祉に積極的に乗り出しているが、中央政府は、地方自治体が住居福祉に注力する地域には、自治体を信じて、消極的な傾向が強い"、"ソウルが最低住居基準に満たない世帯の割合が最も高いだけに、政府も関心を持って住居環境改善に乗り出さなければならない"と話した。

一方、最低住居基準に満たない世帯のほかに考試院など住宅がないところに居住する世帯規模は1995年4万世帯から2000年6万世帯、2005年5万7千世帯、2010年13万世帯に続き、2015年には39万世帯へと急激に増えた。

研究員は2005年以降増加規模が非常に高まるが、これは考試院を中心にビニールハウス、コンテナなど家じゃないところに住む世帯が急増しているということを意味すると説明した。

(ソウル/みそっち)


 
 
韓国の統計ではつい最近でも考試院や売春宿改造個室などに住む人を世帯数に加えずに〝世帯とは2人以上が暮らすところ〟なんていう基準を作ったりしていました。
高齢者が一人暮らししているところではまた基準を変えて住居以外のところに住み着いているのを除外しながら一人当たりの居住面積が〝ニホンのウサギ小屋よりも広いという自慢までやっていたわけです。

関連過去カキコ
屋上増設タイプは住居じゃない(シンちゃんの住んでいたところ)

ところが近年になって韓国の住居事情が知られるようになると、ビニールハウス生活やバラック生活の実態も広く知られるようになり、考試院などのような水道トイレ炊事共用タイプの勉強部屋に住む一人暮らし世帯が爆発的に増えてきたことから統計に載せる必要が出てきたため統計操作の方法が益々巧妙になってきています。
※考試院という言葉は昔からあったが、ビルなどのフロアを細かく区切って作られたタイプの考試院は1990年代になってソウルに増え始めた

イメージ 1
 
イメージ 3
▲考試院にありがちな部屋の配置

イメージ 6
韓国の一人世帯は考試院やワンルームを好み、世帯数あたりの平均居住空間をあらわすと世界最低水準となるため、一人世帯は現在でも世帯数にカウントされることがなく考試院やワンルームは韓国では住居とはみなされていない。

資料①
韓国の最低住居基準条例
第1条(目的) 
この基準は住宅法第5条の2及び同法施行令第7条の規定により国民が快適で暮らしやすい生活を営むために必要な最低住居基準を設定することを目的とする。
第2条(最小の住居面積など) 
世帯構成別に最小の住居面積および用途別の部屋の個数は<別表>のようだ。
第3条(必須的な設備の基準) 
住宅は上水道または水質が良好な地下水利用施設が完備された専用の洋風キッチン、専用の水洗式トイレや入浴施設(専用の水洗式トイレに入浴施設を備えた場合も含む)を備えなければならない。
第4条(構造・性能および環境基準) 
住宅は安全性・快適性などを確保するために次の各号の基準を全てクリアしなければならない。
1.永久建物として構造強度が確保され、主要構造部の材質は耐熱・耐火・防熱、防湿に良好な材質でなければならない。
2.適切な防音・換気・採光や暖房設備を整えなければならない。
3.騒音・振動・悪臭及び大気汚染など環境要素が法廷基準に適合しなければならない。
4.津波・洪水・土砂崩れや絶壁の崩壊など、自然災害による危険が顕著な地域に位置してはならない。

付則
この基準は公告した日から施行する。

<別表>世帯構成別に最小の住居面積および用途別の部屋の数
世帯員数(人)   標準世帯構成1)   部屋構成2)     総住居面積(m2)
  1          1人世帯        1 K          12(3.6坪)
  2           夫婦         1DK          20(6.1坪)
  3         夫婦+子ども1      2DK          29(8.8坪)
  4         夫婦+子ども2      3DK          37(11.2坪)
  5         夫婦+子ども3      3DK          41(12.4坪)
  6      老父母+夫婦+子ども2   4DK          49(14.8坪)

1) 3人世帯の子供1人は6歳以上の基準
  4人世帯の子供2人は8歳以上の子供(男1. 女1)基準
  5人世帯の子供3人は8歳以上の子供(男2、女1または他人1、女2)基準
  6人世帯の子供2人は8歳以上の子供(男1、女1)基準 
2) Kは台所、DKは食事室兼台所を意味し、数字は寝室(居間兼用を含む)または寝室に活用が可能な部屋の数を言う
3) 備考:部屋の個数の設定に向けた寝室分離の原則は、次の各号の基準に従う。
1.夫婦は同一の寝室使用 2.満6歳以上の子供は親と分離 3.満8歳以上の理性の子供は、相互分離 4.老父母は別途寝室使用


再掲載

お金がない 〝人間飼料〟を食べる就職準備生たち
   
ペットフードのように量が多く保存が効く、安価な冷凍食品・菓子で食事は済まして
一食食べるのにアルバイト2時間という韓国では個別包装より低廉、食費も節約
 

イメージ 1[ソウルミーナ]7級公務員試験を準備したイ(女・26)氏は最近、インターネット・ショッピングモールで冷凍エビピラフ3キロとお菓子2キロを買った。 食事の代わりに食べるためだ。
 
イ氏は "大容量で注文すれば冷凍炒飯が1人分一パックに1000ウォン足らずで、経済的です"とし、"夜遅くまで勉強するために小腹がすいた時は、高カロリーのお菓子を食べればすぐにおなかいっぱいに"と話した。
 
 
イメージ 2勉強するために時間的・経済的余裕がないする就業準備生らに大容量食品が人気を集めている。 個装より安価な大容量を買って、朝食の代わりに活用することだ。 このような大容量製品は就職準備生の間で〝人間飼料〟と呼ばれる。
愛玩動物用飼料のように量が多くて値段が安いという意味だ。
 
◀懐がさみしい就職準備生たちに人気のある3.2キロ入り大容量乾パン(7500ウォン)と2.5キロ入りお菓子のヌネチネ(クラッカー)。
乾パン150g当たりの価格が350ウォン程度でバラ包装した乾パン(150g当たり1500ウォン)の4分の1水準に過ぎない。
 
大容量菓子の場合、1キロが5000~8000ウォン水準で同一した量で換算すれば個装より20~40%ほど安い。 食品会社もこのようなニーズに合わせて冷凍食品とお菓子のように流通期限が長い製品を大容量のセットで販売している。
就職準備生らが頻繁に訪問するオンラインコミュニティには'人間飼料'後期(後記)とか経験談のような書き込みがたくさん掲載される。
 
イメージ 3職準備生のナ氏(25)さんは人気のある菓子'ヌネチネ' 2.5キロ►を注文して学校や図書館に行くたびにビニールパックに入れていくという。 彼女は"勉強する時お菓子を食べるとお昼,夕方のうち、一食を解決することができる"、"食費も惜しんで勉強する時間も稼ぐことができ、一石二鳥"とした。
 
 
乾パンを食べている韓国の就職準備生
 
3年目、自炊している大学生チョンハンギュン(28)氏も乾パン6キロを1万2900ウォンに買って朝食用として食べている。 チョン氏は"飲食店で一食を買うために2時間ほどアルバイトをしなければならない"、"自炊者らには人間の飼料が気軽に楽しめる食べ物"とした。
人間史料とは表現の語感(語感)が否定的だという指摘もある。 飼料とは元々動物用だが、これを人と連結させるのがとても自己卑下的だというのだ。
2年以上9級公務員試験を準備中のチュ某(28)氏は"試験学院の友達が'人間の飼料にお腹を満たす'という証拠写真ソーシャルメディアによくあがるが、温かい食事も安心して食べられない就職準備生の現実を示しているようで悲しい"とした。



◇ ◇ 



イメージ 3

秘境仙人は何食べてるの?