minaQのつぶやき 네토미나

つぶやき鬼奴 イイネ‼

韓国はマスク・防護服を戦略物資に指定

 

ムン大統領はこの時を待っていた「マスクを戦略物資に指定する」

「どうだカッコイイだろう」韓国はマスク・防護服を戦略物資に指定 困った担当省庁

 

 

イメージ 1
[ソウルミーナ]マスクの需給管理の失敗で、足元に火がついた政府が対策作りに乗り出す過程でも混乱し、右往左往している。 ムン大統領がマスクを '戦略物資' に指定することを言及したが、所管省庁である産業通商資源部で規定上、不可能という立場を示したのだ。

 

ムン大統領はこの3日、国務会議兼拡大中央災難安全対策本部会議で「後になってマスク需要が減少する場合にも、政府が一定期間残る物量を購入して、戦略物資に備蓄する案を用意して、生産業者らが安心してマスクの生産拡大に乗り出すことができるように督励してほしい」と話した。

 


ホン·ナムギ副首相兼企画財政部長官も加わった同日の国会対政府質問に出席した未来統合党のソン議員が「マスク、防護服などを戦略物資として管理しなければならない」と言うと「今回の事態を経験しながら、そのような概念を検討しなければならないと考える」とし「今後、調達庁が備蓄する制度も考えなければならない」と答えたものだ。

 

国会の答弁は質問が先に示され、それに準備した答えをするのが普通だ。


戦略物資は対外貿易法に根拠がある。 対外貿易法では戦略物資を「国際平和と安全維持、国家安保のために輸出許可など制限が必要な物品など」と規定する。いわゆるニホンが韓国向けに特例的だった輸出措置優遇をやめたフッ化水素などが戦略物資に当たるわけだ。 原則的に戦略物資を輸出するためには、政府の許可を受けなければならない。 マスクを戦略物資に指定すれば、常時輸出統制が可能になるわけだ。


産業部の関係者は「対外貿易法上の戦略物資とは4大国際輸出統制体制内で全世界の加盟国が合意したリストで、とても狭い概念」とし、「戦略物資になるには、通常兵器や大量破壊兵器などに転用可能な製品でなければならない」と説明した。

 

事実上、マスクを戦略物資に指定するのは難しいということだ。

なぜ、このようなギャップが開いたのだろうか。 失政続きのムン大統領が国政選挙で大きく挽回するには戦略物資の輸入再開である「ニホンによる輸出規制強化の撤廃」がどうしても必要だ。

そのため "戦略物資" の正確な法的概念を確認せずに用語を使ったために起こったということだ。 産業部の関係者も"戦略的に重要な物資という意味で戦略物資用語を使ったのではないか"とし"対外貿易法ではなく関係する(他の)法を使って(マスクを)備蓄しろという趣旨だろう"と述べた。

実際、ムン大統領の戦略物資の言及は、輸出統制よりも備蓄に焦点が当てられている。 マスク製造メーカーが今後の物量需給を予想できず、設備拡大の増産をためらうことを防ぐため、国が乗り出してこれを備蓄するという趣旨だ。 今後コロナ19事件のような感染病拡散で需要が増えた場合、備蓄しておいたマスクを供給することもできる。

 

こうした趣旨を踏まえると、"戦略物資"よりは"備蓄物資"が適した用語である。 調達事業に関する法律は、備蓄物資を"長短期の円滑な物資需給と物価安定のため、政府が単独で又は民間と協力して備蓄し、又は供給する生活必需品、原材料及び施設資材"と規定する。 海外依存度が高かったり、国民生活の安定に非常に重要な物資、物価の安定と需給調節のために緊急に対処する必要がある場合、備蓄物資の指定が可能である。 政府はこれを根拠に主要原材料を備蓄する。


それでも、戦略物資の用語をめぐって起きた寸劇への批判は避けられない見通しだ。 単なる"ハプニング"だと見るには"マスク大乱"の深刻性が大きいためだ。 高位当局者はもちろん、大統領まで対策発表に汲々としており、まともな検討もなしに"戦略物資"カードを取り出したわけだ。 すでに政府は与党報道官の"大邱·慶尚北道(テグ·キョンサンブクド)封鎖"発言で大きな批判を受けた。 大統領が意図した趣旨が当初の"戦略物資"の概念にあったらさらに深刻になる。 非常時局に省庁間の足並みが乱れていることは国民の不安をさらに高めている。

 

(ソウル/みそっち)
 
 

 

 

韓国政府は供給不足に陥っているマスクフィルタ用不織布需給の直接管理に乗り出す。
産業通商資源部は、「物価の安定に関する法律」第6条に基づき、「マスクフィルタ用不織布緊急需給調整措置」を6日0時から実施すると5日明らかにした。

物価安定法第6条によると、財政経済上の危機、需給調整機能が麻痺して需給調整が避けられない場合、供給と出荷のための緊急措置を可能にしている。

これにより、△マスクフィルタ用不織布の製造業者と販売業者は6日から生産・出荷・販売に関する現状、輸出量、在庫量などを産業省に毎日申告しなければならない。△産業省は、マスクフィルタ用不織布製造業者と販売業者の生産・出荷・販売時の数量、出荷・販売店などの調整を命令することができ、△マスクフィルタ用不織布の輸出は原則として禁止される。やむを得ない事由により輸出が避けられない場合には、産業部長官の事前承認を受けなければならない。

政府がこのような緊急措置を下した背景には、中国産のマスクフィルタ用不織布の輸入が中断され、マスクの原材料品薄状態な上に、いくつかの中間ディーラーのが買いだめして適時解かないか販売条件にマスク完成品メーカーに低い値でマスクの供給を要求というなどの主張が出てきているからである。

つまり混乱に乗じた朝鮮商売がその理由だということだ。

 

 

 

ブログバナー
 
午後から2つめだ