minaQのつぶやき 네토미나

慰安婦像の首が落ちる日を待っていてくださいな

全南大病院屋外診療と謎の行動

 

まさか、まさかの今度は全南大病院本館丸ごと閉鎖

全南大学病院行ってみたら、本院11階建て全体 病室もコホート隔離
光州・全羅南道の地域拠点医療機関、中核医療施設が新コロに閉鎖

 

イメージ 3
[暮らしのミーナ]地域住民の衝撃…「これがどういうことなのか分からない」 呆然とした姿。「まさかと思っていたが、全南(チョンナム)大病院まで開通しましたね。」

全南(チョンナム)大病院近くの店主Aさん(女·53歳)は恨み交じりの愚痴をこぼした。 17日午前10時ごろ、光州東区鶴洞(トング·ハクドン)の全南(チョンナム)大学病院·本院1洞の出入り口には重い沈黙が流れた。 周辺の道路周辺まで200メートルほど長い行列を作った外来患者や保護者などの来訪者らは、口をつぐんだまま、硬い表情で気をもみながら、出入り口が開くのを待っていた。

 

17일 오전 광주 동구 전남대학교병원 본원 1동을 찾은 내방객들이 출입문이 열리기를 애타게 기다리고 있다. ⓒ시사저널 정성환

 

来訪者らは、約1時間後に伝えられた全南大病院側の全棟全病室に対する同一集団隔離(コホート)決定の知らせに「この程度なのか」と茫然自失した。 特に、地域拠点医療機関である全南(チョンナム)大学病院で大規模な感染事態が発生したことに対し、痛恨の念を示した。

最も安全でなければならない病院、地域最大の病院に対する信頼が崩れたためだ。 この日朝早く、羅州市の病院を訪れたキム·アムゲさん(男·59)は本館閉鎖の知らせに「これがどういうことなのか分からない」とショックを隠せなかった。

 

光州·全羅南道の中核医療施設である全南大病院の11階建て本館全体が17日午前9時から2週間のコホート隔離に入った。 新コロによって病院機能が事実上マヒ状態に陥ったのだ。 国家指定治療病床まで運営する地域代表大学病院で確定者が続出し、新コロ患者の治療だけでなく、地域医療体系全体が動揺する危機を迎えた。

 

▲すでに病院の受付や診察は屋外で行われている、診察待ちの行列も当然屋外となる。病院の建屋は使えないが、外ならOKダロという発想だ。

 

 

全南大学病院側は同日午前、光州東区鶴洞(トング·ハクドン)の全南大学病院の本館で記者会見を開き、「1棟3階から11棟の病室を隔離する」と発表した。 外来と救急室の診療中断も22日まで延長する。 現在、計1028床のうち軽症患者を中心に、地域の総合病院約20ヵ所に300人が全員措置され、386人が病院に入院中だ。 このうち、コホート隔離対象の1棟の入院患者は154人だ。

キム·ソンジン病院長職務代行は「病院が感染拡散の危険に深刻に露出しており、医療陣など職員の自己隔離が急増し、正常な診療が行われにくい」と述べた。 キム職務代行は「医療陣確定者発生後、外来診療、手術、救急室などの診療が中断され、非常に申し訳ない」とし「地域住民に迷惑をかけ、診療正常化が速やかに行われるよう最善を尽くす」と述べた。※病院長も隔離対象に入っている

 

病院側はこれに先立ち、新コロ拡散遮断に必死だった。 今月13日、1棟6階に勤務する神経外科専攻医が新コロに確認された後、病院内の感染とn次感染が続くと、3日後の16日、当院5階から11階の病棟医療陣と患者を隔離措置した。 5階には神経外科と内科の集中治療室がある。 他の階には神経外科·整形外科·感染内科などの病棟がある。 外来および応急室の閉鎖期間も17日までと1日延長してきた。

1棟1~3階には院務科、一部外来診療科、便宜施設が入居しており、この日まで一時閉鎖し、施設危険度評価を行った。 陽性判定を受けた病院関連確定者の子供2人(光州567~568番)が通う光州のある小学校にも選別診療所を設置し、学生800人余りと教職員など900人余りも全数検査した。

これらの措置はまだ功を奏していない.、ついにコホート隔離に入った全南大病院発の光州·全南の「新コロ」の拡散が恐ろしい。 医療陣や患者、保護者、入居会社の職員に続き、学校や警察署にまで伝播する様子を見せているからだ。 新規確定者たちの動線には聖堂、教会、塾、銭湯、結婚式場など多重利用施設が多数含まれているため、早期終息への期待は大きくない状況だ。

 

▲全南大病院ではすべての診療を屋外診療に変えている。病院建屋の施設が使えないという指示を守れば、これでいいと思っている。

 

全南(チョンナム)大学病院発「新コロ」は全南木浦(モクポ)まで広がっている。 全南大学病院関連の確定者と接触した木浦(モクポ)地域の居住者2人が16日、確定判定を受けた。 彼らは最近、新コロが発病した全南(チョンナム)大学病院で入院と退院をし、新コロ感染症が拡散したため、選別診療所で診断検査を受けたという。

 

13日に神経外科医(光州546番)が確定して以来、全南大病院関連の確定者は現在まで計27人だ。 全南大病院によると、今月14日からこの日まで全病院従事者を対象に4500件の調査を行った結果、このうち14人の病院従事者が陽性と確認された。 院内医師3人、看護士2人(和順全南大学病院1人)、保健職1人、病棟患者3人、光州銀行職員2人、院外医師1人、退院患者2人だ。 16日午後、1棟の入院患者の保護者がさらに確認され、光州(クァンジュ)569番に分類された。

 

一方、光州(クァンジュ)·全南(チョンナム)地域では、新コロの拡散傾向が止まる兆しを見せていない。 17日、光州市(クァンジュシ)と全羅南道によると、前日(16日)の光州1日確定者は18人、全羅南道は15人を記録した。 ソウル(90人)、京畿(52人)など首都圏に次いで3番目、4番目に多い。 光州は9月8日以降69日ぶりに、全羅南道は13日に続き15~16日連続二桁を記録した。

和順郡でも11日に陽性判定を受けた既存の確定者と接触した住民がこの日、確定判定を受けた。 順天では中央病院に勤める看護師(順天99番·全羅南道252番)が確定診断を受けた。 順天市は、この看護士が勤めた6病棟全体をコホート(同一集団)隔離した。 順天では同日、順天102番(全羅南道255番)、103番(全羅南道256番)、104番(全羅南道257番)の3人が追加で確定判定を受けた。

これに先立ち、光陽市でも既存の確定診断者と接触した2人(全羅南道250·251番)も感染し、前日の11人に続き、16日にも11人が陽性判定を受けた。 全羅南道では今月7日以後、確定者が67人も発生するなど、日増しに確定者が急増している。 日付別の確定者発生人員は7日3人、8日2人、9日2人から11日8人に増えた後、12日9人、13日13人、14日8人、15日11人に続き、この日また11人が発生した。 全羅南道道内の累積感染者数は260人に増えており、このうち 地域社会の感染者212人海外流入は48人だ。

 

(翻訳:みそっち)
 

 

んで 問題のシーン

 

 

屋外診察を待っているひとが荷物を振り回しながらリズムを取っています。「行列は間隔を空けてください」と言われて、自身の存在位置確保を周囲に誇示するための集団行動で、韓国人の行列待ちによく見られる行動と知られている。

また、周囲に荷物を振り回すことで一種のバリアが形成され、”コロナウイルスの接近を防ぐ効果がある” とSNSを通じて盛んに流布された結果だ。