minaQのつぶやき 네토미나

慰安婦像の首が落ちる日を待っていてくださいな

ファン・ウソツク教授 賞金の返還

 

黄禹錫教授、16年ぶりに大統領賞賞金返還 告知

大韓民国最高科学技術人賞 10日以内に賞金3億ウォンを返還しなさい
そりゃ無理だわ、ノーベル賞だって貰えなかったのに

 

イメージ 1

[暮らしのミーナ]2005年、ES細胞論文捏造事件で罷免された黄禹錫(ファン·ウソツク)元ソウル大学教授が、賞金3億ウォンを返還しなければならない状況に置かれた。 過去、黄前教授が「大韓民国最高科学技術人賞」を受賞したのを、政府が16年ぶりに取り消したことによる措置だ。


韓国(ハングク)日報によると、科学技術情報通信部(科技部)は黄禹錫(ファン·ウソツク)元ソウル大学教授に賞金の返還を告知したと18日、明らかにした。 政府は先月13日の閣議で、2004年当時の科学技術部(現科学技術部)が黄禹錫(ファン·ウソツク)元ソウル大学教授に授与した大統領賞「大韓民国最高科学技術人賞」に対する受賞取り消し決定を下した。

受賞取り消しの決定が下され、黄禹錫(ファン·ウソツク)元ソウル大学教授が副賞として受け取った3億ウォンも返還することになった。 科技部が前日、黄禹錫(ファン·ウソツク)元ソウル大学教授に送った公文書によると、賞金は10日以内に払わなければならない。 この賞金は、韓国研究財団が管理する科学技術振興基金に帰属することになる。

政府は、2016年に設けられた法的根拠によって黄前教授に授与された叙勲が取り消されるべきだったが、法改正の事実を遅れて知ったため、取り消しの要請が遅れたと説明した。

 

황우석 줄기세포 연구 재개될까 - 매일경제

<ああ!黄禹錫... 2005論文操作/ "国民に謝罪...教授辞退"> 


黄禹錫(ファン·ウソツク)元ソウル大学教授は04年、世界で初めて人間の胚幹細胞を抽出したという内容を「サイエンス」誌に掲載し、世界的に注目を集めた。 翌年、黄前教授の論文捏造事実が明らかになると、ソウル大学は懲戒委員会を開き、黄前教授を罷免した。 以後、科技部も黄前教授の第1号最高科学者の地位を公式撤回した。

 

(翻訳:みそっち)
 

 

こういうのは返金したことはありませんね。でも「大韓民国最高科学技術人賞」っていう大盤振る舞いは毎年やってるんですよ。受賞するためには推薦するひとが必要ですね。そっちにお金を配らないと、受賞できません。そいうわけで、賞金なんてものは受賞したときにはすでにすっかり分配されてしまっているのです。

 

 

 

 

韓国の最高科学技術賞の概要

Ⅰ. 授賞概要

[目的]

韓国を代表する業績に優れた科学技術者を発掘·激励することで、名誉と誇りを育み、研究開発に専念できる風土を造成する(2003年第1回授賞)。

※ 1968年に制定され、科学技術界で最も歴史が深く権威ある「大韓民国科学技術賞」を時代の要求に合わせて2003年に「大韓民国最高科学技術人賞」へと発展的改編

 

[資格要件基準]

世界的な研究開発業績および技術革新により、国家の発展と国民福祉向上に大きく貢献し、科学技術界と国民から尊敬される方(同一業績共同受賞を含む)

大韓民国国籍を有する方を原則とし、韓国内での業績中心

公的審査基準のうち、研究開発業績(論文中心)だけでなく、技術革新の卓越性及び経済·産業·社会発展への貢献も勘案する 

 

[授賞人数]

○毎年4人以内
[授賞内容]

○ 大統領賞状及び賞金各3億ウォン(※賞金は予算の都合により変更になることがある)

 

[授賞の日]

大韓民国科学技術年次大会の開会式(6月末予定)

 

Ⅱ. 推進方法及び手順

[候補推薦権者]

○所属機関の長(研究所·大学·企業·行政機関など)

○関係団体の長(経済団体·学会·研究組合等)

大韓民国最高科学技術人賞発掘委員会委員長

大韓民国最高科学技術人賞の歴代受賞者

○機関を異にする関連分野の専門家3人以上の連帯

※ 上記の機関長または団体長を受賞候補者として推薦する場合、他の科学技術関連団体長の推薦を受けなければならない。

 

[候補推薦受付]

○オンライン受付:科総授賞プログラム(http:/)

※ 2009年よりオンライン受付実施

 

[審査基準]

○研究業績の卓越性

- 学問の発展、国民生活の改善への貢献度など

○技術開発業績の卓越性

- 産業経済(または臨床医学)、雇用、国民生活改善貢献度など

臨床医学は医·薬学分野のみ該当

[審査方法及び手続き]

○専攻者審査(1次)

- 構成:候補者の専攻別に学識と経験が豊富な1人以上の専門家

- 評価方法:候補者を各分野の3分野(専攻)に分類し、当該分野の審査員が候補者の公的価値判断を中心にオンライン審査

分野別審査委員会による審査(2次)

- 構成:候補者各分野別に学識経験が豊富な10人以内の専門家

- 評価方法:選考者審査に基づいて審査し、推薦順位を決めて審査結果を総合審査委員会に報告
○総合審査委員会審査(第3次)

- 構成:科総会長が委嘱する科学技術に関する卓越した識見と豊富な経験、徳望のある人物15人以内

- 評価方法:①分野別審査委員会審査結果受付(分野別審査委員長出席報告)

       ②分野審査委員会の審査結果を基に審査し、受賞者を選定

 

[受賞者発表]

総合審査委員会委員長は選定された受賞候補者及び審査結果を科総会長に提出し、科総会長は科学技術情報通信部長官に提出

科学技術情報通信部長官は、最終的に選ばれた受賞候補者を授賞式前に公式発表

 

 歴代受賞者

 

年度 氏名 所属/役職 年度 氏名 所属/役職

2003

 

 

キム・ジンの ソウル自然学部教授

2010

 

 

キム・グァンス 浦項工科大学化学教授
ギムギュウォン ソウル薬学部教授 ハンミング ソウル大電気工学部教授
2004 ユン・ドギョン KAIST材料工学部教授 オオテク ソウル薬学部教授

2005

 

 

 

シンフイソプ KIST神経科学センター責任研究員

2011

 

 

 

ノテウォン ソウル大物理天文学部教授
イ・ジェヨン KAIST新素材工学科客員教授 ベクギヨプ 忠北大園芸科学教授
ユリョン KAIST化学教授 朴スンジョン 蔚山医大教授

2006

 

 

 

 

ファンジュンムク 高等科学院学部教授

2012

 

 

 

 

シンソンチョル

 

DGIST総長

 

 

黄昌圭

 

サムスン電子半導体総括社長
ユンボヒョン ソウル大学医学部教授
キム・ソンフン ソウル薬学部教授

2007

 

 

 

 

イムジスン ソウル大物理天文学部教授 2013 キムビトネリ ソウル大生命科学部教授
チェ・ジンホ 梨花女子大学ナノ科学部教授 バクジョンイル ソウル大修理科学部教授
グォンウクヒョン ソウル大学電気コンピュータ工学部名誉教授

2014

 

イギミョン 高等科学院物理学部教授
ソジンソク 延世大の過大教授 グォンオヒョン サムスン電子副会長

2008

 

 

 

 

 

ギムギムン 浦項工科大学化学教授

2015

 

 

 

イヨンフイ KAIST物理学科特訓教授

ミンギェシク

 

現代重工業代表理事

 

 

ジョンヨンファン 韓国原子力研究院

原子力材料の技術開発団長

チェヤンド

ソウル大農生命工学部教授

 

2016

 

クォン・オジュン ポスコ会長
ソンホヨウン 蔚山医大教授 ヒョンテクファン ソウル大化学生物工学部教授

2009

 

 

ガンソクジン ソウル大修理科学部教授

2017

 

イ・サンヨプ KAIST生命化学工学科特訓教授
イヒョンスン 現代起亜自動車の研究開発総括本部担当副会長 ファンギュヨウン KAIST特訓教授
ソユホン ソウル大学医学部教授