minaQのつぶやき 네토미나

慰安婦像の首が落ちる日を待っていてくださいな

無着陸国際観光飛行で免税のお買い物をお楽しみください

 

飛行機に乗れば免税ショッピング出来るってよ…
国内上空を飛ぶだけの観覧飛行を国際線運航として1年間の期限付きで許容する
無着着国際観光飛行旅行利用客にも一般旅行者と同じ600ドル免税特典を与える

 

 

イメージ 1

[話題のミーナ]初期対策の不良から国内新コロ感染者の爆発的発生で海外渡航制限が強化され、海外旅行客が実質的にゼロになるなど、経済性悪化が現実視される韓国航空業界では、余剰となった国際線旅客機に乗って韓国周辺を飛び回り、再び国内に戻ってくる「無着陸観光飛行」商品が話題だ。

 

 

今回はこれを利用した旅行客が免税店でのショッピングが可能になるお知らせだ。 

さきに、辞任を表明し慰留されたホン・ナムギ経済副首相兼企画財政部長官は第20回非常経済中央対策本部会議兼、第5回韓国版ニューディール関係長官会議で、このような「無着陸国際観光飛行推進計画」を議決した。

 

ホン副首相は「他国への入国・出国がない国際線運航を1年間の期限付きで許容する」とし「無着着国際観光飛行旅行者にも一般旅行者と同じ免税特典を与える計画」と述べた。

 

▲飛行コースには対馬上空横断も含まれている、韓国の一部ネット民は対馬は朝鮮の一部だったと信じている。 ※これが無着陸国際観光飛行の限界だ

 

フライトは、韓国の空港で出国して他国の領空を2〜3時間ほど旋回飛行した後、そのまま再入国する方式であるが、防疫管理のために、まず、仁川国際空港でだけで運営して、一日便数も最大3編に制限します。現在、6つの航空会社が準備中で、来年第1四半期までにすべての48億ウォン台の収益が予想されます。

乗客たちには免税店ショッピングもできます。制限は現行の一般的な旅行者のような600ドルであり、空港の免税店はもちろん、市内免税店、インターネット免税店も利用することができます

 

政府は航空会社別の無着陸国際観光飛行商品が速やかに発売されるよう関係省庁·業界間の緊密な協議を経て、今月までに準備手続きを終える予定だ。 これに、大韓航空やアシアナ、済州(チェジュ)航空、ジンエアー、ティーウェイ航空、エアー釜山の6社で、関連準備を行っている。 準備が整えば、今後1年間、期限付きで無着格観光免税特典が与えられる予定だ。


ホン副首相は「長期間国際線運航中断で航空·観光·免税業界は雇用不安及び企業生存の危機に直面している」とし「これら航空被害業界を支援し、消費雰囲気を拡散させるために無着着国際観光飛行の導入を推進する」と説明した。

 

洪副首相は「2021年は確実な経済回復と反発を生み出し、韓国版ニューディールの強力な推進などで韓国経済·社会構造変化に先制的に対応し、さらに韓国経済の成長経路そのものを一段階グレードアップしなければならない非常に重要な時期」とし「12月中旬に2021年経済政策方向を発表する予定」と強調した。

 

(翻訳:みそっち)
 

 

というわけで、A380とかに乗ってエコノミークラスの機内食を食べて、おなじ空港に着陸するという国内国際線旅行に、免税ショッピングまでお付けしますというハナシですね。

いえいえ、ニホンから行けばそれだけで国際線なので需要な無いと思いますよ。

 

そして、仁川空港としては「国際線利用客」となりますから、「国際線利用客急増」みたいなことを言い出すことも出てくるでしょう。

 

▲客席が主翼の上だと地表の景色が見えない。