minaQのつぶやき 네토미나

慰安婦像の首が落ちる日を待っていてくださいな

ベランダは洗濯機を置くのに具合が良い

 

韓国じゃベランダに洗濯機を設置するのはご法度

韓国の多用途なベランダは、リビングになったり、洗濯機置き場になったり
シャワーが使えるベランダもあるよね お湯も出るんだ でも洗濯機は置いちゃダメ

 

 

イメージ 1

[ソウルミーナ]韓国の住宅の多くがアパート・連立住宅・多世帯住宅のように複数の世帯が集まって住む共同住宅の形態だ。

 

アパートのベランダと呼ばれる場所のもう一つの名前は「バルコニー」です。最近建設されたアパートは、拡張アパートとしてバルコニーを広げてリビングルームを広く使用している場合が普通です。

 

バルコニー拡張アパートの場合にも、すべてのバルコニーが広く拡張されているのではなく、お茶の間のバルコニーはそのまま別の区画とする場合もあります。このほとんど南向きのバルコニーでは、洗濯物を乾燥させるのにちょうどいい場合が多いからです。

 

このバルコニーの拡張とは関係なく、本来のバルコニー部分を見ると、上層から下層にかけて配水管が1つつながっているのが分かります。本来であればベランダの雨水を流すための排水管ですよ。

 

「베란다에 세탁기」の画像検索結果

f:id:ninoQ:20210211205803p:plain

▲リビングになったバルコニー部分に不自然な四角いふくらみがある。これがそのまま雨水管なのである

さて、大型のアパートは、洗濯機を設置するところが別にありますが、小さい坪型の場合は洗濯機の設置場所が無いところもあります。 あったとしても韓国の住宅事情ではその設置スペースは物置き場として活用されることが多く、洗濯機はこのバルコニーに設置することも珍しくありません。

 

しかし、雨水や雪解け水を排出する雨水管から、洗剤や洗濯物のかすが混ざった「生活下水」を排出すれば違法です。 下水道法により、自治体ごとに最大100万ウォンの過料が科せられるので、洗濯機設置前に下水を流すことができるベランダの下水管設置有無を確認しなければなりません。

共同住宅の場合、バルコニーに洗濯機を設置する意思がある場合は、該当管理事務所や市·郡·区庁の環境課を通じてバルコニー下水管の設置について問い合わせなければならない。

 

このリビングルーム側のバルコニーには通常蛇口が設置されている場合も多く、洗濯物を乾かす場所もこのバルコニーが最適です。上階からつながった配水管にも下段部に排水管を接続させる穴が空いているので、洗濯機を設置するのに最も良い場所だと判断するかもしれません。

 

f:id:ninoQ:20210211123129p:plain

 

しかし、この様な構造のアパートに住んでいると、公告文や案内放送でリビング側のバルコニーに洗濯機を設置しないでほしいという案内をしています


大韓住宅管理士協会によると、これはバルコニーに設置されたこの管の用途に関係しているという説明です。 この管は私たちが生活下水を捨てるためではなく、屋上に降った雨や雪が地上に排水するためのもの、別名「雨水管」です。 

 

ところがこれが理解されません。雨水管であれば「雨水が流れるのね」ということは分かりそうなものですが、ハングルの世界では ウスイカンと書いたハングルのなかには雨水のような意味合いは探すのが困難なのです。拡張バルコニーで居間に改造された場合でも壁に付いている雨水管を見たことがあるでしょう。

 

アパートでは水を大きく3種類に区分しています。 上水(飲み水)、中水(再生して使用可能な水)、下水(使用済み水)です。 また、下水は洗濯や洗い物の後に出る狭義の「下水」とトイレから出る「汚水」に細分化して4つに分けている場合もあります。

雨水管に流れる雨水や雪解け水は洗濯した水や生活下水のように私たちは直接飲めませんが、植物に水を与えたり掃除などに使用できる用途、つまり中水としては使用できる水のことです。

 

ですから、一部のマンションではこの雨水管から流れ出る中水を別途集めて植物に水を与えたり、掃除などで再生して使用したりする場合もあります。

中水として使用する水に洗剤が含まれた下水が混ざると、この中水全体は掃除や植物に水をやる用途で使うことができず、生活下水のようにすぐに捨てなければなりません。 そのため、これを防ぐため、バルコニーへの洗濯機の設置を禁止するというのが建前だそうです。

 

しかしより重要な事実は、雨水管を通って流れる雨水や雪解け水の流れる気温に関係するのです。

特に冬に積もった雪に関係するといいますが、雪が降ってから屋上に積もると、いつかは溶けて雨水管を伝って地上に排出されるようになります。 そのため、冬場でもこの雨水管には水が流れます。

 

 

f:id:ninoQ:20210211124959p:plain

 

洗濯機を設置して使用した下水と雨水管を通って流れると、洗濯物のかすなどが溜まり、結局1、2階の雨水管路を塞いで逆流現象を招く原因となると言います。

 

屋上の雪解け水が雨水管を伝って下がる時は、気温が普通の気温に変わった時期なので雨水管を防げる現象はほとんど発生しませんが、洗濯機が設置された場合は零下の気温でも生活下水が流れます。それが凍結され、結局地上1、2階の雨水管が塞がって世帯にあふれる現象も発生します。

 

「베란다에 세탁기 우수관」の画像検索結果

「베란다에 세탁기 우수관」の画像検索結果

 

 

特に、雨水管用途に設置されているため、洗濯物への凍結は考慮できず凍結予防ができなかったり、困難な場合が多いのです。

(やむを得ず管理事務所でこれを予防するために地上1階バルコニー下部の雨水管側に断熱材などを設置する場合もありますが、もともと雨水管用途なので断熱作業にも限界があるそうです。)

最近のアパートではようやく洗濯物の乾燥の利便性を考慮して最初から洗濯機が設置される構造になっていることもたまにありますが、その場合は下水処理システム自体を設計に反映しているため、一般的な優れた管路は別に設置されているそうです。

 

(ソウル/みそっち)
 

 

台所とトイレは同じ水回りですから韓国では一緒に設置するという発想ばかり知られていますが、ベランダの雨水管に洗濯機の排水を繋いじゃうというのも合理的なように見えます。

しかしその構造をみると、床面の水を集めて排水する仕組みとなっていて、何らかの拍子にあふれることが容易に予想されると思います。

しかも韓国の住宅事情では上から下まで同じ間取りですから上の部屋の一本の雨水管が、ベランダから直下のリビング改につながる構造なのです。すると室内に残された雨水管が惨事を引き起こしたりします。

 

 

f:id:ninoQ:20210211130115p:plain

「베란다에 세탁기 우수관」の画像検索結果

密閉型接続管もある。じぶんちだけ良ければイイのである。

 

ちなみにソウル市は、2019年1月1日から新築建築物は、無条件エアコン室外機を室内、屋根、屋上に設置するようにした。建物の外側に室外機を取り付けることができないということである。もしこの事実を知らずに室外機を建物の外側にインストールすると、過料を受けることがあるので、注意が必要である。

 

 

 

イメージ 4
 
いつどこで誰が生み出したのか誰も知らない