minaQのつぶやき 네토미나

反日不買運動を歓迎し嫌韓を正しく伝えます

微細粉塵対策のマスク支援は打ち切りへ

 

低所得層微細粉塵マスク支援、政府予算ゼロに

コロナ以前からの低所得層へのマスク支援金が今年の本予算から全額削減
2019年にはじまった微細粉塵から低所得層を保護するためのマスクサポートゼロに

 

イメージ 2
[日曜ミーナ]国会が4次災害支援金支給のための追加補正予算案(補正)審議に突入した中で、2019〜2020年まで編成された低所得層向けのマスク支援金が今年の本予算から全額削減された。

 

韓国政府は、2019年に初めて補正予算を通じて「低所得層微細粉塵マスクの普及」に予算約193億ウォンを反映した。翌年の2020年には補正ではなく、本予算で約460億ウォンを割り当てて、その事業を続けた。当初微細粉塵から低所得層を保護するために行われたこの事業は、2020年初頭からコロナ19が拡散しながら効果を見た。

 

2019年、ソウル市は低所得層70万人に14億ウォンの予算で1つ602ウォンの微細粉塵マスクを年間3個支給

 

しかし、昨年12月に議決した2021年の本予算にはこの事業に「0ウォン」が割り当てられた。

これに、グォンドクチョル保健福祉部長官は「私たちが予算の確保ができず、内部予算を活用して確保しようとしている」とし「財政当局(企画財政部)と協議したが補正より保健福祉部に確保された予算の中で活用方案を探せとして進行中」と説明した。

 

(ソウル/みそっち)
 

 

韓国事情に詳しい人にはちょっと懐かしいハナシですが、ソウルの街でマスクをして歩いていると「整形手術養生中」っという時代がありました。これにサングラスなんかしていると芸能人か不審者ってことで、おせっかいなおばちゃんが騒ぎ出すようなことがホントに起きていました。ほんの5~6年くらい前のことですよ。それほどマスクと韓国社会は無縁だったのです。

 

ところが微細粉塵が気になりだすと空気清浄機がバカ売れしたり、網戸にフィルターを貼るような韓国人が増えました。

 

そういえば微細粉塵吸入車両なんていうのもありました 過去カキコ 

 

イメージ 3

 

 

 

ちょっと前の韓国のマスク事情について

 

家の窓に車用フィルターつけたりする主婦ら
 
始まりはいつも掲示板から、網戸につけるフィルターが飛ぶように売れる韓国
韓国人の考える微細粉塵防御 部屋を閉め切って換気扇を回す発想がおかしい
 
イメージ 2[ソウルミーナ]'ピピピク、ピピピク。' 12日午後、マンションの公園で遊んでいた娘(5)を見ていたで主婦のイ・ミオクさん(35・女)のハンドバックに急に騒がしくアラームが鳴った。 イ氏がかばんから取り出したのは携帯用の微細粉塵測定器。20万ウォンだ。
 
イ氏は「政府の粒子状物質に関する予報はいつも何時間も遅れているうえ、地域差も激しく、直接買った」と話した。 イ氏は今年小学校に入学した長男にも同じ測定機を買ってやった。
 
イ氏は急いで娘にマスクをかぶせた。 続いて家ではなく、自動車整備業者に向かった。 自動車のエアコンに付着するフィルターを買うためだ。 しかし、使用目的が違った。 乗用車ではなく、居間と各部屋の窓の網戸に貼り付けるためだ。 この車両用フィルターは、超微細ほこりまで防ぐという話を聞いたからだ。
※この手の〝都市伝説〟は韓国の掲示板でいくらでも見つけることができる、三枚肉が微細粉じんによく効くというのと同じ
 
数日前、イ氏の家族は90万ウォンほどをかけて、微細粉塵を遮断する高価な網戸を居間と各部屋に設置した。 負担が大きかったが、原因の分からない咽喉と発熱で入・退院を繰り返す娘のために下した決定だった。 4坪(約13m²)大きさのお嬢さんの部屋では、空気清浄機が休まなく稼動していた。 100万ウォンを超える北欧製高級空気清浄機だった。
 
国内の微細粉塵の状況が平凡な日常だけでなく、家庭経済に悪影響を及ぼしている。 12日、東亜(トンア)日報が微細粉塵の解決市民本部とともに小学生以下の子どもを置いたソウル・京畿地域の10世帯を確認した結果、3月の一ヵ月間、微細粉塵のために支出した費用が平均75万ウォンだった。 150万ウォン以上を使った家庭もあった。 今年に入って3月まで微細粉塵が'悪'以上を記録した日は14日だった。
 
支出は空気清浄機の購入などが全てではない。 屋外活動をせずに、キッズ・カフェを利用して換気をしない衣類乾燥機を買っている世帯もあった。 目や呼吸器疾患のせいに病院をよく訪れて医療費の支出も確実に増えた。 チョン某さん(44)は 「一ヶ月マスク購入費だけ10万ウォンが超えた」と話した。 イ某さん(35・女)は「子供らは外で友達をよく会えなくて泣き顔だが、健康のため、仕方がない」と話した。
 
微細粉塵が胎児の健康にも否定的という研究結果が相次ぐと、「最初から生まない」、出産を遅らせたり、放棄しようとする雰囲気も現れている。 今年2月のストックホルム環境研究所などは2010年に生まれた早期出産者の270万∼340万人が浮遊粒子状物質を原因に早く生まれたと分析した。 9カ月を満たさずに生まれた子供は成長過程で疾病に弱い。 育児関連オンラインコミュニティに 「妊娠期間の間マスクを使わなければならず、生まれた自分の子どももマスクをつけなければならない。 むしろ当分の間、子供を持たないつもりだ」という言葉に共感書き込みが数百件かかった。
延世(ヨンセ)大学環境公害研究所シンドンチョン教授は「微細粉塵は、今後は出産率を阻害する否定的要素の一つとして作用すること」と話した。
 
経済的・生活環境の水準によって大気汚染への対応が極端に差を見せているいわゆる'ダスト・デバイド(大気汚染への対応の格差)現象も深刻だ。 同日、ソウルのある憩いの場で会った高齢者5人は微細ホコリを防止できないインフルエンザ用マスクを一週間目使用していた。
 
随時お客さんを会っている職業群も苦しいのは同じだ。 宅配運転手のチェ某さん(35)は「マスクをして品物を配達したら会社にお客の抗議が寄せられる場合が多い」と話した。 シン教授は「一部階層にマスク、健康保険の恩恵を適用するなどの積極的な措置が必要だ」と話した。
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
塗って治るとイイですね