minaQのつぶやき 네토미나

慰安婦像の首が落ちる日を待っていてくださいな

微細粉塵には韓国脱出ニダ




江南ママは赤ちゃん連れてグアムに避難って 

江南ママたちの間で最も熱い育児キーワード「韓国脱出」が浮上
「好きカフェ」に共感するけどお金がない「ママ貧富格差」が拡大中


イメージ 1
[ソウルミーナ]「今日粉塵濃度最悪。赤ちゃん連れてグアムで一ヶ月住んでしようと思います。」 ソウルに超微細粉塵警報が下された去る1月15日。ソウルのある区の「好きカフェ」(該当区の母親たちが集まったインターネット空間)に、このような文が上がってきた。


イメージ 2


1歳の娘がいると明らかにしたスレ主は、「赤ちゃんに微細粉塵は毒、私たちの末っ子の体を守るため出国!」と日常を伝えた。この記事は、上がってきてから、一日だけでコメントが殺到した。コメントのほとんどがグアム滞在費用や方法などを尋ね問い合わせる内容だった。

しかし、同じ文を読んだ別の母親ソン某氏は「本当に羨ましいですねㅠㅠ」というコメントだけを残したままログアウトした。子供の初誕生日も省略した都合、見積もりだけでも数百万ウォンがかかる「微細粉塵脱出記」を共感しにくかったからだ。

連日猛威を振るう微細粉塵が母親の日常まで変えている。輸入微細粉塵計をはじめとする各種電子機器が育児の必需品として浮上した中で、子供のための「微細粉塵清浄国」に出国したという体験談が、”好きコミュニティ” を中心に連日共有されている。過去「英語幼稚園」や「英語バレエ」などが、親の裕福さのスケールの役割をしてきたが、最近は微細粉塵から子供をどのように守って出すかが、いわゆる「マムブ格差」(Mom +貧富の格差)の指標となっているわけある。


500万ウォンであれば一ヶ月は「微細粉塵フリー」

ソウル松坡区に2年前に引っ越してきたギムヒェミさん(仮名・31)。キム氏は、結婚と同時に夫の実家の助けを得て、ソウルした新築マンションの借家を得ることができた。以後、娘を出産したキム氏は、地域内のママたちが集まったオンラインコミュニティである「好きカフェ」に参加した。いわゆる「先輩ママ」から育児ノウハウを伝授受けるという考えが大きく、実際のキムさんは、授乳方法から服、キッズカフェ、幼稚園など各種育児関連情報を得ることができた。

地域のお母さんたちが推薦するすべての育児法をそのまま実践していたキムさんだったが、最近一つの悩みが生じた。母親らが共有した「微細粉塵から子供を守もる方法」を追うことが、キム氏に大きな宿題になった。

イメージ 1
外出を避け、幼児用マスクを購入し、自宅に空気清浄機を設置するのは基本であった。キム氏は、「子供を守るためには国も信じてはならない」という母親のアドバイスに23万ウォンを与え微細粉塵計を買って、朝から夕方まで家の内外の粉塵濃度を直接分類した。

このほか、40万ウォン相当の輸入空気清浄機も設置した。外働きの都合で容易ではない選択だった。しかし、好きカフェ会員たちのアドバイスはここで終わらなかった。微細粉塵が継続悪化するとワーキングママたちの間に「海外で暮らして来る」や「移民」がもう一つの選択で浮上し始めた。

実際は、カフェには「子供とグアムorカナダで生きて来る」などの文が共有されている。上がってきたしたスレッドによると、これらの国で2人家族基準1ヶ月間滞在するために、約4000〜5000ドル(約450万〜560万ウォン)がかかる。
コメントには、韓国人の両親を対象に「微細ホコリ脱出」観光商品を売るの旅行代理店の連絡先なども共有さていれる。これいくつかの ”極性ママ” だけの関心事と見ることも難しい。キム氏が加入したカフェだけでも移民と海外出国関連記事が3000件以上掲載されており、同期間の「英語幼稚園」(約200件)をキーワードで検索した結果よりも10倍以上多い。

ママたちの間で最も熱い育児キーワード「韓国脱出」が浮上したわけだが、これを眺めるお母さんたちの視点は、直面している現実に基づいて分かれる。


京畿道始興で3歳の息子を育てているというナム氏(仮名・30)は、「SNSを見ると、子供と一緒に島国に行って、青い空を背景に撮影した写真を共有する母親が多い」とし「子供を産む前なら虚勢だと無視したことがあります。すぐに夫やら国内旅行へもギリギリの都合でこのような写真を見ながら一喜一憂(一喜一悲)することはできないから」とした。続いてナムさんは「ところで、最近、子供が風邪でもかかる」無理してでも外国にいくか」という気がしたりした。お金も無いのに子供を守ることができない現実が少し悲しいのも事実」と付け加えた。


(ソウル/みそっち)



韓国は全域で微細粉塵濃度が ”非常に悪い” という尺度だそうですよ。空気清浄機で部屋の空気をかき混ぜて満足している韓国の情報弱者ですが、室内の酸素濃度が屋外と一緒ってことは、どこかから空気の入れ替わりがあるわけです。当然そこから微細粉塵の侵入もあるのに彼らは空気清浄機のグリーンランプが点灯していると安心するわけです。(フィルター交換時期になると点滅してやがて黄色赤色に変わる)

「換気扇を回すと室内の悪い空気だけが出て行く」と本気で考えている人たちですから潜水中の潜水艦で換気扇を回すようなことですよ。


イメージ 3


たとえば微細粉塵対応のマスクも韓国では「洗って再利用しない」「裏返して再利用しない」「外出から帰ったら交換する」という注意喚起が繰り返されるほど正しくない使用方法を実践していたりします。それでいながら高機能製品への関心が高く「N95という規格なら安心」「どこそこの50枚パックはダメ」といった情報を共有したりしています。

イメージ 4


つい2~3年前まで、韓国産の汎用高機能マスクが無かったこともあって、割高な医療用マスクが流行ったこともありました。もちろんニホン製品は今でも人気で、大抵の売り場にニホン製マスクが置いてあります。

さらに困るのが彼らのエラ顔です。ニホン製品ではエラ顔に対応しておらず、「韓国民にフィットする新形状」なんていう韓国の新製品まであります。つまりそれ以外はスースーしちゃってるんでしょうね。

イメージ 5


ひところ前だったらマスクをして地下鉄に乗っている人は「整形手術をして糸を抜いていない人」と見られたわけですが、最近では全員がマスクをしています。
交通取り締まりで免許証と顔の確認をするときに「マスクを取れというのは生存権のの侵害」なんてことも主張しますよ。




イメージ 4

こたつで鬼ころは内緒だよ



イメージ 3