minaQのつぶやき 네토미나

慰安婦像の首が落ちる日を待っていてくださいな

暴れるおばさんに休業申請のバス会社

 

市内バス会社の休業申請を差し戻す

あの「バスの中で角材」マスクをしない女に経営放棄を決断
韓国じゃ民間の市内バスの休業申請って却下されるんだ

 

 

イメージ 2

[NEWSミーナ]木浦市は4日、「経営難を理由に提出した市内バス会社の休業申請を差し戻す」と明らかにした。太原・ユジン運輸は先月27日、経営難を理由に7月から来年6月までの1年間、休業許可申請書を木浦市に提出した。

 

発端は今年2月、太原・ユジン運輸の運行する市内バスにマスクをしていない女性がバスに乗り込もうとして運転手が注意すると暴言を吐き、席に付くとタバコを吸うなど目に余る行動に112番通報したところ、これに発情した女性が持っていた角材で運転手を脅し、脱出用ハンマーで窓を割り消火器を作動させたところで待ち構えていた警察に捕まった事件だ。

 

▲バス乗客が暴れる事件はすごく多い

 

▲運転手がバスを止めて112番通報していると角材を持った女性が大股でやってきた。

 

▲それだけでは収まらず車内に備え付けの消火器を作動させたりもした。

 

木浦市は4日、「公共交通機関の今後の対策作りまでかなりの時間を要するため、休業申請は差し戻す」と説明した。

続いて「最近のコロナ19長期化の影響による公共交通機関利用の忌避などで公共交通機関利用客が急減し、公共交通機関業者の財政上の困難があるため、市は今まで財政支援を行ってきた」と明らかにした。

「公共交通·運輸業者は、公共の性格が強いため、運行を中止したり休業したりするのは市民に対する道理ではない」と強調した。

市は近く「木浦市内バス運営対策委員会」を設置し、議会、専門家、市民団体など各界各層の意見を聴取する方針だ。

市内バス会社の運営状態などを客観的かつ透明に分析し、合理的な解決策を講じる計画だ。

この市内バス会社は計157台のバスを保有しており、全従業員400人余りのうち、運転職は351人だ。

 

(翻訳:みそっち)
 

 

韓国では事の善悪がニホンとは全く違うことを実感できるような角材女ですね。

ところが正義感あふれる韓国男子がこぶしを振り上げればそれは懲役刑を意味しますし、後ろから押さえつけても捕まる可能性が高いです。また、運転手がマスク着用を何度も繰り返すことも何らかの処罰の対象になります。

 

それでも韓国は自称 ”法治国家” ですから法律としては「運転手暴行」という運転中の運転手が相手の場合にだけ適用される罪状があったりします。まぁバスが動いてるときに運転手の邪魔をしたら危険ですからね。ところがこれもバスを停めて112番通報すると事情が変わってきます。バスが動いていないのですから運転中じゃないってことで、「運転手暴行」という罪状が通用しないのです。

 

今回はそれに該当するようで、角材おばさんは事情を聴かれて穏便に帰宅したそうですよ。精神疾患があると罪が無いというアレでしょうか。そいうわけで国民の90%が何らかの精神障害を持っている国なのでそうした人たちは今日も野放しにされてバスに乗っているのです。角材を持っている韓国のおばさんを見たら近づかない方がイイですよ。

 

 

イメージ 2
 
疼痛(とうつう)なんだぜ