minaQのつぶやき 네토미나

慰安婦像の首が落ちる日を待っていてくださいな

前代未聞 アデン湾部隊 乗組員301人の82.1%が陽性

 

清海部隊301人中247人が82%確定

史上初の艦上コロナ集団感染、追加確定者がさらに出る見通し
最大規模の集団感染…全員、明日の軍輸送機で国内到着が予想

 

イメージ 1

[ソウルNOW]アフリカ海域に派兵中の清海(チョンヘ)部隊34陣文武大王艦DDH-976(4400トン級)乗組員の82%が、新種のコロナウイルス感染症(コロナ19)に感染したと最終集計された。

乗組員全員がワクチンを接種していない状態で懸念していた通り、事実上、ほぼ全ての感染者が確認され、単一空間で発生した類例のない集団感染と記録される見通しだ。

19日、合同参謀本部(合参)によると、同日午前8時(韓国時間)基準で清海(チョンヘ)部隊34陣の乗組員179人が追加で確定され、累積確診者は247人となった。

残りの50人は陰性、4人は「判定不可」と通知されたと合同参謀は伝えた。

 

今月15日(木)に最初の診断者が確認された後、現地の保健当局に依頼した全数検査の結果、乗組員301人の82.1%が陽性と確認された。

しかし人によってはコロナ19の潜伏期が長い場合があり、乗組員全員がワクチンの未接種状態であるうえ、感染病に脆弱な「3密(密室・密閉・密集)」環境の艦艇内で過ごした点を考慮すれば、陰性および判定不可の人員の中でも追加で確認された可能性が高い状況だ。

合同参謀は前日、乗組員1人が立ちくらみ(軽症)を訴え、現地病院を離れて追加で入院したため、入院患者は合わせて16人に増えたと伝えた。

入院者のうち重症患者はいないが、相対的に症状の重い1人を集中的にケアしている。 該当乗組員も軍輸送機で搬送が可能だと医療陣が判断したというのが、合同参謀の説明だ。

今回の清海部隊集団感染規模は、最近110人余りが確認された忠清南道論山(チュンチョンナムド·ノンサン)の陸軍訓練所の2倍を上回る水準で、昨年2月に軍内で最初の感染者が発生して以来、最大規模だ。

特に軍当局としては、今年4月に海軍の揚陸艦「高俊峰LST-681(コ·ジュンボン)」で乗組員の約39%が感染する事態を経験したにもかかわらず、初期の手遅れ対応と防疫措置の不備により、集団感染を防げなかったという批判は避けられそうにない。

史上初の「感染病帰国」作戦はすでに始まっている。

 

清海部隊の34陣全員を国内に移送するために、前日に200人規模の特殊任務団を乗せて現地に出発した空軍多目的空中給油輸送機(KC-330)2台は、韓国時間で同日午後、順次現地に到着する予定だ。

イギョング(准将)国防部国際政策次長を団長とする特殊任務団は、海軍148人、空軍39人、医療スタッフ13人の約200人で構成され、全員遺伝子増幅(PCR)検査書の陰性判定を受け、ワクチン接種も完了した。

このうち海軍148人は現地到着後、防疫措置が終わり次第、清海部隊34陣と「非対面引継ぎ」手続きを経て文武大王艦を引き受け、国内に復帰する。

引継ぎチームはヤン·ミンス第7機動戦団長(准将)を責任者に、同級艦艇で青海部隊の派兵経験を持つ韓国型駆逐艦「カン·ガムチャンDDH-979」(4400トン級)の兵力を中心に編成された。

輸送機の離着陸や艦艇隣接国の接岸などが順調に進めば、清海部隊34陣の部隊員らは韓国時間で早ければ20日午後遅く、城南ソウル空港に到着するものと予想される。

感染した乗組員は入国直後に隔離·治療施設に移送される予定だ。

 

(ソウル/みそっち)
 

 

全員帰国ですね。帰国便の空中給油機KC330は乗客用のイスをセットした兵員輸送用でしょう。中東から無着陸で帰国するとしても全員分の食事は現地調達しなきゃなりません。 感染文武大王艦DDH-976には乗員の私物(+補給品)が70tくらいあるわけですからそれも荷揚げしたいですよね。まぁ現地にはもう一隻いるので帰国してもイイんですが、現地派遣乗組員には別途手当が支給されます。それが打ち切りになるあたりで騒ぎになりそうです。 あと回航要員で40日かけて帰国するわけですが、そこからも感染者が出てきたら船内消毒の無力さが見えてくるかもしれないですよ。

 

イメージ 4
 
鬼ころの端っこに塩をちょっとな