minaQのつぶやき 네토미나

慰安婦像の首が落ちる日を待っていてくださいな

ダメ、自宅で検査薬なんて韓国人にはムリだってば

 

韓国人に自己診断させちゃダメなのに

コロナ判別の精度を高めるには、何度も鼻の孔に綿棒を入れる
綿棒はなるべく深く入れ、両方の鼻の穴を通って10回以上擦る

 

イメージ 1[NEWSミーナ]3日からコロナ19変異オミクロンに対応するため診断·検査体系が変わった。 満60歳以上の高齢者、コロナ19疑いの症状がある者、密接接触者、迅速抗原検査陽性者、海外入国者など高危険群のみ遺伝子増幅(PCR)検査を受けることができる。

正しい方法で検体を採取しなければ、迅速抗原検査の精度はさらに低くなるため、キットの使い方を正確に知ることが重要だ。 このため正しい使用方法を告知しているが、陽性が出るまで何度もくりかえすなどのあやまった使用がみられるという。

 

自己診断キットが正しく使えない

まずキットを使用する前には必ず手洗い剤などで手を洗って綿棒とチューブが汚染するのを防がなければならない。 その次にキットに入っている綿棒を鼻の穴に1.5~2cmの深さに入れ、鼻の穴の壁を通り抜けながら10回丸くこする。

これに対して多くの使用者がより慎重な結果を得るためにさらに何度も鼻腔の中に綿棒を突き立てるという。綿棒の綿部分に手が触れないように注意しながら試薬溶液が入ったチューブに入れて10回以上混ぜた後、その状態でチューブを手で押して綿棒の先を絞り出した後、栓(ノズルキャップ)を閉めるとなっているが、この手順を正しく守らないケースも多い。また一部の製品の場合、綿棒の先を折ってチューブの中に入れるキットもある。

 

 

その後はキットに同封されたテスト機を取り出して平らなところに乗せ、チューブにある検査液を3-4滴落とす。 結果は15~30分後に確認できるわけだ。 検査の結果、対象線(C)1列なら陰性、試験線(T)と対象線(C)で両方に列ができれば陽性だ

 

 

この検査液の全量を検体に投入したり、陽性の反応が出るまで何回もキットを買って繰り返すという例も保健当局に寄せられたという。


そのためこのような自己検査キットで「陽性」結果を出した人のうち25%が最終コロナ検査で陰性判定を受けたことが分かった。 防疫当局によると、先月26日から31日にかけて、光州広域市全羅南道、京畿道平沢、安城の4つの自治体の選別診療所で、自家検査キットを利用した迅速抗原検査が8万4000件行われたが、このうち687件が陽性と判定された。 ところが、687件に対する遺伝子増幅(PCR)検査の結果、523件(76.1%)が最終陽性と確認された。 自己診断キットで陽性が出たこのうち、約4分の1は「偽陽性」という結果である。

 

迅速抗原検査が陽性診断でも、そのうち25%はPCR検査陰性

自己診断キット検査の正確度は、敏感度(感染した人を陽性と判別する能力)と特異度(感染していない人を陰性で判別する能力)に分かれる。 これに先立って、大韓診断検査医学会は、迅速抗原検査の敏感度を最大41.5%と分析した。 感染した時、迅速抗原検査結果が41.5%の確率で陽性が出るという意味だ。 逆に言って、感染したにもかかわらず「偽陰性」が出る確率は58.5%ということだ。

同学会はこのように自己検査キットの敏感度が落ちることについて「PCR検査よりウイルス排出量が少なくとも1000倍以上多いと感染可否を判別できないため」と説明した。 政府は、迅速抗原検査の特異度が100%に近いと見ている。 しかし、これは非感染者が陰性判定を受ける確率が100%に近いという意味であって、陰性結果が出たからといって無条件に非感染であるわけではない。 陽性なのに陰性と出ることがあるからだ。

 

詳しいキット活用法は疾病管理庁が運営するユーチューブ動画(https://youtube/RO8H8Fjahp0)で確認できる。

 

PCR検査は、本人が検査対象者であることを立証できる文字、医師所見書、証拠書類、陽性が確認されたキットなどを提出しなければならない。 そうでない場合、保健所や選別検査所または呼吸器専担クリニックなどでもう一度迅速抗原検査を受けなければならない。

 

迅速抗原検査は、保健所等に設けられた選別診療所で管理·監督の下、自己検査キットを使用して本人が行うか、医療陣が採取する。 呼吸器専門医や指定の病院、医院で専門家向けの迅速抗原検査を受けることもできる。 ただし、この場合、診察料は別途に支払わなければならない。 迅速抗原検査で陽性が出れば、PCR検査を受けなければならない。


迅速抗原検査と遺伝子増幅検査(PCR)検査を通じて確定判定を受ければ、在宅治療を行うことになる。 接種完了者は7日、その他の確定者は10日間隔離して治療を行う。 在宅治療中に症状が悪化すれば、外来診療センターで診療を受けることができる。

 

[翻訳/ちゃんねるミーナ]
 

 

検査キットが正しく使えないっておハナシですね。あの行列をしていた新コロ検査はこの3日から迅速抗体検査に変わりました。自宅で検査キットを買って調べろってことなんですが、やっぱり行列が好きなようで、そこで陰性のご沙汰を貰えないと死んじゃうんじゃないかと言う熱の入れようなのです。

そして検査キットですが、これはよく読んでひとのハナシを聞けば分かりそうなのに説明書きを真っ先に捨てて、箱から全部出してみてから自分の思った通りに綿棒を鼻に入れ検査液をふりかけて3分待つなんてことをやっているのだそうです。そのため検査当局ではわかりやすい使用方法の動画を出していますが、これさえ「分かりづらい、何を言ってるのかさっぱりわからない」なんてことになっています。それほどまで彼らの理解力が無いってことは韓国人には常識だったはずなのに家庭で検査薬なんてことやるからデタラメも多くて陽性が出るまで自己流で検査薬をいじくりまわして保健所でPCR検査を受けるまでの流れが出来ているのだそうです

 

なにしろ国民の6割が細かい取説を理解できないという非文解の国なのです。自己診断しろと言われても迅速抗体検査(有料)に並ぶという韓国人は行列を作っているのです。

 

スゴイダロ

 

 
イメージ 4
 
 
あのレベルの国だからぁ~