minaQのつぶやき 네토미나

慰安婦像の首が落ちる日を待っていてくださいな

正しい兵営用語を教育する?

 
 
国防部が言語純化と兵営文化の改善作業の一環として何かするよ
 
 
 
イメージ 4
 

イメージ 3[国防ミーナ] これまで軍で通用した "カルカルイ(内皮)"など卑俗語をはじめ、 "コダム(コーヒー·タバコ)"など略が退出する方針だ。
国防部は10月から "正しい兵営生活言語"映像教育を全部隊で実施していると6日明らかにした。
この映像教育はソウル大で研究した12個のトピックの兵営生活の言語教育の中、国防広報院で映像に製作したものだ。
 
 
イメージ 2
▲兵隊さんの必需品"ムクムク"とか"カルカル"って言います(中国産)
 
 

国防部は、現在1編を製作し、年末までに4編を追加する計画だ。 この映像は、国防電算網とIP-TV、国軍放送などで放映されている。
1編では、兵営で乱用されている日本語、外来語、俗語、新世代隠語などを再現して、適切な言語を提示している。
 
 
イメージ 1
▲兵隊さんの安眠問題には特に注意をはらっています"別室就寝"の普及で一時には問題になった"廊下就寝"は減っているようです。
 
 
軍内で頻繁に使用される "カルカルイ(内皮)"、 "蜂蜜吸う(楽過ごす)"、 "チャムチ(身柄)"、 "ナラシ(平坦化処理)"、 "シマイ(終わらせる)"などの言葉を止めする教育内容を盛り込んでいる。
 
また、言葉が短縮される癖も直していくことにした。 例えば、 "買って地方に行くチァルバングや旧なければならない"という言葉は、 "サイバー知識の部屋に行ってキャプチャー写真や旧なければならない"と、 "小隊長さんコダムしますか?"は、 "小隊長さんのコーヒー·タバコますか?"にそれぞれ略を解放使うのだ。
他の部隊の兵士の先任を見て "おじさん"と呼んでいた呼称も "OOO兵長様"のように名前と階級を混ぜて呼ぶことにした。
 
これらの内容を国防部は、年末までに全幹部と訓練·教育部隊の教官·助教を対象に教育する。 以降の各級部隊長が一般兵士を対象に拡大する方針だ。
来年からは製作された映像教材を活用して身柄は1〜2時間、部隊では四半期1回以上の教育し、国軍放送を通じて正しい兵営生活の言語を使用キャンペーンを行うことにした。
 
 
 
 
このように、国防部が正しい言語使用の教材を制作してキャンペーンを行ったことギムグァンジン国防長官の強力な指示である。
先立ってキム長官は "兵営で間違った言語を使用することも兵営文化を台無しにする道"と言いながら "間違った言語を根絶して、適切な言語を使用することが兵営文化の改善のために何よりも重要だ"と強調した。
 
 
(翻訳:みそっち
 
 


 
今まで台無しだったということですね
 
平時の軍隊での自殺率№1だもんね