minaQのつぶやき 네토미나

慰安婦像の首が落ちる日を待っていてくださいな

"軍服は人をどこか足りなくする力があるようだ"

 
 
世界の軍服コンテストで最下位だった韓国軍
ダサい、
 
 
 
イメージ 7[ミリタリーミーナ] 軍服務をしている将兵たちに最も身近な服は迷彩柄戦闘服である。   この最初のまだら模様戦闘服は1990年11月23日にはじめて導入された。 それまで単色であった以前の戦闘服に比べて敵に識別されにくく、戦場での生存率を向上させることができるのが長所であると考えられてきた。
 
これは、環境·気候·土壌·植生など韓国の地質学的研究が先行して作られたのだ。 森林の約75%を占め、残りは平野になっており、林野率は針葉樹48.2%、広葉樹林17.3%、混合樹林25.4%、竹林0.2%、林モクジ8.9%と韓国の地質学的特性が反映された。
 
イメージ 1
 
▲国防部主催による軍服コンテスト
 
 
現在、韓国軍の戦闘服は、昼は周囲の色との境界色がないように斑紋を採用し、夜間は赤外線検出器で人の動きを知られないよう自然な色で出てくる赤外線反射率や衣服からの反射率が同じになるように科学的に染色した。
この戦闘服材質綿と化学繊維の割合50%ずつにし、戦闘服戦闘帽野戦上着すべてブッシュ地帯用迷彩柄にした。 特にバーツ染料と還元染料で染色、赤外線装備が区別ないようにした。
迷彩柄の戦闘服自然同一の紫外線波長持ってカーキ色など4つの色で構成されており、赤外線反射(Infrared Reflectance)処理になって赤外線夜間の監視装備でも見ることはできた偽装して効果を発揮する。
緑の森林や黄色土壌など韓国自然地形現れる多様な色を勘案して黒色20%緑の30%茶色30%20%の割合で構成された。
   
 
イメージ 2
 
▲国防部主催による軍服コンテスト 2008
    
形態的上着をズボン入れ着る閉鎖型という特徴があり、便宜装置としては、バイザーがあ外国の軍隊ではTシャツ型下着を着ているが、まだ韓国軍はランニングシャツ普及しているために戦闘服の着用の際、胸の露出がひどくて偽装効果落としてこの部分を伏せるための装置だった。 
1995年からは一般的な戦闘服に通気性を強化した夏用戦闘服が普及し始めた。
しかし、迷彩模様戦闘服は、夏には高い偽装効果を示しますが、四季がはっきりしている韓国の場合、秋や冬、都市部では、その効果が低下する問題点が浮上した。
また、綿混の生地で生地が柔らかくなく、通気性ㆍ保温性が不十分で、夏は暑く、冬は寒いという意見も出ていた。  これにより、戦闘服の変身を模索している。 まず、その性能と摩耗性に優れた戦闘服に変わっていること。
すでに特戦司令部の将兵たちには材質·柄·色·着心地·デザインなどを改善した新しい形のデジタル戦闘服を2007年から普及し始めた。
陸軍でも2004年4月に初の戦闘服の着用方法と相談を出して着る、下外側にポケット付、左の腕の部分にポケットと筆記具リング付などのデザインを改善して陸軍服装改正案を国防総省に提案し、2008年には国防部の主管で、次世代の戦闘服の開発研究を実施し、昨年11月から部隊運用試験を開始し、8月までに行う予定である。
    
 
イメージ 3
 
▲国防部主催による軍服コンテスト
 
"人間は、人と軍人に分けられる。"  "女が嫌いな話を挙げれば、軍隊の話とサッカーの話だ。 その中でも最も嫌いな話は軍隊でサッカーをした話だというのは有名な話だ。 "  "ワールドカップ以来、女性が嫌いなのはもう軍人だけが残った。 " 軍人を卑下した冗談がコメディの定番の素材となった。 いつから私たちの社会では兵士は少し離れたイメージを持つようになった。
 
このように軍人のイメージが壊れたのには私たちの軍のくたくたした軍服も一役買った。 軍の間でボーイフレンドと別れた女子大生ギムファジャさんは "軍服は人をどこか足りなくする力があるようだ"と述べた。 私たちの軍服がどれだけ洗練されていなかったのか、世界軍服コンテストで韓国軍軍服が最下位をしたという話が一般の人の間では、ほぼ事実として受け入れられている程度である。 軍の将校たちの中にも、これを事実と信じている人が多いが、国防部に確認したところとんでもないデマだという。
 
なぜ兵士たちはくたくたな服ばかり着るか? なぜ軍隊パンツはよく伸縮したり裂けたのだろうか? 我が軍の軍服と普及の実態について検討した。
 
普段の戦闘服にアイロンをかけて着るの兵士は、世界で韓国軍が独特であるとする。 アイロンをすると軍服のコーティングが剥がれて機能が低下する。 しかし、兵士たちは軍隊に行くとすぐアイロンから学ぶ。  39分割のない某上等兵は、 "アイロンをしないと軍服がひねくれなって身に着けて持ち歩く恥ずかしい"と述べた。
 
 
イメージ 4
 
▲国防部主催による軍服コンテスト
 
水虫勧める"コーティング戦闘用ブーツ"
兵士たちに支給されるジャージはもっと粗悪である。 した前方部隊の将校は、 "スポーツウェアの色をオレンジ色に決めたのは脱走を防止するための方便だと聞いた"と述べた。 隣にいた一兵士が "体操服を着ては恥ずかしくて絶対にない逃げていく"と言われた。 冬の体操服(綿85%、ポリエステル15%)の契約単価は3万1千2百85円。 春秋体操服(上は綿75%、ポリエステル25%、下はポリエステル100%)は、1万8千9百ウォンです。  
 
ある中小企業の代表は、 "現在の軍に支給されるレベルならな予算1万ウォン以下でも、納品価格を合わせることができる"と述べた。 大量購入する場合、現在配信品のほかにもいくつも国内の有名スポーツメーカーの製品を買って着ることができます。
戦闘帽は、補給品は重く恰好がわるいという理由で多くの兵士たちが外部で購入して使う。 戦闘帽はひとつあたり1918〜2130ウォンだ。 国内最大の帽子メーカーㅇサ営業部の社員は、​​ "基本的な生地にした基本型の帽子のコストは6百ウォン程度になる。 生地の質を向上させ、特別な機能を追加しても戦闘帽の原価は1000ウォンなら十分だ "と述べた。
将兵たちの間では、戦闘用ブーツの苦情が最も多い。 米軍軍靴が滑らかなのに対し、韓国軍の戦闘用ブーツは硬くて重い。 戦闘用ブーツを艶をかけせる磨く兵士は韓国軍しかない。 私たち軍靴は硬い低価格の革を使う。 粗悪に加工した革の粗面にフィルムを覆われたコーティング処理により表面を滑らかにする。 当然風が通じないし、汗も簡単に抜けない。 多くの将兵が水虫をつけて生きる理由もここにある。 水虫薬会社と軍靴会社が関連会社との笑い話が君の周りで聞こえる。 革が硬く戦闘用ブーツを初めて履くとかかととくるぶし周りがまでになる。
 "船の一隻少ない事故福祉から改善しなさい"
 軍に納品されている戦闘用ブーツの価格は4万3664ウォン。 靴の専門メーカーㅌサ特殊担当者は "現在配信されている軍靴は、超低価格の革を使用しており、生産しても3万ウォンを超えない。  あと5千ウォン投入するだけで品質が飛躍的に良くなるだろう "と述べた。
靴下は、兵士たちに某混紡糸(某36%、綿28%、ナイロン31%、導電性アクリル5%)8ペアが支給される。 夏でも厚手の某素材の靴下を履くのは水虫を育てることとし、兵士たちは不満を吐露する。 これに対して国防部調達本部の関係者は "戦闘用ブーツを履いため、薄い綿の靴下は耐えられないし"と述べた。 佐官級以上の将校たちには品質の良い靴下が出てくる。 ほとんどの将校は社製のスポーツソックスを買って履く。
 
 
イメージ 5
 
▲国防部主催による軍服コンテスト
 
国防部調達本部のある将校は、  "軍の戦闘服は米軍戦闘服よりも質が優れている"と述べた。  しかし、兵士たちの考えは違う。 訓練所で韓国軍の装備を支給受けて米軍部隊に配置される在韓米軍派遣将兵(KATUSA)の中で韓国軍の機器を使用している人はほとんどいない。 ある元カツサ兵士は  "米軍軍服は着るほどフォームが出るのに私たちの軍服は着るほど変に色が抜けてみすぼらしくなる"と述べた。 米軍軍服の素材は綿50%、ナイロン50%。 面の風合いが出て軽い感じがする。 市販の米軍戦闘服は8万5千〜9万ウォンで売られている。
韓国軍の戦闘服は四季の戦闘服の配達価格は2万5千ウォン、夏用戦闘服は2万6千286ウォンである。
 
 
 
イメージ 6
 
▲国防部主催による軍服コンテスト
 
 
 
朝鮮戦争当時の記録の無い韓国の戦闘服の歴史
しかも戦闘服ではなく"作業着"だった 韓国の作業着の歴史
 
 
創軍以来、韓国軍兵士が着用する戦闘服は、主に6回変更された。
初期の戦闘服は、1946年1月国軍の前身である南朝鮮国防警備隊が創設され、日本軍の補給倉庫に保管されていた日本軍原型のまま着用しました。
 1946年8月からは米軍の援助品の導入に合わせて軍服類を米軍の援助品に依存することになった軍服制式は、米軍服姿で表紙枚のガードのカバーに付着した。 このため、米軍服飾と非常によく似た制式だった。
過渡期である1954年9月1日、陸軍暫定規定23号で統一された戦闘服規格が最初に用意された。 この戦闘服は米軍軍服のようなデザインで、国防色の綿100%の生地に上はコンバーチブルカラー(倒すとスポーツカラー)の5つのボタンを付けた形状であった。 下は品がルーズな一般型で両側腿部の外側には大きな蓋のポケットを付けました。
 1960年代は、戦闘服の公式基とすることができる。  1965年に変更された戦闘服は肘ㆍ膝ㆍお尻など簡単に着用されている部分に補強用の布パッドを入れるのが特徴。 しかし、ツギアテが多い軍服は品がないという理由で2年目の1967年に廃止された。
続いて1967年に制定された戦闘服は、襟の形が今の形と同じように変更されたし、この時から兵士が平時に着る軍服の正式名称も作業服から戦闘服に変えた。
定着器である1970年代に入り、1971年軍服の上を下に出して着て襟の形も従来の転換の形で還元された。 しかし、上を下に出して着ると背が低く見えて見かけ上未熟に見えるという理由で、この軍服も2年後の1973年に廃止された。
 1973年新たに制定された軍服は大腿部の上部に付着する袋をコンパクトに交換して装着するも上を下に通して着る方式を採用した。
また、1976年から戦闘服を大統領令で規定することにより、現在の服装が確立されたし、1990年11月23日このモードで大きく変わっていない状態で色がぶち模様に変更して現在に至る。
 
 
 
まだら模様戦闘服    
四季:ポリエステル65%、綿35%
夏季:ポリエステル65%、レーヨン35% 
上入れて着
上/下の前のフィラー:ボタン·ファスナー
 (選択式)
名前·階級章:棒材付
赤外線反射率(IR):600〜860nm 
4塗装ムラ柄(緑、茶色、黒、カーキ色)  
 
特戦の服 
ポリエステル77%、 レーヨン23% 
上出して着
ポケット社線形
抗菌/防臭、スパン機能を追加
アタッチメントマジックテープを使用
敵味方識別正方形柄  上を出して着るのポケットから直線
4塗装デジタル柄
 (錆·カーキ·黒·砂漠色)
 
次世代戦闘服 
ポリエステル73%、 レーヨン27% 
抗菌/防臭、吸汗速乾、高伸縮性
アタッチメントマジックテープを使用
赤外線反射率(IR):900〜860nm  
5塗装デジタル柄(土、針葉樹、薮、木の幹、木炭色)
花こう岩、岩の質感、松パターン提示 
 
 
(翻訳:みそっち)
 
 


 
 
 
 
そうですか