minaQのつぶやき 네토미나

慰安婦像の首が落ちる日を待っていてくださいな

军無料列車 予算不足で無くなる。

 
"予算不足のために '...思い出の"军無料列車'消えた
 
 
 
イメージ 1[l国防ミーナ] 軍の将兵が定期の休暇に無料で利用してきた貸切客車の運営が予算不足のために去る1日から無期限中断された。
国防部によると、軍は、京釜線と湖南線を運行するセマウル号KTXなどの客車の一部を賃貸して兵士が休暇時に無料で利用することにした制度を予算不足を理由に中断することにした。
国防部関係者は"軍人に対する列車の割引率が減ったのに比べて列車の運賃は上がって、貸切客車運営を中断することになった"と明らかにした。
 
※兵隊むけの割引料金、鉄道民営化で軍人割引も割引が少なくなったらしい
 
 
現在、国防部の"旅客賃"予算は270億ウォンであり、昨年から財務部などに50億ウォンほどの増額を要請したが受け入れられない予算不足に苦しんだ。
 
国防部は追って予算が確保されれば、貸切列車運営を再開するという方針だが、直ちに来年度の旅客費の予算も18億ウォンだけを増額されて当面、貸切列車運営再開は困難とみられる。
政府が軍将兵の福祉を増進すると明らかにしている庭に予算不足を理由に既存の福祉の恩恵も減っていて歯に対する批判が避けられないものと予想される。
 
(翻訳:みそっち)
 


 
 
貸切列車は전세객차と書きます 文字通り チョンセ列車ですが住宅のチョンセ(傳貰)とは違い国防部が立て替える帰省列車貸切り料金は鉄道会社の収入となりお金が返ってくることはありません。
 
徴兵の2年勤務の兵隊の最初の休暇は"100日休暇"といわれるもので、余程の事故を付けなければ4泊5日の休暇が貰えます、でも全員が休んじゃうとアレなので出来のイイ兵隊から交代で休暇になります。 同期のなかでイジメとかあったりするのを同時に釈放(休暇)しちゃうと被害が広がるのでそのへんも考えないとね。
 
 
 
イメージ 4
        
▲(休暇)証 (휴가)증 と書いてあるもの、これを持たずにうろうろすると捕まった時に困る。 休暇が終わった後は兵事庶務課に返却することになる。
※無くすと営巣行き+次回休暇短縮かな
 
 
イメージ 2
 
▲兵隊さんの休暇は兵隊服を着て帰省することになる、これは所属部隊宿舎に私物を置かないということが徹底しているためであり当然履物も軍靴だったりする。
      
※写真は車内検札を受けているところ、しかも検札係も軍人である、ひところ軍服を着て無賃乗車をするのが流行ったこともあって、所属部隊と行く先と日時の書いてある専用のキップを見せている
 
 
 
イメージ 3
 
▲乗車前にキップを確認している、専用の貸し切り列車のない方面への帰省は割引き証明書が発行され本人が自己負担でキップを買うことになる。
 
※兵隊には通常の休暇以外に忌引休暇もある、このばあいも帰省割引が適用される、 (2年間の入隊期間中に親兄弟を殺しまくった親孝行なひともいたりする)