minaQのつぶやき 네토미나

つぶやき鬼奴 イイネ‼

韓人女性は2次審査、まさかの特設窓口?

 
 

米入国韓国人女性」の訪問者·留学生たちまで侮辱

風俗店就業疑われ、2次入国審査に渡され、携帯電話·写真までの調査
 

 
イメージ 1[ニュースミーナ]ノービザ入国実施後ますます厳しくなっている入国審査のために韓国人観光客や留学生がひどい目にあう場合が続出している。
特に顕著なのが韓国内の仕事がないか、訪問の目的が疑われる若い女性の場合だ、風俗店就職などを疑って厳しい審査をする場合が多く、また、留学生たちも2次審査に渡され、携帯電話の写真記録などまで調査される場合もあることが分かった。
※留学生として入国し風俗に就職するわけです。
 
最近サンフランシスコ空港を通じて米国に入国しようと20代の韓国人女性は、入国審査官が入国カードに書かれた電話番号を見て、「OO店に行こうとするものではないか」と疑いの目を送った後、2次審査に渡される大変な苦労を行った。
また、学生ビザを受けてLAで語学研修をしていた20代の男子学生は、数ヶ月間、韓国で休息を取るが駐韓米大使館から再度学生ビザを発給受けてLAに入ってオリョダが2次審査に渡された最後に帰国措置を受けた場合。
入国審査官は、2回目の調査では「なぜ勉強を休んだのか」「就職が意図ではないのか」などの質問攻めに苦しみ、携帯電話で撮った写真を検索して、アメリカでパートタイムの仕事をしていた写真を発見し帰国措置を下したことが分かった。 
※韓国で就職できないのが海外脱出をしています
 
民法の専門家たちによると、入国が拒否される事例はほとんどノービザ旅行者の電子渡航認証システムサイト過去の記録を事実とは異なる虚偽作成しましたが、入国審査で摘発された場合や、若い女性の中で滞在する住所を正確に知らない、または曖昧な返事をする場合も厳しい入国審査の対象に分類されるものである。
専門家によると、2次審査対象者に分類されている場合は、▲米国訪問が頻繁な場合、▲片道チケットを切断する場合、▲観光ビザなどで訪問した後の仕事をしていた記録があらわれる場合▲入国時に荷物が多すぎると、▲学業行う目的がはっきりしていない場合などである。
 
 
 
(翻訳:みそっち)
 


 
 
カナダ経由でアメリカに入国
 
お仕事はもちろん”自由意志で売春を選択” 「黄金のケージ作戦」とは、2005年6月30日、米国FBIをはじめとする10機関がLAとサンフランシスコ一帯の韓国人風俗店を急襲して、約40人のブローカー組織員と143人の売春女性を逮捕した作戦名。
 
 
韓国女性の性売買の実態照明、米国務省は8日、発表した人権報告書で韓国を人身売買国と規定し、「韓国が人身売買の発生地であり、中継地兼終着地」とし「主に売春のために韓国女性がカナダとメキシコを経由して、米国、日本などに渡っている」と明らかにした。これに関連MBC「PD手帳」は2部作特集「衝撃報告!海外韓人、性の輸出実態」で、日本とアメリカを中心に、現地韓国女性の性売買の実態を照明する。14日放送される第1部アメリカ編「黄金のケージGilded Cage)の鳥を救出せよ」は、米国現地の韓国性売買女性たちの売春問題を照明する。また、米国各地を転々とし、性売買をした女性たちの証言と、各種形態の性売買の現場も紹介される。「黄金の鳥籠」とは、2005年6月30日、米国FBIをはじめとする10機関がLAとサンフランシスコ一帯の韓国人風俗店を急襲して40人のブローカー組織員と143人の売春女性を逮捕した作戦名。1人の捜査要員と1千200万ドルの予算が投入されたこの事件は、アメリカでもかつてない最大の人身売買の阻止事件で、関連報道が太極旗と一緒に紹介されて韓国のイメージを失墜させた。取材陣は、作戦を担当したケビン·ライアン連邦検事を含めた関係者らに直接会っ韓国人売春実態の深刻さを聞いた。
実際、最近、米国で韓国人ブローカーが挟まった韓国性売買女性の売春問題が頻繁にマスコミに報道され、「不法売春の分野では韓国系が掌握している」という話が出ているほど。ロサンゼルス警察広報官ジェイソンリーよると、この地域では、この月に逮捕された70〜80人の売春女性のうち90%以上が韓国女性だとする一方、21日2部日本編「日本に進出した韓国売春宿」は、日本で行われる売春の実態を集中的に報道する。韓国と日本を行き来しながら売春をしている韓国の女性の数は、4万〜5万人を上回る。また、滞在期間の満期を過ぎても日本に定着した女性も数千人にのぼる。製作陣は事業主による監禁と搾取など、国内と現地業者との間の密着した構造の中で強行される売春女性の人権蹂躙現場を告発する
 
 
テキサス州インディアナ州ノースカロライナ州ワイオミング州をはじめ田舎バーモント州に至るまでアメリカ全土に韓国人売春業者が広がっている。ワシントン州を例に取れば性売買をする80余りのマッサージパーラーのうち95%が韓国人が運営しているという。
 
Youtubeで検索すると動画がみられます(韓国語)
 
「黄金のケージ作戦」は当時、検索上位に位置したが韓国文化院などによる同名の文化活動によって故意に位置を下げられているといわれる
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 2
 
入国目的疑惑の韓国女性たち出国措置急増
 
 
学生ビザの所持者ルームサロン名刺発覚もノービザなどで米国入国を試みていた韓国人女性たちが最近、LA国際空港(LAX)で入国審査にかかって相次いで帰国措置されて注意が望まれている。9日空港関係者たちによると、8日には一日に、韓国人女性3人がLA空港の入国審査過程で入国目的不透明などの理由で2次審査に渡された後、調査を受けた後、入国が拒否され、9日にも4人が追加で入国が拒否されるなど、ここ1週間の間なんと10人あまりの韓国人たちが空港から出国措置を受けた。連邦税関国境保護国(CBP)によると、彼らは入国審査を受ける過程で滞在希望期間を問う質問に3ヶ月以上滞在と答えたり親戚の家を目的地としながらも住所をちゃんとしないなど不審な行動を見せて摘発されたことが分かった。特に摘発された女性たちの一部は学生ビザを所持して入国しようとしたが、服装などは全く学生らしくない行動を見せており、2次調査を受ける過程で所持品でソウルの有名高級クラブの名刺が発見されたりもしたという。
 

 おまけ
 
イメージ 4
▲入国はスマートにしたいですね (世界最速のインディアン