minaQのつぶやき 네토미나

つぶやき鬼奴 イイネ‼

韓国系ってこんな風に見られている

 

お前は売春婦か、犬肉食べるのか

これって人種差別? 世界が見る韓国人の印象

 

去る1日(現地時間)、オーストラリアABCニュースは、ニューサウスウェールズ州港湾都市グラフトンのホテルで韓国系医師アリスハン氏が人種差別を受けた後、追い出されたと楽しそうに報道した。

ハーバード出身の韓国系医師だったが、オーストラリアで人種差別にあったと告訴状を提出したが、地元警察は問題になることはないと結論を下した。

 

続きを読むを多用してみた)

 

カナダで産婦人科医として働いていアリスハンは、5月の研究提案を受けて、オーストラリアのメルボルンに移住した。同月18日、ニュー・サウス・ウェールズの観光都市コフスハーバーに向かっていた彼女は、突然のタイヤパンクで道に座り込んしまった。時間はすでに夜9時を越えた、週末とすぐに修理は不可能な状況で。牽引運転手の助けを借りて、やっと近いモーテルにやってきたハン氏は、オンラインでは、モーテルの空室があることを確認して入室するため受付に近付いた。しかし、モーテルの主人は彼女の入室を拒否した。

 


ハン氏は、現地メディアとのインタビューで、「受付は9時に締め切りされたが主人の許しを受けてホテルに入った。しかし、彼は私に聞き取れない質問を何度も繰り返した」と述べた。

 

ハン氏によると、モーテルの主人は彼女に、「ワーキングガールか?、その稼いだお金で部屋を取ろうとするのか」という質問を何度も何度も何度も投げた。

 

 

質問の要旨をすぐに把握していなかった彼女は、自分の境遇を説明したが、所有者は、「あやしい、数日前にも似たような話をしながら似たような女性が入室して問題が生じ追い出した」と述べた。

 

ようやくモーテルの主人の言葉を理解したハン氏は「売春婦だと言うのか」と身分証明書を提示して、自分がハーバード大学出身の医師と明らかにした。

 

しかし、宿泊は断られた。さらにとんでもないこと次に続く主人の態度。入室を拒否されたハン氏がその場でオンラインで他のホテルの予約をしようとしてみましょう主人は 「私のホテルの受付で何をやがるしてんだ。自分勝手だな」と怒って、彼女を追い出した。

 

 

以後ハン氏は、自分がアジア系の韓国女性だという理由だけで、売春婦の疑いを受けて人種差別にあったと、地元警察に告訴状を受理したが、ニュー・サウス・ウェールズ警察庁(NSWP)は「人種」の具体的な言及がなかったので、人種差別事件で見ることができない結論を下した。

 

NSWPスポークスマンは、ABCニュースの側面に「問題は、モーテルの部屋で売春を日常的に行う売春婦であり、モーテルの主人は売春女性かどうかを確認する権利がある」と述べた。

モーテルの主人も現地メディアとのインタビューで、「ホテルのフロントは終えた時間だったが、彼女のために寝床から起きていった。しかし、彼女は私の質問に正しく答えてない無礼をしました。私も宿泊客を選んで受ける権利がある」と声を高めた。

 

ABCニュース側は彼「売春婦」であることを繰り返して聞いて見たものについては認めたが、問題になるのがないという立場を明らかにしたと付け加えた。報道によると、彼は「遅い時間に、あらかじめ電話もなく、女性一人でモーテルに入ってくると何を考えてだろうか」と反問し、「人種差別だなんてとんでもない。その女性が被害意識を持っているかよりも」とちょっとした反応を見せた。

 

ハン氏がされた韓国人差別はそれの終わりではなかった。彼女は翌日駅に向かうって出合った他の白人男性に再び「お前は売春婦か」という質問を受けた暴露した。最初のモーテルから追い出された後、ようやくつかん他の宿泊施設で一日を泊まった彼女は車を修理するために周辺を回ったが、日曜日でまだドアを開いた修理センターを検索できなかった。

 

結局、電車に乗って目的地であるコフスハーバーで覆いたハン氏は、初めて見た男性が自分を駅まで送ってくれると、自分に「これから売春婦として働くのか」という質問をしたと説明した。

 

12時間の間に2回も同じ質問を受けた彼女は、「明白な人種差別」とし「私は、どのような相互作用もない状態で、ただ私の外見だけを見てそのような偏見を持った」と怒った。続いて、自分がオーストラリアに来た後、「犬の肉を食べるのか」、「思ったより英語上手」という話をすることもなく、聞いたとし、人種差別の議論が急務であると批判した。彼女は「すべての差別に非常に怒っていたが、肝心のオーストラリア人は、自分たちが人種差別をしているという事実さえ知らずにいるようだ」としながら、自分の話が「暗黙偏見」に関する議論の開始になったらという風を表わした。

 

(ソウル/みそっち)

 

 

 

これはね 、説明はいらないでしょ? もう海外では韓国人女性といえば売春婦だと認定されているのです。

しかも二ホンで再三捕まっている朴玉子(81)とかBBCで話題になったバッカスおばさんのように、高齢になっても韓国女子は売春婦なのです。

 

そうやってニホンにやってくるのが大勢いるじゃないですか。

彼女らは「梨花女子大」の現役学生さんなんですね。 いえいえ韓国じゃ25歳の大学生なんて当たり前ですよ。 んでも兵役があるのは男子だけ。

 

韓国女子は海外遠征で、4年分の学費+整形代を稼ぎ出すのです。(すけべなニホン男子も多いね)

 

 

 

イメージ 4
 
▲こちらおなじみの韓国女性のGif 場所は豪州だけどね

 

 

 

韓国では日常的なのに 豪州で韓国人次々に捕まる
 
オーストラリアの'醜い韓国人'…通り魔性犯罪・空港では焼身騒動など
ワーキングホリディ利用の韓国人オーストラリアでやっていること。
 
 
イメージ 1[話題のミーナ]オーストラリアを訪れた韓国の若者らが未明に性犯罪を犯し、空港で焼身自殺騒ぎを繰り広げるなど、最近相次いで不名誉な事を犯した。
 
オーストラリアのマスコミは24日、ニューサウス・ウェールズ(NSW)州警察を引用し、25歳の韓国人青年A氏が未明の時間シドニー都心の通りから二回にわたって女性を性的暴行したり性的暴行を試みた疑いで、21日に逮捕されたと報道した。
A氏は今年6月11日午前4時ごろ(現地時間)、自分の居住地から約700m離れたところで、街を通っていた女性を性的暴行した。 この男性は特に、犯行後逃走したが帰ってきて被害女性を暴行したこともある。
 
この青年は一ヶ月前の5月11日午前6時15分ごろに通りで性的暴行を試み、相手の女性が足蹴りして強く抵抗されると、逃げたことがある。
NSWの警察は犯行現場周辺で今年多数の性犯罪が発生したことと関連、この青年の余罪があるかどうか捜査している。
この青年が犯行を犯してから逃げ出す様子が周辺のCCTVに撮られ、、警察が捜査を進めながら、この姿が豪州マスコミに報道されたりもした。
この男性はワーキングホリデービザで入国し、1年半もオーストラリアで暮らしていたという。
 
これに先立ち、別の28歳の韓国人青年B氏は今年10日午後5時に、豪州の北東部のケアンズ空港の控室で自分の体に揮発性液体を撒いて焼身自殺すると威嚇し、警察に逮捕された。
 
 
 
 
 
この男性は同日、航空便を逃したことに不満を抱いてこのようなことを犯した模様だと、現地のマスコミは伝えた。
彼の突然の焼身脅迫で利用客、数百人が緊急待避し、飛行機の運航が4時間ほど遅れたりもした。 
一部の利用客は多くの人が空港の外で自分の荷物を持って待っている姿をソーシャルメディアに導き、現場のニュースを伝えたりもした。
 
 
 
(翻訳:みそっち)
 

 
韓国では日常的な風景ですよね、気にもしません、それなのにオーストラリアでは大きなニュースになっているというのがどうにも韓国人にはわからないようです。
 
飛行機に乗り遅れた空港で揮発性液体を持っているっていうのもあれですが、早朝から「えへへっ」っときて「えいやぁ」ってされると「きゃいんきゃいん」と逃げた様子がよく伝わって来るような話題性のあるニュースでした。
 
去る5月18日にも韓国人の二人組がオーストラリアにワーキングホリディにやってきた韓国人女性を脅してケータイやカードを奪い取り数百ドルを引出したじけんがあったばかりでした。  
 
 
あぶないよね
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
続きを読め

 

 

 

世界に進出する韓国女性の勢いが止まらない
 
 
イメージ 1[ソウルミーナ]売春に関連する「風船効果」は、一国にのみ限定されない。 一国で売春を取り締まって押さえ込むと他の国に移動して売春をするという韓国女性が増えている。 一種の「グローバル風船効果」だ。 そして、このグローバル風船効果の最も中心に韓国がある。
 
韓国は数年前から実施された継続的な売春取り締まりに多くの女性が海外に移動して売春をしている。 もちろん、その前にもこのような国際性売買が着実にあったが、最近では、国内の景気寒波と加え、海外に出る女性が急速に増えている。 他の国では、韓国を「性売買取り締まりの先進国」と評しますが、実際、その裏面には、別の副作用が発生していたのだ。
※薬(ヤク)は南米、売り(バイ)は韓国というのが世界的な評価基準だそうです
 
外国のNGOはさらに「韓国女性の性売買を防がなければならない」とは糾弾しないほどだ。 韓国女性たちの「国境のない売春」を集中的に取材した。
 
韓国女性の海外売春は今、国境を選ばない。 アメリカ、オーストラリア、ニュージーランド、日本、香港、台湾、中国などアジアはもちろんアメリカ地域にまで広がっている。 人がいるところ韓国女性があり、そのうちのほとんどは売春を介して自分の生活を作るということだ。 警察当局は、海外での滞在をして薬をして売春をする若い女性を着実に取り締まってきた。 彼女らは2〜3ヶ月程度海外に短期滞在をしながら集中的に売春をしたりする。 ほとんどは風俗店従業員、あるいは売春宿の女性だが、幼稚園の先生、元会社員たちも含まれている驚くべき話も聞こえる。 もうこれ以上、海外性売買が特定の部類の女性のみに限定されない話だ。
 
海外で売春をする場合、実際の収入はかなり辛めである。  2〜3ヶ月程度滞在をしただけでも1人当り2〜3千万ウォン程度は軽く稼ぐという高収益は魅力に違いない。最近では、インターネットを中心に海外遠征性売買をする女性を求めるサイトがたまに目につくようだ。 日本、オーストラリアのルームサロンやマッサージショップ、カラオケなどで送り出することになる。 しかし、このように女性を送出する事業主は、「そのような条件」を掲げ。 前払金を与えるか、または専門学校入学保証、またはランゲージスクールをオプションで与えたりする。 最も重要なことは、ビザの問題だ。 ほとんどの募集事業主は、学生ビザが可能であるとある場合が多い。
 
女性の立場では、これらの提案が耳よりにしないことができない。 外国語も学業もお金も稼ぐことができるということが少なくないメリットであるからである。 これは、特に韓国で適応できず金儲けがすぐれない女性だからこそ強く惹かれるようになる。 絶望的な韓国にあるならいっそ海外に行って、ロマンチックでも楽しんで新しい人生を生きてみるというものである。
 
もっともらしい条件”偽​り”
外国に行こうかを心配している、江北ルームサロンにお勤めのAさんの話を直接聞いてみよう。
 「事実外国留学を行ってみたいのは、高校時代からの夢でした。 でも、大学にも行かれない家庭環境で留学を夢でも見ることができたでしょうか。 しかし、最近、インターネット上で見た求人広告を見て、新たにかつての夢が浮上しました。 ただし、以前より年齢はアレだけど今そこに行くためにお金を稼ぐことができるという話でしょう。 たとえ今の風俗嬢よりも厳しいこともでき、外国人との接触があまり容易ではないだろうと思う。 しかし、どうせ韓国において見ても未来がないのは同じではないか。 むしろ、この生活を整理し、外国に行くかを考えている。 運が良ければ、外国人男性と結婚をすることもできると考えています。 外国人男性は、韓国男性よりも保守的であるだけでなく、韓国の状況をよく知らないから私の過去を簡単にバレることもなさそうでしょ。 とにかく現時点で外国に行きたい気持ちが強いだです。」
 
しかし、彼女たちにバラ色の夢の広がるわけではない。 実際に送出業者が提示する条件自体があまり信頼できるものではない。 いくつかの面で見たとき、彼らは単純なブローカーに過ぎない。 彼女たちを韓国からその国に入国することができるようにさえすれば、それで終わるだろう。 だから外国に出た彼女たちが、実際のランゲージスクールに通ったり、職業学校に入学をしていることは何の関係もない。 女性を送出されたその店で、これを実践すれば幸いだが、そんなはずははずがない。 そのためには事業主が別のお金をかけているからである。 特に海外のこれらの売春業者の事業主は、多くが韓国人である。 お金のためにならない条件ならその立場からスクールや職業学校などの様々な条件は、ただ面倒お金が入る毎日だけだからだ。
 
グローバル風船効果
このように韓国人の女性が仕事をする店は現在、特定の都市のみばかりではありません。 特に米国の場合は、グローバルに売春業者が広がっている状況である。 売春女性のための国際団体である「ポラリスプロジェクト」は、ニューヨーク、LAなどアメリカ全土に約100個の店が盛況を成していると把握しており、カナダのトロントの場合も400ヶ所以上のマッサージ店で韓国人女性が主で仕事をしているといいます。 さらに、その国の田舎にまで浸透している場合も多い。 これらの店はほとんど一箇所で長期的に営業をしない。
 
売春は違法で規定されているだけに取り締まりの危険があるため、短くは2〜3ヶ月、長くても6ヶ月を渡されず、他の地域に移動する。 警察の立場では、その店の出現の諜報入手と事前調査、取り締まりまでの時間が少なからずかかる。 本格的な取り締まりをしようとする彼女たちは、すでに他の場所に移った状態である。
国際団体である「ポラリスプロジェクト」は、これらの売春が「国際的風船効果」を見せていると言う。 取り締まりが厳しい国で取り締まりが弱い国で売春女性が移動しながら、その国の売春犯罪を増やしているということ。 特にこのような過程で韓国の女性たちは、最も有力な被疑者と目されている。
 
しかし、さらに大きな問題は、専門的な性売買女性だけが海外で売春をすることではないという事実である。 台湾のTVでは、さらに「性売買市場に吹いている韓流」という刺激的なタイトルを介して、海外の韓国人女性売春問題を赤裸々に告発した。 語学研修を行く離れた女子大生が旅費とお小遣いを用意するために売春に出るという衝撃的な内容だった。 専門の売春女性ではなく、また分からない勉強をしに来た学生がそのような行為をしたということについては、海外同胞も驚愕を禁じえずにいる状況である。 特に外国のルームサロンなどでは、匿名性が保障され、どの程度お金をもうけたことを望むすぐにそこを離れることができるという長所がある。 したがって、いくつかの女子学生の旅行者の間では、暗黙のうちに仕事をすることができる店のリストが流れて、韓国男子学生たちが多く、シドニーがその中心となっている。
時には、最初に留学生の身分でその国を訪れたが、最終的には、「カミンガール」に居座ることもあるという。 どうせ学生ビザを有しているのでビザによる大きい悩む必要もなくて、英語ができなくて勉強に興味を持つことができない場合にもそのまま人生の方向自体を変えるという話だ
 
韓国人すべて不思議表示も
グローバル売春は韓国のイメージを急速に悪化させている。 オーストラリア当局の場合、女性観光客の入国許可をうるさいし、国際的な恥となっており、日本の場合も、いったん女性が一人で入国をすると疑いの目から送信される場合が数多い。
しかし、これらのグローバル売春は個人の生活の中であっても致命的な結果を生む場合が多い。 多くの女性が様々な性感染症エイズに無防備状態にさらされており、短期間でお金を儲けようとする考えで、自分の体を酷使しながら売春をしているからである。 また、欲にとらわれて不法滞在をし始めると、それが弱点になって奴隷のような生活をしている場合も少なくない。 すぐ目の前にお金はあるかもわかりません個人的にも国家的にも大きな被害がないことができない話だ。
 
 
(翻訳:みそっち)
 

 

 
シアトル行きの飛行機にのっている韓国人女性はファーストクラスに乗っている人と5列シートで14時間我慢するひとの2種類に分けることができます、
運がよければあっちで新生活があったりします、運の無かった人は捕まったりします
 
 

 

 

 
韓国人の入国拒否90%日本と米国で発生
入国目的不明が主な原因、女性が60%を占める
イメージ 2[NEWSミーナ]外国旅行をし、目的地空港や港湾において、強制出国された韓国人の10人のうち9人は、日本と米国で入国が拒否されたことが分かった。
20日、法務部、仁川空港出入国管理事務所によると、今年1∼6月、海外各国の入国審査過程で入国を拒否された韓国国民は1千217人で、このうち63.1%の768人が日本から引き返した。※2009年上半期には入国拒否されたのが1200人以上いた
また、米国が216人(26.2%)に多く、中国83人(6.8%)、カナダ31人(2.5%)、オーストラリア24人(2%)、英国21人(1.5%)などの順だった。
入国を拒否された人は女性が747人で男性(470人、39%)より多く、また年齢別では30代が338人(29%)、40代320人(26%)、20代229人(19%)などだった。
拒否事由は入国目的不明が1千39人(85%)で、圧倒的に多く、ビザ未所持、パスポートの毀損、パスポートの有効期間6ヵ月未満、審査態度不遜なども入国拒否の口実となった。
出入国管理事務所は夏の海外旅行シーズンが近づき、入国拒否が増えるものと見られるとし、▲訪問目的、当該国の宿舎、知人の連絡先把握▲ビザの有効期間確認▲ビザの種類と入国目的一致確認▲パスポートの有効期間、毀損かどうか確認など外国の入国審査を事前に徹底的に備えるよう呼びかけた。
出入国管理事務所の関係者は"出国前に細密に旅行地の国の入国審査を準備しなければ予期せぬ不利益を避けることができる"、"何よりも入国する国家の法律と出入国規定を遵守しなければならない"と話した。 2009.07.20
 
 
最近、3年間、米国入国断られた韓国人4069人
 
 
イメージ 2[海のミーナ]最近3年間、米国で入国断られて帰ってきた韓国人が4069人であると分析された。 毎年平均1300人余りの割合だが、入国拒否に対する広報や教育は皆無であることが分かった。
国会外交統一委員会所属の新政治民主連合のシム・ジェグォン議員は27日、外交部国政監査と関連して配布した国政監査資料で、米国国土安保省の年次報告書(Annual Report)を分析した結果、このように現れたと明らかにした。
 
最近、3年間、毎年平均1356人が米国入国場を通過できず、自ら帰国した。 年度別には2011年1619人、2012年1191人、2013年1259人だ。
シム議員側によると、米国入国を拒絶されている理由としては単純な入国、書類の不備が原因の可能性もある。 しかし、入国目的が不明確した人、過去米国居住の場合、飲酒など刑事犯罪を犯した人などが米国入国を拒絶されことができる。 ただ、移民局に通訳担当があるために英語ができなくて不利益は受けない。 
米国で入国が拒絶された人は、米国を経由して第3国を行く時も拒否されることがある。
毎年一年に1,300人以上が米国入国を拒絶されているが、政府ではこれと関連された広報や教育が全くないのが実情だ。
 
 
◇ ◇ ◇

 

ハワイで韓国人入国拒否にピリピリ
 
君たちの行状を見れば至極当然の判断でしょう
領事館も手出しできずに帰国便へ
 
更新2017年2月11

イメージ 1
[朝からミーナ]米国ハワイ州ホノルル空港で、韓国人が強制追放され、韓国に戻ったことが分かり韓国各紙は大書きで伝えている
 
さらに、その韓国人は、連邦拘置所に拘禁されるまでしたことが明らかになり、韓国総領事館が真相の把握に乗り出した。
 
現地時間で10日、駐ホノルル総領事館によると、オーストラリアの農場で働くキム・スンウ(27)氏は、去る2日、オーストラリア、ブリスベンを出発し、米国ニューヨークに向かう途中、経由地であるホノルル空港で4時間近くの移民審査を受けた。
キム氏は、移民審査の末、不法就労前歴が疑われるとし、入国拒否の判定を受け、以後、空港近く連邦拘置所に拘禁されたが、翌日の3日、強制追放され、仁川行きの飛行機に乗って帰国した。
 
キム氏は、米国入国後最長90日間合法滞在できる電子渡航認証システムを申告した状態であり、JTBCとのインタビューでは、帰国航空券まで示したが手錠まで満たされて拘禁されたと述べた。総領事館の関係者は「ニューヨークのキム氏の知人の情報提供で3日の事件を最初に認知してすぐにCBPに関連する事実を問い合わせたが、具体的な回答を聞いていない」とし「キム氏の申告に基づいてCBPに真相の把握を促し抗議公文書を送って対応する予定だ」と明らかにした。
 
 
(翻訳/みそっち)
 

 
こういうのわね、どんな風にでもねじ曲げて主張するんですよ。「拘禁中に洋式便座で用便を強要された(日式便器愛用者だった)」なんてことだってあるんです。
オーストラリアの農場で働く>>>>これはどんなビザでオーストラリアだったんでしょうね。男性のようですからワーキングホリディでしょうか。そういうのが気が変わってニューヨークの知人に会いにいく>>>これはもう麻薬の運び人だと疑われても仕方ないですよ。 ちなみに、オーストラリアの農場で働く>>>って言うんですから、ハワイの入国拒否のハンコが押されているとたぶんオーストラリアにも入国できないでしょうね。するとお荷物を取りに戻れないとかいろいろありそうですよ。
 
んでも大丈夫なんです。韓国では「他国の入国が拒否された前歴のある国民に新しいパスポートを発給する法案を発議する計画だ」ということですから国ぐるみで犯罪者の輸出に余念がないのです。
 
 
 
ちなみに結論を言うと、全世界にひろがる「売春少女像」は、韓国女性の自由な性売買を認めるまで増え続けるそうです。
 
ほら、ニホン行きのワーキングホリデイビザって韓国女性に発行されないでしょ それを撤回しろというのが売春少女像の本当の目的なのです。
 
 
 
 

 

現実を否定して過去を美化するという習性
事実を否定して自己主張を美化するという習性

 

 
イメージ 7
 
午後ころ