minaQのつぶやき 네토미나

つぶやき鬼奴 イイネ‼

仁川、チケットは12%売れてます

 
 
 
アジア競技大会特殊競争構図疎外感」...仁川中期チケット購入冷ややか
 
”地域企業冷遇しながら今になって助けを求める”...チケット買取には消極的
 
イメージ 1[スポーツミーナ]仁川地域の中小企業が2014仁川アジア競技大会の成功的な開催のために力を乗せることに冷ややかな雰囲気だ。 仁川アジア競技大会開催なで1カ月残っていない状況で、地域の企業は、チケット購入などに消極的である。
一方、企業の間では「仁川で開かれるアジア大会を準備しながら、地域の企業への関心が少なかった市や組織委員会に失望が大きい」という声も小さくない。
また関連施設も問題をかかえている、開会式の行われるメイン競技場では仮設スタンドがむきだしのまま認可を受けられずに工事が中断している、聖火台にいたっては”奇抜な催し”ということで未だに設置されていない。
宿泊施設にも問題が生じている大会関係者の宿泊施設として名乗りをあげた仁川市内のホテル全てが準備不足で大会当日までに関係官庁の認可が受けられるか微妙な様子だ。
 20日、仁川市と業界によると、入場券販売収入350億ウォンのうち154億ウォンを担当する市では、経済団体等を活用して企業のサポート引き出すに全力を注いでいる。 去る14日基準仁川アジア競技大会全体の入場券は42億ウォン程度が売れた。
 
無料チケット配布のために企業が買ってくれ
 
目標(350億ウォン)の12%水準だ。 特に、企業が大規模に購入してくれる予定なのに、この部分が期待ほど満たされていないことが分かった。
すべての企業がチケット購入に出ていないわけではない。 新韓銀行と農協は2億ウォンほどの開会式の入場券を買って、中小企業中央会も11日、仁川(インチョン)アジア競技大会が成功裏に開催されるように市と協力することにしたと明らかにした。
中小企業を対象に、秋夕の贈り物やイベントの記念品をアジア大会の入場券で支給するように誘導するというのが協力する方法である。
いざ地域の企業の反応は冷ややかだ。 仁川アジア競技大会に向けた業界の冷ややかな視線はアジア大会自体の無関心から出てくることもありますが、アジア大会の準備の過程で発生した絶望感も一因である。
仁川地域にある印刷·屋外広告会社代表は「最初の2014アジア大会が仁川で開かれるという話が出てきたときに、広告プロモーションなどの需要が増え、業界の売上高の上昇に多くの助けになると考えていたが、いざ準備すると、ソウルや金浦などの外部業者との競争しながら、疎外感がしたよ」と、「組織委員会などで地元企業の製品を販売サイクルに不十分なかったのかと思う」と話した。
仁川の企業関係者は「最近になって経済団体などを通じて、アジア大会の入場券を購入してくれという要請が来ても、肯定的な考えがない」とし「好みまででなくても仁川で開かれる祭りに仁川企業が恩恵を受けたべきだったのに、このようなコー​​スには無関心途中、いざ大会が間近に迫って地域のために役立つ異なりからちょっと憎らしいは気もが事実だ」と伝えた。
 
 
 
(翻訳:みそっち)
 


 
開催国でメダルがとれないことは前回証明していましたからイイんです、観客席がガラガラだと恥ずかしいから”TV中継のある競技から観客を動員する計画だ”っということですからお金を払ってわざわざ見に行くようなのはいないんですね。
 
あの麗水万博では入場者数だけを達成するために無料チケットをひとりあたり2枚発行しました、800万人のために駅の乗降客数を2重カウントしてみたり自家用車の定員が5人として収容台数2000台の駐車場だから10000人という数字を組織ぐるみで発表していました(駐車場がガラガラなんだけど)
そして”入場料収入から5%の金額を万博組織委員会に支払う”んですが絶大な入場者数とは違ってかなりの低額を提示してそれさえも値切っていましたからどうなったんでしょうね。※総入場者数×前売り割引チケット料金×5%が開催権料の請求でしたが韓国側の提示額は20万人×前売りチケット代(33000ウォン~)×5%程度の27億ウォン、さらに値引きを交渉するんだとか
それでも”映画”とか”プロ野球”の人気がすごいらしいじゃないですか、観客動員数は更新中だけど売上が伸びなくて興行収入としては特に目立ったものではない、映画館のポップコーンと野球場のチキンが売れたことが幸いだったっていうような状態なのです。
 
 
 
 
イメージ 2
あちぃ