minaQのつぶやき 네토미나

つぶやき鬼奴 イイネ‼

済州島海底トンネル とまらないウソ

 
 
 
済州島がトンネルでつながる  嘘でした ><;
 
関連株の売り抜け? 朝鮮日報では記事を削除、検索できない状態にっ
 
 
イメージ 1[ニュースミーナ]”木浦、済州海底トンネル”ポスコ建設が全羅南道木浦から済州島を結ぶ海底トンネルの建設に乗り出すというマスコミ報道について、国土部がまだ確定されたことがないと明らかにした。
 
国土部は20日、「今年末確定する予定である第3次国家鉄道網構築基本計画に”木浦-済州間の海底トンネル”プロジェクトを含めるかどうかを検討しているが、ポスコ建設に参加するかどうかは分からない」と明らかにした。
 
 
海底トンネルKTX推進...ソウル - 済州2時間28分
 
 
イメージ 2イメージ 5済州島を海底高速鉄道で接続する案が推進されています。
この構想が実現される場合、ソウルから済州までKTXに乗って2時間28分で行くことができます。
 
ソウルと済州島高速鉄道に接続する事業が推進されます。ソウル - 済州間のKTX事業、いわゆる「JTX」は、全羅南道木浦で海南と甫吉島、楸子を経て済州島まで171km区間高速鉄道に接続します。
海南と甫吉島の間には、橋を置き、甫吉島で済州島は海底トンネルで建設されている方法です。
現在の海底トンネルは英国とフランスを結ぶ英 - 仏海底トンネルと日本青函トンネルなどがあります。
すでに海底トンネルを建設するために、技術的には問題がないという分析です。
 
イメージ 3
 
政府は、2010年木浦 - 済州間のKTX事業について経済性が低いという理由で保留したことが、最近、済州島の観光客の数が急増して当時の状況とは異なる評価が出てきます。
済州空港が5年以内に収容限界に達していることも指摘されます。
16兆ウォンを超える事業費について、ポスコ建設側は、事業性が十分あるため、資金調達には問題がないことの立場です。
国土部の関係者は、国家鉄道網構築の基本計画には、事業を含める案を検討中だと明らかにした。
 
 
 
 
この媒体は昨日、「済州島を海底高速鉄道に接続する方法が民間を中心再推進されている。ポスコ建設は国土交通省に(事業性が十分である)の内容を報告した後、別推進チームを準備していることが分かった」と報道した。続いて、この事業は、全羅南道木浦から海南、甫吉島、楸子を経済州島まで171㎞区間高速鉄道に接続し、ポスコ建設が海南〜甫吉島区間は足で、甫吉島〜済州島区間は海底トンネルで打つ方法を検討中だと付け加えた。これに対し、国土部の関係者は、「第3次国家鉄道網の基本計画確立を控え、全国の自治体から70社以上の嘆願性鉄道建設の要求が押し寄せた」とし「全羅南道から来た”木浦〜済州間のKTX建設”はその中の一つにすぎない」と説明した。彼は続いて「ポスコ建設が事業を推進するという`噂`を聞いたことはあるが(ポスコ建設から)報告を受けたことがない"と一蹴した。ポスコ建設も大型国策事業に関心を持っていることを意図具体的には決まっていないと否定した。ポスコ建設の関係者は「最近、交通研究院が開催したセミナーに出席したのは確かだが、あるメディアの報道のようにレポートを作成したり、政府の依頼を受けたことは全くありません、あまりにも大規模なビジネスなので関心を見せたほどだ」と述べた。 国内10位建設会社と中国系資本が共同で事業に参加するという内容と関連して、その会社のGS建設は今年4月、中国企業との覚書(MOU)を締結したのは確かだが報道内容は事実と違うと明らかにした。 GS建設の関係者は、 「もし中国企業が済州高速鉄道事業を引き受けることになったら、協力的パートナーとして参加しているレベル」と「ビッグ10の建設会社の中の二所も、この程度の内容でMOUを推進したと聞いている」と説明した。
 
 
 
(翻訳:みそっち)
 


 
 
JTXはその日につくられた造語?
 
いつものことだもん 気にならないからね。ポスコ建設の関係者は、朝鮮に「最近、ソウル〜第週間KTX事業を見直した結果、事業性が十分であると判断を下した」と主張した。朝鮮は「これと関連し、ポスコ建設は国土交通省の関連情報を報告した後、別推進チームを準備していることが分かった」と発表した。名前は、いわゆる「JTX」とした。済州の「J」をもたらすつけたと思われる。しかし、朝鮮は2面に続く記事で自分JTXの挑戦を説明した。朝鮮は「予想事業費は16兆8000億ウォンで、基本計画を策定し、設計するために2〜3年、工事のみ8年程度がかかる見通しだ」と明らかにした。少なくとも10年後の日という意味である。さらに、16兆ウォンの場合、李明博政府の代表掘削工事であった4大河川事業費に少し満たない金額だ。大型土建事業に非常に困難な政府の財政を受け継いで税収不足を口につけて住んでいるパク·クネ政府がこれを快く受け入れるかも未知数だ。
 
このような報道が出ると、この日の株式市場では、関連する株価は前半強気を見せた。
 
 
 
 
イメージ 4