minaQのつぶやき 네토미나

慰安婦像の首が落ちる日を待っていてくださいな

韓国における犬肉の地位とは


犬肉は縁起でもないのか?

上流層と仏心が深いひとは犬肉をたべない、受験生や妊婦は食べないほうがいい
釜山ではトラック運転手が犬肉を食べないらしい

イメージ 1[おいしいミーナ]人たちが人間の肉、つまり人肉(人肉)を食べることはあまり耳慣れない話ではない。 アフリカ人喰いは最近見られないが、まだも人肉を食べた殺人鬼たちは足繁く報告されている。 健康と長寿に対する人間の誤った欲望が人間の生体組織を材料に人肉カプセルと人肉丸まで作っている。 問題はこれらが国内で実際に流通されているのだ。 これ以上大韓民国は人肉クリーン国家ではない。
 
東西古今を問わず、犬ほど、人々と友達のように交感する動物は存在しない。 ある人は人類の主肉類供給源である牛、豚、鶏、量とのような家畜も犬くらい人と親しいと抗弁している。 私たちは家畜から牛乳、卵、毛、皮そして肉を得るために育てる。 しかし、犬だけは特別に何も望まず、ひたすら人間との交感と服従だけのために育てることだ。

韓国でも古くから犬は人たちととても親しくしたことを'犬が人よりいい'という諺で容易に知ることができる。 死ぬまで仕事だけしていたソナーひたすら肉だけのために育てられた豚、卵を惜しまず捧げた鶏とは違って、犬は何の目的なしに育てられたのだ。 '犬のえさにどんぐり'という諺も示唆するところが大きい。 牛や豚の餌にソヨムル、豚殺すという言葉の代わりに有毒犬にだけ'ご飯'という表現を使ったのだ。 人のご飯を同じ量を食べて育ったのがまさに犬だ。 だから人肉とよく似て肉が犬肉がなるわけだ。
 
私たちの先祖と友達だった犬を食べる悪習慣いつから始まったのだろうか。 犬はそれほど大きくもなく食べられる量も多くなく、繁殖率がよくて緊要に肉を得られる動物だった。
また、昔は犬を放しておいて育てたので、町の作男たちが、村の犬を食べ始めたという。 こうしてスタートされた犬肉に対する需要から、味があり精力に良いという噂が広がって多くの今日、韓国人好みの食品になったのだ。
 
しかし、一部の上流層と佛心が深い人々の間では"犬肉を食べると縁起でもない"という認識が定着している。 このような認識はなぜ起きたのだろうか?

そのような犬を言葉そのまま'犬輩ように'棒で撲殺する残酷な行為をまだしているのだ。 このように死んだ犬の恨みが骨身にしみた怨霊が犬を食べる人たちに転移することは考えてみれば当然のことだ。 ボシンタンを食べというのは'半人半獣'を食べることで、人間自らの肉体と魂を食べるといっても過言ではない。
だから、人生にとって重要な岐路に立っている人はボシンタンを食べることを嫌っているのだ。 例えば、事業家が犬の肉を食べると事業上の貴人を失うことに場合が生じることができる。 妊婦、受験生、就職準備生、昇進対象者たちも不要な犬の殺生をもたらすボシンタンを遠退けておいたほうがいい。
 

釜山広域市から伝わる営業車両の運転者が特定の食品を敬遠すること。

営業用車両の運転者の安全運行に関する食品のタブーは、釜山地域で営業用車両の運転者が安全運行に不吉な影響を与えると考えて犬肉や鹿肉などの食品を気にしたり、避けることである。
タブーは、特定の人物・事物・現象・言語・行為などが神聖視されたり、または怖い信奉することにより、その対象を表示したり、言ったり、触れたり、行動実践することを禁じる不文律である。
タブーは宗教的タブーと呪術的タブーに分けることができる。宗教的タブーは神聖な対象に敬意を維持させて、神聖この俗と接触することにより、高速化されていることを防ぐものである。呪術的タブーは人、動物、物、言語などに内在している呪術的な力から発生する可能性のある炎と危険な事態から逃れるためにそれを避けるして防御することである。釜山広域市で営業用車両の運転者の間で行われる食品タブーは主に呪術的タブーに該当する。

[淵源と変遷]
伝統的な民間俗習では犬は、一方では、先祖に理由もありながら、一方では、あの世とこの世を結ぶ神獣(神獸)に災いを倒すことができる守護神として事由されてきた。したがって、伝統俗信文化によると、犬は邪悪なことを追い出し、良いオーラを持って来る守護神のように考慮されるので破壊とウェットは神の破壊でタブーになったということができる。鹿肉を避けるのも同じ脈絡だとすることができる。鹿は不吉な日を事前にお知らせたり空の意を伝えてくれる神聖な動物と考えられているからである。

[手順]
特別な手続きはありません。釜山地域で伝承されている食品のタブーの内容は、次のとおりである。犬肉を食べない。鹿肉を食べない。

[生活民俗関連事項]
犬肉と鹿肉を避けることは、伝統的な俗信と関連している。実際に釜山広域市機張では「鹿肉を食べると縁起がない。 "、"犬の肉を食べて山に入ると、病気になったり死んでしまう。 "、"子供がはしかをする犬肉を食べると子供が熱がさらにひどくなるか、危険になる。」というタブーが伝承されている。


(翻訳:みそっち)



その季節になるとワラワラと犬肉料理店に足を運び鍋にして食べちゃうというばかりではないんですね。


イメージ 2