minaQのつぶやき 네토미나

慰安婦像の首が落ちる日を待っていてくださいな

他人との距離を置く'XXXおばさん'



通りにあふれ出る'XXXおばさん'

暖かい春の気配におばさん売春'、堰を切った'


イメージ 1[ソウルミーナ]売買春の形態を広範囲に分類してみると、大規模な風俗街に籍を置いたり、フリーランサーとして活動する20代の若い娘と、イベント会社や不法、結婚情報会社を通じて組織的に売春を行う30代程度の女性や主婦に分かれている方だ。

しかし、体を売りながら生きている年取ったおばさんたちが行く所は現れないのが現実だ。 したがって、これらは、特定地域に群がって、たとえば清凉里588、ヨンジュゴル、彌阿里(ミアリ)テキサスなど大規模な風俗街に匹敵することはできないが、もう一つの売春通りに特化していわゆる'XXXおばさん'と呼ばれている。
暖かい日差しが照りつける春が近づくにつれての夜の気温も一緒に上がる最近、特定の種に出稼ぎに繰り出しているおばさんたちの実態を調べた。

'高速道路駐車おばさん、タプコル公園、バッカスおばさん、ハイアット丘のおばさん、鷺梁津(ノリャンジン)水産市場未明おばさん、冠岳山・道峰山リスのおばさん、予備軍訓練場ござおばさん、遊園地を歩き回るチョルセパおばさん、薬水洞毛布おばさん、新沙洞化粧室おばさん、文井洞(ソンパグ・ムンジョンドン)おばさん…'などはおばさん売春の代名詞だ

これはその場で花を受けて近くの隠れた場所で、'仕事'を行うものと、昔から伝わる代表的なおばさん淪落の類型だ。 中には最初から消えた地域もあれば新しい売春通りで開発されて盛業中のところもある。

最近、真夜中にも暖かく春めいて来たことによって、おばさん部隊が、蔓延っている。 新沙洞(カンナムグ・シンサドン)の化粧室のおばさんたちがその代表的なケース。 真冬には一日に4∼6人程度に過ぎなかったが、最近は二桁の数字をいつのまにか突破してしまった。 もちろん、営業する数字が増えるに連れて競争が激しくなり、これらのポストの確保に少なくない神経戦がよく繰り広げられたりする。


ふえているマニア層
特に、地下鉄新沙駅の付近を主な舞台として行われているおばさんに魅了されるマニアが増えているのが実情だという。 これらはそのほかの40∼50代のおばさん部隊と変わらないという似たような年齢だ。 ただ、熟練されたおばさん特有の老練さで客を溶ろけて起こるようにするということだ。
特にもっと重要なのは周辺のビルの女性専用化粧室や廊下で行われる性行為で感じられる特有のスリル満足感がついて興奮のるつぼに簡単にはまり込むという話もある。
深夜となればビルのトイレを利用する人たちがほとんどいないという点を利用したわけだ。

新沙洞(カンナムグ・シンサドン)のおばさんたちが一人で行く通行人や酒酔い客に近づき、小さな声で"恋愛するが"とそそのかしているおばさん達を容易に目にすることができる。 当惑して動けなかったら彼らはすぐついて来というサインを送りますが、おばさんたちが率いるところはビルの女子トイレ。この場所で彼らは値段の交渉を終え、場所に適切な行為を持つ。
平均的に彼女らは花代で3∼7万ウォンぐらいをもらう。 追加チップを与えれば、変わった特別サービスも行っている。 10万ウォンをくれれば、旅館やモーテルで一夜を共に寝ることができると言うが、このような場合はほとんど珍しいという。
これらは近くに集中する特定の職業群を対象として集中的に営業をしている。 近所を徘徊する酔客がおばさんたちの主なターゲットだ。

新沙駅近くで友達とお酒飲んで帰宅する時におばさんに手首をつかまれて連れて行かれたあるチョン某さん(K大・26)は、"40代後半とみられるが、身なりがきれいではなかった。 若い娘でもなく、おばさんがここまでしてお金をもうけようとすることが可哀想に見えた。 ところでおばさんから常連客が相当数いるという言葉を聞いて驚いた"と話した。

一方、これらの存在を気に入らないビルがトイレに戸締りを強化し、仕方なく管理も疎かにした深夜の駐車場に移して行ったりするなど新沙洞(カンナムグ・シンサドン)のおばさんの即席売春場所が多様化している。
街頭売春をしているおばさんたちは大抵、風俗街で働いた経験のある俗称は退妓であったり、あるいは知人の紹介で足を踏み入れた場合が大半だ。 もちろん、経済的な問題を解決しようとすることが最も大きな目的であり、絶対的に個人プレーを原則としている。 お互いに被害を与えないため、一定の距離を置いている。

彼女らは、一様に食べていくために仕方なくこんな事をするようになったと話している。 キム・スンジャ(仮名・53)氏は"世の中に年をとってこのようなことをしたいおばさんたちがどこにいるんだよ"と言いながら一言で自分は'生計型売春'と抗弁した。 彼女は率直に話すると述べ、自分が残念なことをしないためには、今すぐお金が必要だが、集めておいた財産はなく、体の具合が悪いのでビルや地下鉄清掃もできないため、老いたが身を売って金を稼げると説明した。 しかし、韓国のように老いた退妓だけを相手にしようとする人たちも相当数あるだろうと付け加えた。

生計型売春の特性はおばさんたちが客の財布事情によっていくらでも価格調整が可能なためにお金があまりない未成年者らにも簡単に露出されているということが問題点として指摘されている。 また、ほとんどが不潔な場所で売春が行われるため、性病に露出されがちだ。
ある警察関係者は"彼らは生計型の売春が大半であるだけに、何より性病に弱いという点で事態の深刻性が大きい"、"特に、自暴自棄性のおばさんたちが多く、性病にかかったかどうか関心も持っていない場合は枚挙にいとまがない。 また、仮にかかっても'とぼけ'に持ち越された場合、売春営業をして性病が広がる可能性が非常に高い"と話した。
特に独自に行動しているが、取り締まり時にだけ一時的に消え、再び現れた後、売春行為を止めないために警察の取り締まりは、苦情が伴うという噂だ。 さらに、1日に何回も捕まったおばさんたちもいるという。


'売春をするおばさん部隊'が、ソウル江南区新沙洞で依然として暗躍中であることが確認された。
さらに、新しい売春方法まで'開発'、大手を振って盛業中である。これらは'タプコル公園、バッカスおばさん''高速道路駐車おばさん''ハイアットホテルの丘のおばさん''冠岳山リスのおばさん''予備軍訓練場ござおばさん'等、即席で玉代費をもらって'仕事'を行う主婦たちと大同小異な部類だ。

この女性たちの主な活動時間の夜11時。新沙洞B劇場の近くでバスを待つ男に接近し、"恋愛を一度なさる?"とそそのかしているおばさん達を容易に目にすることができる。
びっくりして動けなかった瞬間、手首をつかまれ、暗い奥に行くことになる。連れて行かれているところは化粧室あるいは駐車された自動車のボンネットあるいは駐車場の壁だ。
過去、化粧室だけに固執、'化粧室おばさん'で通じた時代に比べて、即座の売春場所が多様化した。地下鉄新沙駅の一帯で'営業'している中年の否定の数字がだんだん増え、化粧室が不足すると、'開発'された売春空間だ。また、これらの存在を把握したビルがトイレに戸締りを強化し、仕方なく管理も疎かにした深夜の駐車場に移して行っている。
このような女性たちは容易に見分けることができる。40∼50代の夫人が小さな手かばんを持ったまま男通行人をこまめに探索する。かばんの中には、コンドームと紙が入っている。


(翻訳:2ちゃん番長)



というのがリクエストのあった”韓国型おばさん事情”です




イメージ 2