minaQのつぶやき 네토미나

つぶやき鬼奴 イイネ‼

ついに車輪の開発に成功、車輪型装甲車登場


朗報
ついに車輪の開発に成功っ 国内開発6×6、8×8車輪型装甲車登場


36年経った5分待機組のトラック、'車輪型装甲車'に変える
時速100キロ…2023年までに'戦闘用・輸送用'600台の生産



イメージ 1[国防ミーナ]韓国軍にも車輪型装甲車時代が開かれる。 軍はこれまで軍創設初期と1980年代車輪型装甲車を運用したが、主要装備で大量編成されるのは今回が初めてだ。 車輪型装甲車とは戦車や自走砲のような無限軌道式ではなく一般トラックや乗用車のように車輪で動く装甲車をいう。

車輪型装甲車は獲得と維持、運用コストの軌道式に比べて安価なうえ、各種の脱着型装甲の登場で防護力も、戦車水準に近接するほど発展、世界的に普及が拡散している。

 
防衛事業庁現代ロテムの主管で2012年12月、研究開発に着手した車輪型装甲車が先月9日の運用試験評価で'戦闘用適合'判定を受けたのに続き、同月30日、国防規格が制定されたと7日明らかにした。

イメージ 3防衛事業庁は今月から量産に入る車輪型装甲車を2023年まで約600台を調達する計画だ。 事業費の規模は9,700億ウォンだ。

軍は30ミリ車輪型対空砲と車輪型指揮所車両なども追加生産する計画で車輪型対空砲は量産物量が数百台に達するものと伝えられた。


イメージ 2軍はひとまず、前方師団の捜索大隊と機械化歩兵師団の機甲捜索大隊で▲歩兵戦闘用(独立サスペンションを持ったタイヤ8個、8×8型、K808)を運用する方針だ。

◀歩兵輸送用(6×6型、K806)の場合、後方地域での機動打撃と捜索偵察および空軍基地の警戒用に活用する計画だ。



イメージ 4韓国軍は軍創設初期、米国が供与したM-8グレイハウンド装甲車(37ミリ砲搭載、時速125キロ)27台▶を運用したが、車輪型装甲車の存在価値も証明できず、淘汰された経験がある。
1977年代後半からはイタリアのフィアット社の6×6型CM-6614装甲車をKM-900▼という制式名で498機ライセンス生産して運営したが、当時生産技術不足と分散配置などで車輪型装甲車に対する認識が悪化する結果を生んだ。

イメージ 5軍が新たに保有する車輪型装甲車は、軌道型に比べて速度が速いだけでなく、銃弾を浴びても運行が可能な戦術タイヤと空気圧調節装置、操縦士熱像潜望鏡等の最新の技術が適用された。
ミシュラン製タイヤ使用
軍は新たな車輪装甲車をいったん捜索大隊や機甲捜索大隊、各除隊の5分待機組用に運用する計画だ。
▲6×6型CM-6614装甲車のKM-900


イメージ 6これまで韓国軍は5分待機組用車両では原型が出て36年が過ぎた旧型K-511輸送用トラック▶を主に使用してきた。

軍は車輪型装甲車を単位除隊別で運営した後、評価段階を経て、後方師団に集中配置したり、前方機械化歩兵師団に軌道式機甲車両と混用配置するかどうかを決定することが分かった。

イメージ 7これは運用成果によって生産数量が調整されることを意味することだ。 軍のある関係者は"機械化部隊や前方歩兵師団の主力装甲車であるK-200装甲車▶の場合12、7ミリ機関銃は食い止めても、14.5ミリ機関砲弾は防御が不可能な反面、新型車輪型装甲車はすべて食い止めることができる"、"取り外しが可能な追加装甲をつける案も検討されている"と話した。 ※この場合水上航行は無くなる

防衛事業庁は"今回開発された車輪型装甲車は米国のストライカー、ドイツ・オランダ共同開発のボクサーなど海外で開発された類似武器体系より同様の性能、価格は半分に過ぎず、輸出競争力も確保が可能になる見通しだ"と明らかにした。 しかし、生産量が多くないため、単価上昇や後続支援用部品の確保難など予期せぬ副作用も予想される。


(翻訳:みそっち)



ようやく車輪が発明できたのですね。 イメージ 8


そして注目なのは水上推進装置です 

イメージ 13


まあひと抱えぐらいあるヘアドライヤーのようなものだとお考え下さい 水流を真横にするための”可動式フード”がついているのも見えますね
これなら簡単だし故障も少なそうじゃないですか。


イメージ 9


例によってジェット水流で水上航行が可能なのですが、この部分はK200装甲車で実証済みという”地上展示で焼き付く”シロモノですよ


イメージ 11



イメージ 12

例によって水上航行には波除けのフードが取り付けられます、そうなると運転席からの視界は上だけってことになりますよ。


以下情報が入り次第お伝えします。








イメージ 10