minaQのつぶやき 네토미나

つぶやき鬼奴 イイネ‼

退出大学は中国資本に身売りとかも


'大学評価'下位脱出に中国資本の誘致や定員削減まで…

韓中大学、中国グループと買収意向書締結…外国資本誘致の初の事例
教育部'退出'圧迫の中、他の大学も'正常化'できるか?




イメージ 1[四谷ミーナ]政府の大学構造改革評価で最下位にランクされた西南大学が最近、廃科を中核とする自己救済案を発表すると、他の下位大学らの動きも関心が集まっている。

教育部は昨年8月に発表した1期(2014∼2016)大学構造改革評価結果によって、最下位E等級を受けた大学を相手に今年2月まで、大学の正常化に向けてのコンサルティングをして、その結果報告書を今月末までに提出するようにした。

教育部は、結果報告書を点検して8月中に、つまり2017学年度新入生の随時募集が始まる9月前までE等級大学に対して賦課した学資金融資制限などの制裁解除するかどうかを決定する。
 

◇韓中大学"中国に経営権移譲する"…国内初の事例注目
大学構造改革評価でE等級を受けた大学は4年制6ヵ所、短大7ヵ所など計13ヵ所だ。
28日、教育部と大学街によると、4年制6ヵ所のうち、江原道東海市にある韓中大学は22日、中国光新科学教育グループの武昌理工学院と買収意向書を締結し、これを教育部に報告したことが確認された。

光信科学教育グループは中国湖北省で不動産、製薬会社など13の系列会社を抱えているグループで、武昌理工学院はその系列会社の一つである。
韓中大学の関係者は"不健全経営大学の汚名を脱ごうと様々な案を模索していたところ、昨年、中国側から先に買収提案をしたようだ"、"買収が確定すれば、国内に分校設立などではなく、経営権買収で中国が進出する最初の事例"と話した。

韓中大学は2004年当時、理事長が学校運営資金約380億ウォンを横領した疑いで拘束されるなど学内紛争を経験し、現在教育部が派遣した官選理事の体制で運営されている。
したがって、中国に学校経営権を渡す問題は教育部私学紛争調整委員会で承認し確定される。中国側は学校の買収条件として、380億ウォンの横領金も保全してくれという条件を提示したという。

今回の中国資本の誘致計画は'韓中大学という校名とも関連があってさらに視線を引く。
学内紛争の影響で、元来'東海大学'だった校名を2005年に中国との交流を広げようという意味で'韓中大学'に変更したためだ。 '中'者の英語表記も一般的表記法の代わりに中国人たちが発音しやすい'zhong'で書いてきた。
学校関係者は"偶然なのか分からないが、当時学校のビジョンを盛り込んだ名前通り学校の未来が決定されるようになった"、自助計画に意味を付与した。



(翻訳:みそっち)



韓国は大学がいっぱいあるんですよ、金泳三のころにじゃんじゃん作ってね当初の目標だった大学進学率っていうのがわずか数年で3倍になったりしたんですね。

イメージ 2
イメージ 3


たくさんできて学生が入ってくるうちはよかったんですよ、そのあとに”程度が低い”ってことに気が付いたんでしょうね。
お金集めの方法としては授業料ですが、そのほかにも国からの補助金も大きなところですよ。特に学生に借金をさせる式の奨学金ローンなんていうのがあれば経営は安泰だったハズなんです。それでも生徒が減ってきて底辺大学は定員割れになってくるといよいよ政府では補助金を減らすってことで大学の自然減を図ろうとしたのです。

でもほら大学経営っていうのは経営者の自由ですからね、中国などから留学生を集めて、学生数だけは確保しようとしてみたり卒業後の就職率をよく見せるためにいろいろと苦労してたんです。

政府の財政支援の制限大学というランクになると国からの補助金が減るんですよ。
さらに融資制限大学といって、韓国奨学財団で実施する学生ローンや、国の奨学金の受給額が減るといった、”奨学金ローン”(国が利子を負担するのですこし安い)が組めなくなるという制裁まで出てきたわけです。 これってつまり文無しの学生が程度の低い大学に借金して入る>>>>という韓国型大学進学事情を根底からくつがえすような学生離れを生んだのですね。(ワカンナイ)

こうしていくつもの底辺大学がつぶれたりしたのですが、危ないところはまだまだ多いようです。
しかし政府からの支援金は打ち切られていますから、どこか引き取り手を探そうってことで中国の学校経営者に建物と学生を丸ごと買っていただくことになったのです。

ちなみにいつもの韓国の例にもれず、韓中大学の創業者は300億ウォンを使い込んでいました。これはまだ解決してないのですが、その300億ウォンの穴埋めも引き取り先が面倒みるという破格の条件で今回の決定となったのです。

韓中大学 では将来的には”学生数20万人”、”周辺人口100万人”という中国人留学生のための学校経営をするんじゃないかという楽しみな展開もありそうです。

だってほら、大学って自主・自治なんでしょ、留学の学生数が増えるってことは韓国人の考える”大学評価ランキング”には一番のプラス要素ですし、韓国政府も今更ながら”留学生”を増やそうってしてますよ。これまではハングル教授の退屈な授業だったのを中国仕込みの中国人教授が中国人学生をあいてに授業するということになればどこからも反論は出てきませんよね。
中国ではすでに大学新設には待ったが掛かっていて、経営ビジョンの無い大学は作れなくなってるのです。すると底辺大学対策で遅れている韓国なんかは建物はあるし認可の基準は甘いし、学生数だけ集めれば国からもお金がジャンジャンでてくるってことで万々歳なのです。
なによりも”大学評価”で一番の難点となっている”就職率”のほうですが、これは留学生は完全に除外されています。韓国の底辺大学を減らす理由は卒業しても行き場のない学生を減らすことですから。卒業したら本国に帰る学生は大事なお客様なのです。
もちろん韓国の例にもれず大学を10年かけて卒業しても大丈夫ですよ。つまり帰らなくてもOKってこと。 韓国は環境は悪いし治安もよくないですが、中国人にしてみれば居心地のイイところなのかもしれません。

ゆくゆくは100万人規模の学園都市にまで発展すれば日本海に面した東海市なんていうさびれた漁港にある大学がその先駆けになるかもしれないのです。
刑札も大学の中には手出しできないんですから、大学の中華街ができるかもしれないですね。



関連過去カキコ




イメージ 4