minaQのつぶやき 네토미나

つぶやき鬼奴 イイネ‼

学校が成績操作、2件



学校の成績が上がればと思った教頭災難、

成績操作で上位になれた中学校、監査の結果カンニングばれる
数学基礎学力不足を学校ぐるみで操作、成果至上主義は試験官が答えを教えてくれる


イメージ 1[余裕のミーナ]京畿道のある中学校で成績操作がなされていた事実が明らかになりました。学校の教頭が教師に指示し、学業の習熟度評価成績を組織的に操作しました。当該教頭は解任されました。

この学校は8%が超えていた数学基礎学力不足率を昨年3%に減らす成果を出しました。 しかし、成績を捏造したことがバレました。

当時、教頭が科目担当教師に問題を事前に解かせて、答えを表示した問題紙を一部の生徒に渡したことが教育庁の監査結果確認されたものです。



教頭は、教師たちに"3年連続の結果が良ければ、教育部長官賞を貰うことができる"、"成果給のお金がこれこれなんだそうなのか"、と圧迫したものと調査されました。

<録音>教育庁関係者(音声変調):"学校が良い成績をとれば、どうしても評判というのが高まってイイじゃないですか。 様々な実績のようなものが必要です・・・・"

教育庁の監査以降、該当の教頭、教務部長は解任や停職の処分をそれぞれ受けました。

<録音>学校の関係者(音声変調):"過去に良い内容ではなかったために学校の運営上で先生方について根掘り葉掘りどんなことがあったけど質問していません、雰囲気がそれで..."

該当教頭は容疑を否認していることで知られています。

<インタビュー>の安敏錫(アン・ミンソク)(国会教育文化体育観光委委員):"荒唐無稽な事件が起こったのです。 成績操作は、教育的な仕打ちであるため、厳罰に処すのが適当だと思います。 コネ教育を解消する道しかない、と思います。"

教員たちのこんな成績操作の不正はこの4年間29件もあることが明らかになりました。


(翻訳:みそっち)



これは韓国では正しいことなんですよ。良い結果が上がれば評価も上がるし生徒も父兄も喜ぶじゃないですか。バレなければイイんです。きっとそう思ってますよ。

それなのに監査で引っかかって教頭も辞めなきゃならない、なんて不合理なんだ。誰からも金を受け取ったわけじゃないし、誰にも被害を与えていないダロ。生徒や親たちだってこの結果を喜んでいるじゃないか。成績が上がったのが事実なのだからなぜ罰せられるのか理解できない。 なんて怒ってるでしょうね。 ふひひっ



学生生活記録簿ㆍ成績操作して名門高校なるのか

生徒が良い学校に行けば学校の評価も上がる、何が悪いのかわからない
父兄から200万ウォンを受け取って答案用紙にも加筆してみたり。


イメージ 2[消しゴムミーナ]光州(クァンジュ)の新興名門高校の某私立女子高校で校長や教師らが成績上位クラスの生徒たちの生活記録簿と成績を捏造した事実が確認された。

名門大学進学者数を増やして学校名の価格を引き上げようとする意図で犯した犯罪だった。 これらの校長、教師は教育庁が禁止する上級レベルの、上位圏の学生を相手に運営したりすれば正式補充授業料より高い金額を余計に受けて担当教師同士で分けて持ったりもしたことが分かった。
学生生活記録簿は、各大学で大幅に拡大している随時募集の際に当落を左右する核心的記録なので、これらの操作行為は、不当な合格者を作った可能性もある。 その場合、正直な受験生が、無念に脱落するしかなく、これは、個別学校の範囲を超えない深刻な問題だ。

この学校の成績操作の事実は、管轄の光州市教育庁の捜査依頼で明らかになった。 光州市教育庁は7月、この私立女子高校で成績を操作したという疑惑が提起されると、監査を行ったが、操作の事実を明らかにしなかった。 教育庁は当時の監査では事実確認に限界があると明らかにし、警察に捜査を依頼した。
7日、捜査結果を出した光州警察庁知能犯罪捜査隊は校長と教師2人などを業務妨害などの容疑で、他の教師8人を業務上の背任などの疑いで在宅起訴した。 市教育庁も過ぎた8月に退任した校長を除いた残りの教師らに対する懲戒手続きに入った。

警察の捜査内容を見ると、起訴された校長や教師らが教育者の基本資質を備えていないのではないかという疑いを抱くほどだ。 当該校長は成績が優秀な1等級の生徒たちを選んで生活記録簿を管理することにしており、学年部長にナイス(NEIS.教育行政情報システム)のアクセス権限を任意で付与して記録簿を操作するようにした。
これらの学年部長は2年間、200回以上もナイスに無断アクセスして学生25人の生活記録簿で'細部の能力や特記事項'を修正した。 彼らは管理対象生徒の成績が下がると答案用紙までに修正して任意に成績をあげたが、担任教師によって再び訂正されたこともあったという。 成績捏造への対価としては、父兄から200万ウォンを受け取った。 学校の名前だけを上げるために犯された行為がないわけだ。

当該の学校は2015年と昨年、ソウル大学に8人と5人を進学させて入試成績が良い学校という地域社会で名前を得たという。 問題は、このような評判とともに、生活記録簿と成績操作疑惑が提起されたことから始まった。 これを機に大学入試の公正性と信頼性を根本から揺るがす不正行為が、学校現場で犯されて恐れはないのか教育当局はもう一度綿密に見守るべきことだ。
大学入試の不正は、韓国社会で非常に大きな波及効果を持つ。 高校の成績操作事件は絶えず続いてきた。 このような不正行為が行われた根本原因は学歴至上主義に染まった誤った教育感といえる。 名門大学に多くの生徒を進学させるのが、学校の名誉を高めることという認識を固執する限り、トラブルの余地は消えないだろう。 もちろん現実的に学校側が大学進学率を気にするしかない環境という点はよく知っている。 そうだ しても不正直な方法まで動員して、教育の結果を毀損する行為は容認されない。


(翻訳:みそっち)



ちょっと成績を書き換えただけで、その対価として報酬を受け取ることの何が悪いのか。結果的に学校の評価も上がり在校生も鼻高々なのではないか?

今回は不運だったが今度チャンスがあればバレないようにするつもりだ。

こんな感じかな  ふひひっ



イメージ 3