minaQのつぶやき 네토미나

実はお酒飲めないんです ウソ

大邱では水道水がヤバいことに



大邱(テグ)水道水はいやな匂い、対策はない

大邱市民23万人給水の高山浄水場。原因も、正確に分からないよう
活性炭濾過設備は7年目の計画中



イメージ 1
[鬼ころミーナ]大邱(テグ)市民たちの水源である韻文ダムがからからに干上がった。 大邱市は韻文ダムの枯渇により、琴湖江で水道水を取水する過程に水道の水の原水と浄水で土の匂いがあるものの、具体的な原因も分からない上、対策も用意することができなくて手を拱いている。 

イメージ 2


大邱市東区と寿城区に住む市民23万人余りに水道水を供給している大邱(テグ)高山浄水場で、水道の水に土の匂いがするけど、大邱市は具体的な原因も分からない上、対策も困り、戦々恐々している。

大邱上水道事業本部は6日 "大邱(テグ)高山浄水場では雲門ダムが枯渇し、永川(ヨンチョン)ダムの水を琴湖江に流して取水をしている" と明らかにした。 高山浄水場は1日12万7千tを整水して大邱市東区と寿城区住民12万世帯23万人余りに水道水を供給している。


水で薄めるしかない、その水が臭い

しかし、高山浄水場で、この5日、土の匂いの原因物質 'ジオスミン' が検出された。 浄水処理をする前の原水では1リットルに14ppt(一兆分率)が検出されており、浄化処理過程を経た浄水ででも10pptが検出された。 

環境部の基準では '原水から20ppt以下でなければならない' と規定されている。 
大邱市は "幸い、環境の許容基準値は超えなかった"と安心したが、これまでは夏場にジオスミンがたまに検出されたことはあるが、冬季には、ごく微量が出るか、全然検出されなかった。

大邱(テグ)市は "長期間の日照りで川底に沈殿した放線菌が溶け出てきて、最近の放流量を増やし、川底に付いている放線菌がついて出てジオスミンが発生したことと推定している。 しかし正確な原因はわからず、現在、把握中だ" と明らかにした。 ここにジオスミン物質を浄化させる案まで見つけられず、大邱市は原水に粉末炭を注入しているが、これといった効果をあげていない。 活性炭吸着施設がなければならないが、この施設は現在、工事中で来る8∼9月頃完工される。

イ・ウォンギュ大邱上水道本部の水質管理課長は "ジオスミンが発生する原因とこの物質を引っ張りかねない対策を探しているところなので" と話した。 キム・ムンス大邱(テグ)市の上水道本部長は "ジオスミンのために土の匂いがするのは事実だが、人体には害がない。 5分間煮たらにおいがなくなって安心して飲んでもよい" と明らかにした。 これに対し、大邱市民たちは "水道の水に土の匂いがするけど、大邱(テグ)市が原因も分からない上、対策もないとし、水を沸かして飲むようにだけしている。 非常に心配される。 旧正月を控えて家ごとに水道の水使用量が増える。 旧正月前に土の匂いがなくならなければならないはずだが、早く対策を立ててほしい" という意見を出した。


(ソウル/みそっち)



今は冬ですが半島南部は水不足なんですって、といっても水が止まるほどじゃないけどダムの水位が下がって嫌な臭いまでしてきたというハナシです。

夏の渇水期になるとアオコが話題になりがちな韓国ですが、臭い水にはもう慣れるしかありません。水道の蛇口から出る水がそうですから、洗い物などは軒並み全滅で、「洗濯洗剤をドバドバ入れて乾かすしかない」なんてことやってますが、すすぎの後が臭うことなので対策が無いですよ。




イメージ 3

でーじょぶだよ






イメージ 4