minaQのつぶやき 네토미나

つぶやき鬼奴 イイネ‼

学資ローン返済に所得無し 絶賛猶予中




学資金返済猶予以上の年俸を受けている
大卒の所得就労者は3人にひとり
  
あんた、学資ローン返す気無いんか? 返済した者、返済する者、返済できない者
大学の卒業後、お金を稼ぐ人は43%に止まって

返す奴がバカ? http://news.joins.com/article/22471212 お前な


イメージ 1
[ソウルミーナ]2017年末基準で、就業後に返済する学資金融資者(残高の保有者)は98万9258人。大学を通いながら掛かった費用は彼らの後に付きまとう。 一定の所得があって返すことができる人は三人に1人(34.2%)だ。 

大学卒業後に所得がある人は43%(42万7000人余り)あるが、このうち28万人あまりは返済基準所得(2017年基準、年俸1856万ウォン)未満で返済猶予対象者だ。 
※大学卒業後に所得の無いひとは57%(56万2千人あまり)ってことになる
  
返済基準所得以上を稼ぐ人はその未満の所得者や公務員試験の準備で就業を先送りした公務員試験準備生には憧れの的だ。 
※公務員準備生の実質は就職浪人だが、韓国では無職にも求職中にも分類されない
 
大学の時子供が背負った負担はそのまま親に転嫁される。 就職は容易ではないながらこの過程でかかる費用もそのまま親の役割だ。   
  
チョンヒョンヨン未来アセット大宇(テウ)年金資産管理チーム長は "子どもが大学を終えて就職する時期は親の退職時期と重なっている場合が多い"、"親は家計事情を子供に予め知らせてから、ある時点ではこれ以上支援してやれないということを明確に知らせなければならない" と話した。 


(ソウル/みそっち)




2016年
 
年俸1865万ウォンもない、学資金融資返済できない割合71.6%

学資金貸出者100万人、貸出額は11兆7000億…融資残高も、4年間で2倍に急増
昇給があれば返済も心配ないだろう  それより就職が心配だけどな



イメージ 2
[土曜ミーナ]学資金融資を受けた10人のうち7人は就職をしても年俸が1800万ウォンに足らず、融資額を返済できずにいることが分かった。

韓国奨学財団と国税庁から提出された資料によれば、10人のうち7人は就職後にも所得が低く、元利金の返済をできなかったことが明らかになった。 

就職後でも基準所得に足りず返済猶予期間を延期
国税庁の資料によると、就職後に所得が年間1865万ウォン以下であり、学資金の元利金を返済しなかった融資者は2012年68.7%を記録した後、2013年度74%、2014年度72%、2015年度71.6%など毎年地道に10人あたり7人の割合だった。


就職後に返済する学資金融資は就職など、所得が発生した時点から、所得水準によって貸出元利金を返済することになる。 昨年、教育部長官が告示した帰属償還基準所得は年間1865万ウォンに、この基準より所得が低ければ償還は猶予される。
また、学資金貸出者は100万人で、これらの融資額は計11兆7000億ウォンに迫った。 就職後に返済する学資金融資者は97万人であり、これらの貸出額は2012年の3兆1000億ウォンから2016年6月末には6兆5000億ウォンに倍以上増加した。 とりわけ、貸し出し残高も2012年3兆1000億ウォンから今年6月末基準6兆5000億ウォンに2倍以上増加して青年たちの学資借金による苦痛は毎年急増している。 

経団連発表の大卒新入社員初任給以下しか受けられない新卒就業者は84%以上
これは低賃金労働に苦しんでいる青年たちが増えているためだという分析だ。 韓国経営者総連合会が昨年、大卒新入社員の初任給として提示した年俸3400万ウォンより低い所得を受ける彼らは、全体就業者のうち、昨年基準84.6%だった。


(ソウル/みそっち)


◇ ◇ 


2014年

就職しても学資金融資10人のうち3人だけを返済

年俸が4人世帯の最低生計費以上の融資者28%だけ



イメージ 3
[愛のミーナ]’就業後返済条件付き学費の融資'を受けた青年層勤労所得者10人のうち3人のみが融資金を返済することが分かった。残りは年俸が4人世帯の最低生計費に及ばず、最初から返済の対象から外された状況だ。

23日、国税庁と韓国奨学財団によると、2014年5月基準で、頼もしい学資金の融資者らは計92万4千500人で、このうち2014年から返済の勤労所得者は31万3千200人と集計された。

これらのうち2013年4人世帯の年間最低生計費である1千856万ウォン以上の年俸を受け取った彼らは28.2%である8万8千500人に過ぎなかった。

国税庁は2013年4人世帯の年間最低生計費以上の年俸を受け取る労働所得者に対してのみ頼もしい学資金の融資金を会社を通じて、控除したり、直接返済を受けている。


大学在学時に学資金融資を受けた勤労所得者10人のうち7人は就職をしても、学資金融資を返済できない程度の給与しか受けていないということだ。

彼らは1千856万ウォン以上の年俸を受けるまで、頼もしい学資金を返済する義務はない。

ただし、就職後3年間返済実績がないと、実際の返済能力がないのかについて財産調査が行われる。


年俸が1千856万ウォンを超える場合は、超過金額の20%を会社を通じて毎月分割払いしたり、1年分をあらかじめ出すことができる。

韓国奨学財団関係者は "年俸が毎年上がる可能性が大きいため、長期的にはほとんどの勤労所得者が学資金の融資を返済するだろう" と話した。


(ソウル/みそっち)




成績が良くて返済の義務の無い奨学金なんていうのを出している財団って韓国には無いみたいですよ。(オルブライトとかはある)

制度が充実していて授業料だけでなく入学金の前の受験料から借りられるのです。
島嶼などに住んでいれば少し有利な条件で借りられたりしてます。大学に通うのに必要な生活費も貸し出しています。住むところが見つかれば家賃も丸々借りることが出来て電車バスの通学代も借りられます。

その返済は卒業後に始まりますが、年収1800万ウォン以下だと返済が猶予されるのです。そうなると卒業しても収入が少なければ返済しなくてイイというわけで、返済対象猶予者ばかりが増えているんですね。

4年制大学の募集定員は2016年度36万5千309人(海外からの留学生枠が3万人程度ある)これに対し高等学校の卒業生は2016年61万人水準である 



イメージ 4

▲2010年以前は大学合格者数を進学率にしていた


韓国では長い間、大学進学率が8割という嘘を繰り返してきましたが、現実には、2009年の77%が一度きりの最高で、その他の年度は70%前後でした(最近は2年連続70%以下となっている)
貧乏人に大学進学を煽って借金を背負わせてそれでよしっということなんでしょうね。その対策は授業料半額化、その結果は不良大学や成績水増しってね



イメージ 6





イメージ 5