minaQのつぶやき 네토미나

つぶやき鬼奴 イイネ‼

後退する月探査計画 さらに2年延期へ

 

月探査また、2年延期。遠ざかる韓国型宇宙開発

中国、インドは月着陸船送り、ニホンも月探査計画があるのに
月着陸船は2030年だって? ムン大統領にはそれよりも大事なことがある

 

 

イメージ 4
[宇宙のミーナ]韓国政府は2020年末に予定された月の軌道船発射を2022年7月に延期した。

科学技術情報通信部は10日、国家宇宙委員会宇宙開発振興実務委員会を開き、「月探査事業の主要な計画変更案」を審議・確定して発表した。

 

月軌道船の重量を当初の550㎏から678㎏に増やし軌道船軌道も1年間の円軌道から楕円軌道(9ヶ月)と円軌道(3ヶ月)を並行する方向に変えた。

※月軌道船はスペースX社のファルコン9で打ち上げてもらう計画だった。
※計画変更で月軌道船が回る月の衛星軌道が燃料不足で楕円軌道になることにNASAは「円形の軌道を希望する」と明らかにした。

 

 

昨年、月軌道船と着陸船の打ち上げ日程をそれぞれ2年、10年先送りしたのに続き、再び月探査スケジュールを遅らせたわけだ。

 

盧武鉉政府の時、2007年の月探査計画を発表してから12年が過ぎても、船の設計と軌道がまだ行ったり来たりしている。

今年に入って、中国、イスラエル、インドが相次いで月に着陸を送るなど、世界的に月探査を展開が高まっているが、韓国だけ宇宙開発で後退しているのだ。

 

政権によって変わる月探査計画の月探査日程の後退は今回が初めてではない。韓国が政府レベルで月探査計画を最初に立てたのは、2007年、盧武鉉政府の時だった。当時決まったのは、月の軌道船は2020年に、着陸船は2025年、それぞれ発射する象徴的なスケッチ程度であった。

難度の高い月着陸船計画に直行するのは難しいので、まず軌道船を打ち上げ月探査の可能性を打診するという青写真であった。

2013年、朴槿恵政府は軌道船は2018年までに、着陸船は2020年までで打ち上げる日程を引いた。「大統領選挙公約に合わせる」という政治的な理由だった。

ここにきてムン・ジェイン政府は昨年再び軌道船発射を2020年の着陸船打ち上げを2030年に変えた。宇宙開発速度戦の時代に月面着陸予定が10年遅くなると、事実上の月探査を放棄したのではないかという批判まで出た。

しかしムン政権は「月探査を過去の政府の積弊で見る」という言葉まで出してきた。

 

月探査費用も増えるものと見られる。当初は来年末までに米国スペースXのファルコン9ロケットを利用して軌道船を発射する計画だった。軌道船の重量が増加すると、ロケット発射の費用も増える。

科学技術情報通信部は、「現在の当局・関係者と協議しており、約167億ウォンが余計にかかるものと予想している」と述べた。当初1978億2000万ウォンだった事業費が2000億ウォンを上回るされたものである。

 
(ソウル/みそっち)
 

 

他の国が成功しているから、そろそろ韓国の番だという月探査計画だったようですが、どうにも間に合わないんですよね。ムンちゃんはご自身の記念館建設に関心があるようなので彼が生きているうちには月探査は無いでしょうね。

ちなみに月面探査車の開発費はゼロ査定になったので事実上の月探査計画はとん挫したようです。

 

 
イメージ 6