minaQのつぶやき 네토미나

つぶやき鬼奴 イイネ‼

iPhone11Pro Max向けOLED品質不良

 


LGの、iPhone11Pro Max向けOLED品質不良

国産フッ化水素代替実現で不良品しか作れない 9月供給量は 'ゼロ'
iPhone 11 Pro Max向けディスプレー100万規模で廃棄 

 

イメージ 1
[ソウルミーナ]LGディスプレーiPhone(アイフォン)に供給するOLED(有機発光ダイオード)パネルの全量に品質問題が発生したことが明らかになった。 8月中下旬から9月まで1ヵ月以上生産された量全体が廃棄されたという。

8日、複数の関係者によると、9月LGディスプレーiPhone11Max向けOLEDパネルの品質不良で問題が発生したという。モジュール組立後、システム評価の段階でパネルに縦縞ができる現象が現れたのだ。

アップルのIphoneは中国でフォックスコンを通じて全て組み立てられる。 責任がLGディスプレーにあるのは明らかだが、正確には確認されていない。 しかし、これによってLGディスプレーの9月のアイフォン向けOLED供給物量が事実上ゼロに近かったという。

品質に問題が生じた製品は全量廃棄される。 LGディスプレーは7月末、アップル側に関連サンプルを供給して8月から本格的な供給を開始した。 8月中下旬から9月までの物量に不良が現れていることを考慮すれば、エッチング用ニホン産フッ化水素が枯渇し、韓国産フッ化水素に代替した時期と一致する。

LGディスプレーの内部事情に詳しいある関係者は「9月に問題が生じたiPhone向けOLEDを置いてLGディスプレー側の責任と見る雰囲気が強い」「問題が生じた製品は、全量廃棄されるのが原則であるだけに、損害賠償を含めたLG側の負担が避けられない」としている。

LGディスプレーの内部でも、今回の事故を巡り、危機感が高まっている。 中小型OLEDパネルの供給に問題が生じた事例は今回が初めてではないからだ。

昨年下半期に発売されたファーウェイの'メイト20プロ'のOLEDパネルはLGディスプレーBOEが物量を分けて供給していたが、スマートフォンの画面枠と、前面に緑色の光が上がってくる不良が相当数の製品で発生した。 「グリーンスクリーンゲート」とも呼ばれたこの問題は、LGディスプレー側の責任であることが確認された。

当時、LGディスプレー側のバックプレーン工程で、LTPS(低温結晶シリコン)の平坦度が一定せず、不良が発生したというのが専門家の説明だ。 LGディスプレーはこれによって150万~200万台に達する関連パネルを廃棄しなければならなかった。

 

(ソウル/みそっち)
 

 

ということなんですが、大丈夫な品だったらイイんですよ。ところがダメなんですね。これについてアップル側が賠償責任を求める方針ってことですから、お金が絡んできますね。すると韓国は訴訟を起こして先延ばしするんですね。

 

アップル側ではニホンの輸出優遇措置の正常化で韓国産製品代替は大丈夫なのかと問い合わせたそうですが、LGは大丈夫と答えたそうですから原因が韓国産エッチング材料によるものであるということなんですね。

たとえばプリント基板程度のエッチングであれば日曜大工の実験室程度で可能でしょう。OLEDパネルあたりになるとフッ化水素酸を使いますが、純度はそれほど重要ではありません(スリー9くらい)。そいで、韓国の主力製品で値崩れしているDRAMやNANDあたりだとやっぱりニホン産フッ化水素酸が必要なんだけど実質的に輸出が止まっているのでそろそろやばそうってことです。

いえいえ、素材はそこらへんの石ころのシリコンですから原価なんてものは大したこと無いので損害が出るのは売り上げなのかな(タブンナ)

 

イメージ 6
断酒症状じゃないってば
笑ってるのっ