minaQのつぶやき 네토미나

つぶやき鬼奴 イイネ‼

UAE バラカ原発の韓国人技師

 

 

UAE原発職員派遣その英語力が不足

UAE側の英語力強化の要求かかわらず/ 975人中、62人が基準に達しない
昨年1月には派遣社員898人のうち基準未達者が207人  100人帰国

 

 

イメージ 1
[ソウルミーナ]韓国型輸出原発アラブ首長国連邦UAE)バラカ原発に派遣された韓国水力原子力株式会社で一部の従業員の外国語コミュニケーション能力がまだ噂を生んでいる。

 

今年の2月末基準でUAE原発に派遣された韓水原職員は975人で、このうち語学基準未達者は62人だった。韓水原の規定上、語学基準は、TOEIC 700点、TOEICのスピーキング130点、OPIC IM・IELTS 5.0以上である。韓水原は、これらの「事業工程上不可欠な作業人員」と述べたことがある。


今回の事態は、2018年にUAE側が韓水原派遣社員の語学力強化を要求したと伝えられ、触発された。これに韓水原は、昨年1月に派遣社員898人のうち基準未達者が207人と公開し、「安定した運営のために英語力の基準をさらに強化する」と述べた。また、派遣社員が、TOEIC 700点を超えなければ、国内に復帰させるには指示も出した。

 

しかし、韓水原によると、昨年1月には成績不足者207人のうち100人だけが帰国措置された。残りの成績不足者のうち59人が基準スコアを取得したが、48人は事業工程上必要な人材として残留した。

 

この48人の必須人材だとしても、能力強化を公言した1年の間に語学基準成績不足者が62人になり、かえって14人増えた。語学能力が無くても次々とUAEに送り込んでいたということだ。特に、このうち21人は成績票を提出することもしないことが確認された。

 

匿名を要求した韓水原の関係者は本紙に「いくつかの部長級が基本的な会議に出席さえ避けて部下の業務強度が高い」と主張した。ある原発の専門家は「語学力はいつも私たちの専門人材を苦しめる部分」と「通訳をおいても、営業秘密に関する話をする必要があり、不便は事実だ」と述べた。


一部では、昨年のUAEバラカ原発整備事業の受注内容が期待以下だった理由の一つは、このような外国語のコミュニケーションの問題で見つけることもある。バラカ原発整備事業契約は、当初予想された10〜30年の「長期維持契約」の代わりに5年間の「長期保守サービス契約」などへ急に低くなった。ある原発の専門家は、整備事業について、「基本的に整備、維持・補修の問題なので、現地とのコミュニケーションが円滑に行われる能力が不可欠であるが、その点で減点要因が発生した」とし「このような問題の影響が全くなかったなら、これは過度の楽観主義」と指摘した。

 

これに対して韓水原側は「現場では語学も重要だが、基本的に、他の業務資格、実務資格などが重要であるため、総合的な要素として選抜されたもの」と述べた。

 

(ソウル/みそっち)
 

 

まぁ韓国では成績票はコピーの切り貼りで十分通用するので問題は無いのです。

それをとやかく言うのは野暮ってことで韓国では誰からも嫌われますよ。

それでも100人を帰国措置したっていうんですから残りの人は相当うまくやったんでしょうね。 そういうふるい落としもあるので韓国社会は気を抜けません くしし

 

 

 

ブログバナー
 
たまには鬼ころ220ml