minaQのつぶやき 네토미나

つぶやき鬼奴 イイネ‼

韓国の敵はコロナではない マスクだ

 

急速に増えた ”執着するマスク信者”

もう、そこにマスクが売っていると聞けば、並んでも行くことしか考えられない

 

イメージ 1

[午後のミーナ]新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の拡散による `マスク大乱` で市民の間からは怒りの声が絶えない。ソウルのあちこちで、これを買おうとする市民同士のいざこざが起きている。

 

朝早くから出てきたが、最終的にマスクを購入できなかった客がマートの前で待ちくたびれると、神経が鋭敏になったお客様と疲れた従業員がもめごとも起った。

この日、ソウル東大門区農協ハナロマート長安洞支店には午前7時からマートのうちマスクの行列が生じ始め、午前10時頃には、わずか180個の物量に100人をはるかに超える市民が番号札を受けようと立っていた。

 

 

 

 

 

「もう3時間も並んでいる」、「行列をはみ出ないように注意しただけなのに」、「もうやめてください」

 

罵声と怒号が飛び交う中、業を煮やした一部の客は周囲を威嚇する行為に出た。

 

「ただスマートフォンをいじっていただけなのに『通報するならしてみろ、ただじゃすまないぞ』といわれたんです」

 

一部の行列客の横暴はそれだけでは済まない。相手を弱い高齢者とみるとその前に割り込み、後ろの方にいる仲間に「ここが空いてるぞ」と声をかけたりもした。

 

 

 

韓国最大の人口をかかえるソウル市ではマスク不足が深刻だ、政府が物量の解放を指示したが、一部の店舗ではマスクの値段が6倍にも跳ね上がった。

 

売店側はマスクの販売時間を表示したが、それすら聞き入れる様子もない一部の客が店員に詰め寄るシーンも発生した。

 

 

▲マスクを箱から乱暴に取り出して買い物かごに入れているのはここの従業員ではない、行列の中にいた男性が、店に準備された物量を買い物客に分配している姿だ。

 

 

(ソウル/みそっち)
 

 
 

というソウルの日常なんですが、なにしろ並ばせるとそれをさらに自分に都合よく最前列を作ったりしちゃうんですよ。もうお願いなんて聞く耳が無いんですね。

なんでソウルっ子はそんなにワガママで暴力的なのかというと、ちょっと前の韓国人研究によれば、「韓国の男子は兵役で最上位の兵長になって除隊するため、その時の癖が抜けないため」というのがありました。

 

今でこそ、「兵舎の中ではすべての雑用は新兵がする」、なんてことは無くなりましたが、そういう上下社会の中で最終的に兵長という最上位に君臨したことがのちの人格形成に大きな影響を与えてきた。という分析ですね。 そいうわけなので韓国では誰でも偉そうなんです。しかもそいう上下社会では上の権威は絶対なので、馬鹿で聞き分けのない韓国男子が無限に量産されてきたというわけです。(スゴイネ)

 

 

 

 

イメージ 4
 
お金が降ってくるゆめ