minaQのつぶやき 네토미나

つぶやき鬼奴 イイネ‼

2度も完治したのに 新コロで再入院

 

 

新コロ 3回も陽性になった患者は3人。"再陽性"は228人

抗体が出来て再感染しないと思っていたら、2回も完治したのに3回目の陽性 
完治・隔離解除の判断や、新コロ検査の精度がいい加減だとは思いもしない

 

 

 

イメージ 1
[鬼ころミーナ]韓国の新コロ感染症診断検査で、同一人物で3度も陽性判定を受けた確定者が計3人もいることが明らかにされ話題になっている。
 

江原道原州(カンウォンド·ウォンジュ)では今月9日に退院した管内5番の確診者(50歳女性)が再び陽性判定を受けた。 3度目の確定だ。

新天地信者であるこの女性は去る3月1日、新コロの確定判定を受け、同月20日に退院したが、しかし今月5日に再確定し、入院治療後すぐの、9日に退院した。その後、自己隔離解除のため、23日選別診療を行ったところ、再び陽性判定を受け、再入院した。

 

f:id:ninoQ:20200424172748p:plain

 

これで、2度の完治者へのカウントが行われたことになるが、再陽性者は新規感染者にはカウントされないと保健当局は明らかにしたことがある。

 

中央防疫対策本部のクァク・ジン患者管理チーム長は24日、忠清北道五松(チュンチョンブクド·オソン)の疾病管理本部で開かれた定例ブリーフィングで「3回目の新コロ陽性が出た事例は計3人」とし「江原道と大邱慶尚北道でそれぞれ1件が報告された」と明らかにした。

クァクチーム長は「3回目の陽性が確認されたからといって、現在まではほかの患者さんと特に違う点が見えるわけではない」とし「再陽性事例と同様に調査している」と述べた。

 

 

国内で完治後、隔離解除され、再び陽性判定を受けた人は、同日基準で計228人


クァク·チーム長は、「再陽性者の中には 新コロ症状が現れ、再び検査を受けたところ確認されたり、無症状であっても地方自治体が一斉検査をする過程で確認される場合があるように、3回目の陽性も多様な状況で発見されている」と説明した。

防疫当局は、再陽性者の伝播力に対するモニタリングを進めている。

 

チョン・ウンギョン防対本本部長は「まだ(再陽性事例のうち検体の)ウイルスの培養が確認されたり、再陽性時期の接触者のうち感染が確認された事例報告はない」とし「しかしモニタリングをしなければならず、伝染力の有無はまだ速断できない状況だ」と述べた。

 

(ソウル/みそっち)

 

 

自分のところの検査精度や判断基準、公式発表に関しては、そこに疑問を挟まないという ”韓国型思考” ってやつですね。もちろん韓国人の言い訳には事後法も適用されるので、新しい断片的資料が出てきても「それは知っていた」という言い草になり、「韓国だけではない、他国も似たようなものだ」という弁論まで出てくるような脳内構造にになっています。

もちろん敗北が確定したあとでも不正は無かったことになり輝かしいウリナラの歴史となっていくわけです。これをポジティブと捉えるか、虚言癖と捉えるかというところにも国民性っていうものが現れます。

これらはすべて、韓国人のほとんどの行動や発言が ”精神的勝利法” という考え方で説明することができる。という韓国人分析からも明らかです。

 

 

 

イメージ 2
 
おおきなストローで