minaQのつぶやき 네토미나

慰安婦像の首が落ちる日を待っていてくださいな

韓国軍の誇れるものはサンダルである

 

 

軍54種補給品の中で唯一満足なのはサンダル

 

イメージ 7[国防ミーナ]韓国では軍補給品54種のうち現役将兵が満足する品目は「スリッパ」が唯一だったというニュースが話題だ。

 

徴兵制のある韓国では政府有力者や財界の2世3世以外には兵役がある。韓国での兵役は一応義務だが、支給される軍服と軍靴は予備軍訓練のために本人が自宅に保管することが義務付けられている。

※うっかり亡くすと罰せられる、訓練のためにレンタルで貸してくれるところもある、南大門のミリタリーショップでも買うことができる。シンちゃんのように社会服務要員でも軍靴は支給されるが、兵役期間終了後の彼の階級は上等兵だ。(ふつうに兵役をすると全員が兵長になって満期を迎える)

 

 

支給されるものは全て新品だ。

 

ベレー帽、軍服上下、雨着、靴下、フリース、ハンカチ、シャツ、タオル、縞パンツ、耳あて、運動着、ジャージ上下、サンダル、運動靴、フェイスマスク、サッカーシューズ、歯ブラシ、ひげそり、洗剤、せっけん、手袋、軍靴 

このほかいろいろある 最初のお給料で買うものもある

 

 

 

このような人気を追い風に、最近あるオンラインショッピングモールでも軍用スリッパと同じ製品を一般にも販売し始めた。

 

 

 

製品説明には「足が楽な構造」「水切れが良い」「ハイドロプレーニング現象を防ぐ」「すべり止め機能がある」など長所が並んでいる。 20%offで7,840ウォンだから割とまともな値段がしている。

 

8F432CE7-39D9-4AD3-B2AC-43FCA50A66EA.jpeg

さらに挙げれば、摩耗するとスリップサインが出てくる、フリーサイズだ、靴底が暑くなっている(およそ4cm)

 

軍支給品の履物には軍靴、スニーカー、サンダルがある。軍靴は外出時と訓練時に履き、スニーカーは運動する時であり、サンダルは生活館のなかで使う。最近の兵舎では先任兵と分離されているため、サンダル履きで敬礼するようなことはほとんど無くなっているらしい。

 

韓国の履物小売店ばかりが並ぶすごい路地 

360°ビュー http://kko.to/EtXgtfiYH

 

 

 

 

 特別付録

 

新兵さんはどんな風にすごすのかな
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
イメージ 15
 
初日に宣誓書を書いているところ、着ているものも履物もまだバラバラだ。この段階ではそれぞれが別々の部隊配置になるためお互いの自己紹介などはしない。
 
宣誓書が読めない奴は割と多い、それでも名前を書く欄くらいはわかるだろう
 
 
 
イメージ 16
 
二日目の朝、シャバっ気のある彼らに軍服はまだ支給されていない、このあともういちど身体検査が行われる。
 
イメージ 2
最初の食事の配食のようす
 
 
 
イメージ 17
 
ようやく自分の軍服が支給された、グレーのジャージは最近の支給品で生活館ではこの格好で過ごすことになる。 以前には脱走防止のためにオレンジ色とかの時があった。
 
イメージ 10
 
 
 
 
イメージ 18
 
お話を聞いてメモをしている 団体行動に慣れるのはこれからだ。
 
 
イメージ 22
 
さらに少人数でお話を聞く (メガネ率高っ)
 
 
イメージ 19
 
自宅に送り返す私物をいれた箱の宛名書きをしている。この中には自分の住所が書けないものが必ずいるという
 
足元に並べられた軍靴とスニーカーとサンダルはこのあと2年間愛用する
基本的に名前は記入しない(与えられた軍籍番号の下3ケタを書いたかも)
 
 
 
自分の住所がわからなくてペンが止まっている あるいは住所・宛名を書く欄がわからないのかもしれない。
 
イメージ 5
走るのは体力測定だ 運動などしたことないのに
 
 
イメージ 20
 
4日目、名前を呼ばれて配属部隊行のバスに乗る (キム姓はおよそ半数)
 
 
イメージ 21
 
背中の荷物には着替え一式(支給品)毛布(夏でも毛布)などが入っている。もうパンツシャツから靴下まですべて支給品である。
 
 
 
 

 

 
イメージ 1
 
いいんだってばぁ