minaQのつぶやき 네토미나

慰安婦像の首が落ちる日を待っていてくださいな

韓国海兵隊の攻撃ヘリどうなる?

スリオン改造の武装ヘリ導入に猛反対の海兵隊

海兵隊攻撃ヘリコプター事業は韓国製ヘリコプター  えぇ~ヤダョ  
マリンオン攻撃ヘリは図体は大きく、重くて機動性能は大きく劣り、価格は同程度

 

 

 

イメージ 7[国防ミーナ]海兵隊に導入する初の攻撃ヘリとして、政府は従来の国産ヘリに武装力を強化したマリンオンヘリを押しているが、海兵隊はより機動性が良く、生存性も高い米国ヘリが欲しいとして、直接問題を提起した。 これに防衛事業庁が事業見直しに入りました。

 

韓国の開発したスリオンは最初から人員輸送ヘリです。これを機動ヘリに改良したマリンオンに、再び武装をつけました。これが2020年代半ばから約20機の導入を目標に、海兵隊攻撃ヘリコプター事業採用を狙った機種になります。

 

この海兵隊攻撃ヘリは、国内産業の育成に向けた国内開発品の購入事業だと結論づけ、早ければ年内にマリンオン武装型が最終的に選定される手順でした。

 

ところがこれに海兵隊が公の立場で待ったを掛けたのです。

 

イ・スンド海兵隊司令官(先月26日国政監査):マリンオンに武装を装着したヘリではなく、機動性と生存性に優れたヘリ、つまり現在攻撃ヘリとして運用されているヘリを海兵隊は望んでいます。

 

マリンオンの武装型は図体が大きく遅いため、他の攻撃ヘリに比べて機動性、生存性も低いと見られています。

海兵隊が望むバイパーは、垂直上昇速度秒速10メートル、巡航速度時速296キロで、それぞれ秒速7メートル、時速250キロのマリンオン武装型よりずっと速いです。

※AH-1Z ヴァイパー(英語: AH-1Z Viper)は、AH-1W スーパーコブラの発展型攻撃ヘリコプターである(右)

 

AH-1Z ヴァイパー - Wikipedia

 

航続時間も、バイパーは3時間10分で、マリンオン武装型の2時間20分よりずっと長いのに、事業費は1兆5千億ウォン台と同様です。

 

軍内では、「いつまで米国兵器に依存するのか」という意見と「いつまでスリオンにこだわるのか」という意見が交錯している。

 

防事庁は海兵隊の問題提起に海兵隊攻撃ヘリ事業を再検討することにし、最近、関連研究用役の入札を公告しました。

 

(翻訳:みそっち)
 

 
陸軍型のスリオンはすでに必要数の生産が終わっているんですね。これでさえも追加で作ろうとするとシャフトや減速ギアを国産化していないので海外に発注しなきゃなりません。
 
スリオンは開発当初から型式遅れの中途半端なサイズのヘリコプターだったのですよ。もちろん交換部品はまだ手に入るんですが、機体を新造するために必要なパーツというのは予備交換パーツとは全く別のものなので再生産も時間と費用が余計に掛かるのですね。そして海軍型マリンオンは例の、羽根が飛散しちゃったあれですから評判が悪いですね。  やだやだ
 
 
 
イメージ 10
   ▲推定10mの高度からプロペラローターが四散しながら何度も落ちたり
 
このくらい高度からの墜落じゃ大けが程度だそうなんですが、あいにく火が出て、機体から振り落とされたひとりは重体でしたが、残りの5人はシートベルトをしたまま灰になるまで誰も消火してくれなかったという事故でした。
 
 
イメージ 9
 
▲燃えた本体と離れていたペラ