minaQのつぶやき 네토미나

慰安婦像の首が落ちる日を待っていてくださいな

偽慰安婦が確定なのに同情する韓国社会

慰安婦法廃止国民行動とは何か

偽慰安婦イ・ヨンスは真実を言って下さい
韓国国内での売春婦経験しか考えられないと話題になっている

 

イメージ 1
[メディアミーナ]市民団体慰安婦法廃止国民行動(以下国民行動)は去る1月11日(月)午後2時、大統領府噴水台前広場で「偽慰安婦疑惑イ・ヨンスに対する真相調査を促す!」というテーマで緊急記者会見を開いた。

 

それより少し前の1月8日はソウル中央地裁民事34部(裁判長キム・ジョンゴン)がナムルの家側慰安婦たちがニホン政府に対して損害賠償請求訴訟した事件に対してニホン政府が1億ウォンずつ賠償するよう原告勝訴判決を下した。

 

これにキム・ビョンホン国民行動代表は8日、当日にも問題の慰安婦判決が基礎事実関係さえ完全に誤った誤審だと批判する内容の声明を発表している。今回の記者会見は13日、挺対協側慰安婦の訴訟宣告を控えて慰安婦判決の問題点を再び浮上させようという次元で企画された。

国民行動はこの日の記者会見で、複数の慰安婦の中で証言が最も多く変わったことがあるイ・ヨンス氏の実体を一つ一つ明らかに記者会見文を朗読した。イ・ヨンス氏は13日、宣告を控えた訴訟の原告の一人でもある。

記者会見後、キム・ビョンホン国民行動代表とイ・インギュ国民行動対外協力団長は「偽慰安婦疑惑イ・ヨンス氏に対する真相調査を要求する」という書簡文を大統領府に提出した。

 

現在、ニホン軍慰安婦被害者と女性人権活動家として活動しているイ・ヨンス氏に対して、次のようないくつかの疑惑があり、これに対する真相調査を要求したいと思います。ニホン軍慰安婦被害者として登録して国家から保護および支援を受けるためには、慰安婦被害者法第2条1項「‘ニホン軍慰安婦被害者’とはニホンによって強制的に動員され性的虐待を受け慰安婦としての生活を強要された被害者をいう」という定義に合致する必要があります。この定義によると、ニホン軍慰安婦被害者は、朝鮮の女性であり、加害者はニホン、すなわちニホン軍です。

被害者として登録された李容洙(イ・ヨンス)氏は、ニホン軍によって強制的に動員され、ニホン軍によって性的虐待を受け、ニホン軍によって慰安婦としての生活を強制されたことを証明する証拠があるべきである。

1992年、ニホン軍慰安婦被害者として申告したイ・ヨンス氏の慰安婦履歴は1993年に発行された‘強制的に連行された朝鮮人慰安婦たち(以下挺対協証言集(1)と略称)’に詳しく載っています。

被害申告時期と時間的に最も近いうえ、生涯全般を扱っており、イ氏の慰安婦履歴を把握することができる重要な資料です。だが、この資料をいくら検討しても、慰安婦被害者法第2条第1項に合致する内容はありません。具体的な内容は次のとおりです。

 

第一に、ニホン軍によって強制動員されたのか。

 

挺隊協の証言集(1)には「国民服に戦闘帽をかぶった男が服の包みを一つ渡しながら、その中にワンピースと革靴があると言って、包みを覗いてみると、赤いワンピースと革靴が見えた。 それをもらって、子どもの気持ちでどんなに嬉しかったか分からない。 そのため他のことも考えることができず、気軽について行くことになった」と証言しました。 続いて「大邱(テグ)から連れて行った男が慰安所の主人だった。 わたしたちは彼を"オヤジ"と呼んだ。"とし、イ氏自らが慰安所の主、つまり戸主に連れ去られたことをはっきりとしました。 イ氏の証言のどこにもニホン軍が介入したという形跡はありません。

 

 

f:id:ninoQ:20210315194831p:plain

▲ニホンの軍服を着た南朝鮮防衛隊と韓国人が扮装した映画の中の慰安婦連行シーン、登場するのはすべて韓国人だ。

 

第二、ニホン軍によって性的虐待を受けたか。

 

慰安所は、基本的に一定の費用を支払って性的サービスを提供する営業所です。 ニホン軍慰安所の規定には軍人の階級別・時間別料金が明示されています。 当然、慰安所を利用するためには所定の費用を支払う必要があり、費用が支払えない場合は利用できません。 これは、レストランやカフェなどすべての営業所で費用を支払わなければ利用できないのと同じです。 また、慰安所の規定には、酒に酔った状態で慰安所を利用することはできず、階級別の時間を厳守することとなっています。 特に慰安婦に危害を加えたり、違法な行為をする場合、憲兵や関連機関に申告して処罰するようにしており、実際に処罰された場合が記録に残っています。 イ・ヨンス氏は退廃店店主の強要と暴行を証言しながらも、一度も軍に性的虐待を受けたという証言をしたことがありません。

 

第三に、ニホン軍によって慰安婦としての生活を強要されたのか?

 

イ氏は証言で、「大邱(テグ)から連れて行った男が慰安所の主人だった。 私たちは彼を「オヤジ」と呼んだ。 部屋に入りなさいというのに入らないようにしていると主人が私の髪の毛を引っ張ってどこかの部屋に連れて行った。 その部屋で電気拷問を受けた」と話した、このように兵士を接待するよう強要した張本人がポン引きだったことを証言しています。

慰安婦慰安所主人は前借金を条件に一定期間、慰安婦としての生活をする契約を結んだ関係です。 ポン引きはこの契約によって慰安婦に対して、慰安婦生活を強要したことである反面、ニホン軍は、所定の費用を支払って性的欲求を解消する慰安所の顧客であるだけです。 当然、慰安婦としての生活を強要しうる地位になかったニホン軍が朝鮮人に対して、慰安婦としての生活を強要したという主張は事実ではありません。

 

문 대통령, 오늘 위안부피해 할머니 청와대 초청 오찬(종합) | 연합뉴스

 

第四に、イ・ヨンス氏は、果たしてニホン軍慰安婦だったのか。

 

イ氏は証言集で「外に出て診断を受けた記憶はない。 サックということも知らなかった」と言うと「主人が赤みがかった強い606号の注射を打ってくれた。 治らなかったのに、男を受けなければならないので、あまり治らなかった。 そのため、注射を打ち続けながら軍人たちを受け入れた。 近くには病院も、保健所もなかった」と証言しています。(606号は米軍統治後の基地村などで使われた性病治療のクスリの名称)

 

ニホンが軍慰安所を運用したのは占領地の女性に対する強姦を防止し、民間売春店の利用による軍人の性病感染を予防することが重要な目的でした。 性病予防のためには、周期的な健康診断と性病検査は必須です。 「しかし診断を受けた記憶がなく、サックも知らなかったというイ氏の証言は、ニホン軍慰安所の実状とはかけ離れています。 しかも軍医ではないポン引きが性病治療剤である606号注射を打ってくれたことや、近くに病院や保健所もなかったという証言は、ニホン軍慰安所とは全く合致しません。

 

また、慰安所の規定には、慰安婦が、性病にかかる場合、必ず隔離治療しなければならず、完治するまでは軍人を受けないようにしました。 もし、これに違反した場合、営業許可を取り消すほど厳しく管理していたことを記録からご確認いただけます。 事情がそうであるにもかかわらず、性病中にもニホン軍を受け続けたというイ氏の証言は、ニホン軍慰安所の実状と全く合致しません。

 

以上で提起したようにイ・ヨンス氏は果たして、慰安婦被害者法で定義したニホン軍慰安婦被害者に該当するか、ひいてはニホン軍の管理と統制を受けた慰安所で働いた日本軍慰安婦が合うかどうかさえ疑わざるを得ないです。

 

これに私たち慰安婦法廃止国民行動では下記のような事案について徹底した調査を要求します。

 

1.イ・ヨンス氏は日本軍によって強制動員されたのか?

2.イ・ヨンス氏は日本軍から性的虐待を受けたのか?

3.イ・ヨンス氏は、日本軍から慰安婦としての生活を強要されたのか?

4.イ・ヨンスさんは、果たして日本軍慰安婦だったのか。

5.イ・ヨンス氏はどのような要件を備えて'日本軍慰安婦被害者'に登録されたのか?

 

 

2021. 1. 11. 慰安婦法廃止国民行動

 

(ソウル/みそっち)
 

 

という感じで、証言には基地村でしか知りえない内容が含まれているのでニホン軍と関係無くなったあとになっても職業的売春婦をしていたということは確かなようです。まぁ韓国人の国民感情的にはこうした証言の信ぴょう性なんてものはどうでもいいことのようで、「たくさん集めた偽慰安婦のうちのひとりが嘘つきだった」という程度のことにすぎないわけです。そいじゃぁ全部をウソ発見器にかけてみようなんて言い出すとそっちが攻撃対象になりますから賢く生きるためには気にしないのがイイんですね。

なにしろニホン人が思っているより2000倍もウソが横行している社会ですからね。