minaQのつぶやき 네토미나

慰安婦像の首が落ちる日を待っていてくださいな

原子力研究院の内部資料は影響些少

 

政府の立場と違う報告書の懲戒処分に反発

福島汚染水「韓国影響は微々たるもの」報告書を書いた原子力研究員
政府の立場に反するという理由で行われた明白な標的懲戒、学界「学術自律性侵害」

 

 

イメージ 1
[NEWSミーナ]韓国原子力研究院が「日本の福島原発汚染水の韓国への影響は微々たるものだ」という報告書を作成した博士級研究員に「警告」の処分を下し、論争が起きている。
表面的には内部手続きに違反し、部長の承認なしに研究院の内部資料を流出させたという理由だが、韓国原子力学会と全国科学技術研究専門労働組合韓国原子力研究院支部は「今回の懲戒は政府の立場に反する報告書を作成したためで、明白な学術活動の自律性を侵害している」として反発している。

 

問題となったのは今年4月26日に韓国原子力学会が公開した報告書だ。 報告書は原子力研究院のファン博士が昨年8月に作成したもので、「福島原発汚染処理水処分による韓国国民の放射線影響」というタイトルだ。 この報告書には「福島原発汚染水による放射線影響は韓国には些細だ」という内容が盛り込まれた。 汚染水の放流が日本の情報公開不足で危険度も予測できないという政府の立場とは異なる内容だった。

原子力研究院は5月24日、ファン博士を懲戒委員会に付託した。 部署長の承認なしに報告書を作成し、政府が発表した報道資料の内容と相反するにもかかわらず、報告書が学会を通じて公開されたという理由だった。 懲戒委員会は今月7日、ファン博士にけん責処分を下したが、ファン博士には長官表彰の経歴があり、けん責処分は警告に軽減された。


しかし、こうした事実が明らかになると、学界からは「今回の懲戒手続きは極めて異例だ」という批判が出ている。 原子力学会も、14日から会員約5000人に対し、ファン博士に対する研究院側の警告処分に対する抗議署名を受けている。 「政府の立場に反するという理由で行われた明白な標的懲戒であり、学術活動の自律性を重大に侵害する行為だ」という理由からだ。 原子力研究院労組も「報告書の内容が政府の内容と一致していたとすれば懲戒処分にしただろうか」と批判した。

これに対し、原子力研究院は「放射能には何の問題もないという資料が発表されれば、社会への影響が予見された状況で、部署長の承認なしに流出したのは手続き違反だ」と指摘した。

 

(翻訳/みそっち)

 

 

これはもうそういうものですから処理水放出の影響は小さいっていう記事が一斉に消されちゃったのもそいうことです。処分があったってことは影響が小さいってことが事実って理解されているということにもなるようです。つまり韓国型延髄反射の典型例ですね。こういうのを上手く利用すると揚げ足取りのコメントのイイのが出てくるわけです

 

 

イメージ 2
キュイィ~ン