minaQのつぶやき 네토미나

慰安婦像の首が落ちる日を待っていてくださいな

韓国ワクチン接種完了率、OECD最下位

 

韓国は世界平均接種の完了率(15.3%)に及ばない

アワーワールドデータ8日の集計結果
韓国ようやく15%台に、ニュージーランド·オーストラリアが追い越す
OECD加盟国唯一、世界平均の下 専門家「ワクチン物量不足が根本的な原因」

 

 

イメージ 2[日曜ミーナ]韓国が8日現在、経済協力開発機構OECD)の38つの加盟国のうち、「新コロ」ワクチン接種の完了率が最も低いという集計結果が出た。

国際統計サイトのアワーワールド·データが8日掲載した集計によると、韓国の接種完了率は15%(疾病管理庁の8日0時基準発表と同じ)だ。 一方、先月末まで韓国より遅れていたニュージーランドとオーストラリアの接種完了率はそれぞれ16%、17.1%で、韓国を追い越した。
韓国のように接種を今年2月に開始した日本とコロンビアの接種完了率はそれぞれ32.9%、25%で、韓国との格差はさらに広がる。

このように韓国が接種完了率で最下位を記録したのは、ワクチン確保の失敗による不足が根本的な原因という指摘が出ている。 せめてニホンほどのワクチン確保が実現していれば全国民への接種が完了していただろうということだ。

また、アワーワールド·データ集計によると、韓国は同日まで世界平均接種の完了率(15.3%)に及ばない唯一のOECD国家でもある。 今年5月、OECDに加盟したコスタリカも16.7%だった。 OECD諸国の半分近くが接種完了率が50%を超えている。 これに先立ち、韓国はOECD加盟国の中で接種開始が最も遅く、現在1次接種率すら40.7%でOECD加盟国の中で下位圏(34位)だ。

多くの加盟国は1·2次接種率がともに上昇しているが、韓国は特に2次接種率が遅々として進んでいない状況だ。 高麗大九老病院感染内科のキム・ウジュ教授は「政府が公言したワクチン物量が相次いで適時に入ってこない点が根本的な原因であり、1次接種と2次接種の間隔を延ばすなど下の石を抜いて上の石に支える接種をした結果」と指摘した。

外信も、韓国の遅いワクチン接種の状況を伝えた。 先月28日、ニューヨーク·タイムズは韓国での接種予約が遅れたことを伝え、「韓国は初期ワクチン確保に積極的でなかった結果が最近悲惨なほど明らかになった」と皮肉った。 ガーディアンも先月29日「韓国が今年夏デルタ変異で冷や汗をかいている」とし「韓国政府は大流行初期、ウイルス拡散抑制に成功したと自ら祝ったが、十分なワクチン確保には失敗したという批判を受けている」と伝えた。

8日、ブルームバーグワクチントラッカーによると、最近1日平均の接種回数が日本は226万9209回であるのに対し、韓国は30万1333回と集計された。 韓国はワクチンさえ十分あれば1日100万回接種も可能な医療力量を備えているというのが専門家たちの意見だ。
先月22日、オーストラリアの接種完了率がOECD加盟国の中で最下位を記録すると、スコット·モリソン首相は国民に公開謝罪した。 シドニー·モーニング·ヘラルドなどによると、モリソン首相は「われわれは年初に期待していた目標を達成できなかった。 本当に申し訳ない」と述べた。 また、「ワクチンプログラムに対する責任は私が負い、私たちが経験する困難に対する責任も私が負う」と述べた。

韓国より接種完了率が1%ポイント高いニュージーランドは最近、地域社会での感染者が1件も報告されていないほど、コロナ19の状況が安定している。

 

(翻訳:みそっち)
 

 

これは分かりきっていたことですが、こうした事実がニホンでも知られるようになると朝日新聞などが急激に不機嫌になったりするのでとても分かりやすいですよね。

そしてワクチン確保はホントに無さそうなのです。アストラゼネカファイザーヤンセン、モデルナなどのワクチンのほかに新たなワクチン確保で動きがあるようです。

 

 

みな近況 お薬が倍量になって気持ち悪いのが2倍なのです そいうわけで不定期更新が続きそうです

 

 

イメージ 5
 
お酒をね薄めて飲んじゃうの