minaQのつぶやき 네토미나

反日不買運動を歓迎し嫌韓を正しく伝えます

韓国はいくつの分野でOECD1位だろう

 

ムンの韓国がOECD1位は事実でなかった

成長率、韓国を追い抜いた国が続々と明らかに
20カ国あまりはまだ発表もない でもOECDはそう言ったんでしょ?

 

イメージ 2
[日曜ミーナ]この1月、韓国のムン大統領が「韓国経済が昨年の経済協力開発機構(OECD)加盟諸国のうち最高成長率を達成した」と、大統領府の新年のあいさつで強調したが、事実でないことが明らかになって話題だ。韓国より良い成績を記録した国家が続々と現われているという。
 

f:id:ninoQ:20210307220736p:plain

▲ムン大統領は、新年の記者会見の最後に「今、私たちの経済はマクロ的には非常に良い」とし「2020年にOECDすべての国が多くがマイナス成長をしたが、韓国はまだ最もセーブして、いわゆる最上位圏の成長率を維持した」と述べた。

 

アイルランド中央統計局(CBS)は今月5日、昨年の実質国内総生産(GDP)増加率が3.4%と集計されたと発表した。 欧州諸国の中で最高の成績だ。 韓国(マイナス1.0%)より4.4ポイントも高い数値だ。 これに先立って、ほかのOECD加盟国のノルウェーも、韓国より善戦してマイナス0.8%の成長率を発表した。 ノルウェーは、人口10万人当たりコロナ19確診者数が、欧州でフィンランドの次に少ないなど、防疫措置のおかげだ。

37カ国のOECD加盟国のうち、昨年成長率を発表した国はまだ10カ国余りに過ぎない。どこよりも早く発表すれば誰でも暫定1位になれるという手法は韓国がよく使う手だ。

 

アイルランドがコロナ事態の中でも、昨年「びっくり成長」を記録したのは、外国人直接投資(FDI)誘導戦略のおかげだと、ウォールストリート·ジャーナル(WSJ)が報じている。 欧州で最も低いレベルの法人税率を基に、多国籍企業の本社を地道に誘致し、昨年のような危機的状況の中、税収さえもかえって増やすことができたという。

 

アイルランド法人税率(最高税率基準)は12.5%で、OECD平均の23.5%の半分ぐらいだ。 韓国(27.5%、地方税含む)よりもはるかに低い。

 

低い法人税率をベースに多国籍企業を誘致してきたアイルランドは、水準の高い品質管理と信頼度、熟練した労働力まで提供し、グローバル製造業のハブとしての位置を固めていると、同紙は説明した。

OECDは昨年12月、世界主要50カ国の今年の成長率を展望したが、韓国の見通しは2.8%の29位にとどまっている。

 

(ソウル/みそっち)

  


 

というようなことがあったわけなんですが、韓国人のなかには「発表した時点では1位だったのだから大統領の発言は事実である」と考えるひとモドキも多いみたいですよ。

このやり方で行けば、「発表する時点が上手くいけば事実をリードすることが出来る」ということに繋がっていきますね。もちろん自己基準で順位を作ってみたり、それぞれの国の事情を作り出すことでも国民の喜ぶ統計を発表することが出来ます。もちろん都合の悪い内容を知らせることをしなければ「どこよりも輝かしい未来」なんてものしか見えないという仕組みですよ。そういう国民のほとんどが市販薬の箱書きすら内容が理解できないという香ばしい現実さえも知らずに暮らしていくわけです。 ね

 

 

イメージ 2
 
おめめねむむ