minaQのつぶやき 네토미나

慰安婦像の首が落ちる日を待っていてくださいな

火葬場大乱 土葬も可 ナイロン袋使ってね

国民は火葬場を求めて全国をさまよう

土葬もイイけど、埋葬者の意思でナイロン遺体バッグで100年経っても腐らない
今年1月の改正「コロナ死亡者土葬可能」指針を2カ月隠した政府、火葬場大乱

 

最近コロナの死亡者が急増し、全国の火葬場が飽和状態に達する中、現行政府の葬儀管理指針上、埋葬も可能であることが分かった。 2020年からコロナの死亡者は火葬が原則(1000万ウォンの支援アリ)だったが、防疫当局は今年1月に葬儀指針を変えて埋葬できるようにした。 しかし防疫当局は、このような事実を2ヵ月間、国民に知らせなかった。 このため、埋葬を希望する遺族も火葬場を訪れ、全国をさまよった。 この過程で火葬場不足事態はさらに深刻化した。 防疫当局が変わった葬儀指針をきちんと案内せず、火葬場の大乱をあおり、国民に不便をもたらしたという指摘が出ている。

埋蔵が可能になったことは、25日、中央防疫対策本部(防大本)のブリーフィング過程で明らかになった。 「遺族の選択によってコロナ死亡者も埋葬できるのか」という記者団の質問に対し、防疫当局は「以前とは違って改正されたコロナ葬儀指針では埋葬を選択できるようにしている」と明らかにした。 実際、疾病管理庁は1月27日、「コロナ死亡者葬儀管理指針」を改正し、「コロナ死亡者は火葬が原則」という文言を「遺族の意思を尊重して葬儀支援を実施する」と変更した。 また疾病庁は改訂版指針の質疑応答で「コロナ死亡者を必ずしも火葬しなければならないのか」という質問に対し、「効果的な感染予防措置が取られるなら葬儀の方式と手続きは遺族の選択を尊重している」と答えた。

疾病庁がコロナ死亡者葬儀指針を改正することにしたのは昨年12月からだ。 遺体と接触すればコロナ感染の可能性があるという理由で、「先火葬、後葬儀」と規定された死亡者の葬儀は、遺族に苛酷すぎるという批判が提起されたことを受けたものだ。 政府は「死者の尊厳を維持し、遺族の哀悼を保障する」とし、1月27日の葬儀後、火葬が可能になるよう指針を改正した。 そして、当局は同指針に、「遺族が望めば、埋葬だけでなく自然葬も可能だ」という内容を盛り込んだ。 しかし防疫当局は、このような事実を報道資料やメディアへのブリーフィングなどを通じて知らせなかった。 国民がコロナ死亡者は無条件火葬しなければならないと知っているのもこのためだ。

 

これまで専門家の間ではコロナの死亡者を必ず火葬するようにした既存の葬儀指針が科学的根拠が足りないという指摘が絶えなかった。 専門家らは「ウイルスは主に飛沫を通じて伝播するが、死者は呼吸をしないため、飛沫による感染はほとんどない」「政府は科学的な葬儀指針を示すべきだ」と主張した。

コロナ流行初期の2020年3月、世界保健機関(WHO)は「遺体からコロナ感染が起きる可能性があるという証拠はない」とし、遺体を埋葬しても構わないというガイドラインを発表した。 米国疾病統制予防センター(CDC)も「コロナ感染の有無は埋葬と火葬の選択に何の影響も及ぼさない」とし、遺体の火葬の有無などを選択に任せた。

ただ、葬儀現場で実際に埋葬が活発に行われるかどうかについては、意見が分かれている。 まずコロナ死亡者の遺体をナイロン遺体のバッグに収拾するようにした葬儀指針はそのままだ。 死亡者の体液による感染可能性を完全に排除できないという理由のためだ。 このため「コロナ死亡者をビニールに入れてビニールで包んだ後、密封して土に埋めた場合、100年経っても腐らない」とし「原則的に埋葬してはいけないが、防疫当局ができないことをしろと言うことだ」と述べた。 また、コロナの死亡者を火葬してこそ政府が1000万ウォンの葬儀支援費を与える方針も従来通りなので、埋葬を選択する遺族は予想よりそれほど多くないという意見も出ている。

 

(ソウル:みそっち)
 

 

 

あのほら 鳥インフルエンザとか牛豚口蹄疫で生肉埋葬技術は世界最高水準だそうですから雨が降ると生の遺体から嫌なにおいのする水が出てきたりして、埋葬地の下流には当然

 

 

            f:id:ninoQ:20220326133713g:plain

 

 

 

       f:id:ninoQ:20220326133731g:plain