minaQのつぶやき 네토미나

つぶやき鬼奴 イイネ‼

安宿VSホームレス あなたはどっち?

水道トイレ共用、窓も無い1坪生活
 
 
[ソウルミーナ] 猛暑は、 "ない人々"にもっと厳しかった。 窓一つない1.5坪長屋では、気さく距離は扇風機がずっと暑い風を押し出していた。 下着姿の安宿の人々は陰を探して公園を歩き回った。 全国ほとんどの地域で猛暑特報が下された26日、ソウル中区と永登浦の安宿は特に暑くヌクヌクヘトダ。
 
イメージ 1
▲26日昼、ソウル中区の安宿イム(86)さんの部屋の温度が31度を超えている。 この日、ソウル昼の最高温度である32.3とほぼ似たような室内きた図だ。 このような案では、扇風機を回し見て暑い風だけ出てくるだけだ。
 
午後2時。 ソウル中区南大門路5街の安宿は、ラットの死んだように静かだった。 住民たちが、暑さを避けて周辺の公園に集まって出て行ったからだ。
 
イメージ 3今回撮影に協力してくれた長屋は、文字通り蒸し器だった。 一人が横になることも大変な小さな部屋には窓ひとつなく四方が詰まって風一点入らなかった。 室内の温度は33度もした。 この日、ソウルの昼の最高気温がそのまま長屋に入ってきてトァリを作っていた。 住民のイム(86)さんは脳卒中で二回も倒れた患者だ。 彼は "挙動が不便外に出て涼しい風、一度スェジず住んでいる。"と語った。
永登浦区ヨウンドゥンポドン一帯の安宿の人々は列車が通る高架橋下が避暑地だ。 ここ長屋はスレート屋根が吐き出す輻射熱のために部屋の温度が35度に達した。 住民のファン(67)は "太陽の光が降り当てる案が蒸し器になる"としながら "朝7時に家から出て歩き回って夜11時やになってようやく帰宅する。"と打ち明けた。
安宿の真夏は昼より夜がより苦痛である。 昼間はその上にコンクリートの壁熱を吸収して外部との温度が似ていますが、壁から熱が発散している夜は、まさに不玉である。 南大門地域相談センターの関係者は "暑さのために南大門の安宿の人々は夜7〜8時頃眠りに入って、午前2〜3ば起こる"としながら "それさえも南大門の安宿は山があり良い方だが、街の中心の他の安宿はさらに劣悪である。"と伝えた。
 
 
イメージ 4エネルギー市民連帯は、昨年7〜8月のソウル·高陽·順天などの球根9つの都市の貧困層132世帯を訪問調査した結果、半数以上の68世帯の日中の室温が30度を超えた。 外よりも気温が高い家具も23ヶ所(17%)いた。
これらをいじめるのは暑さだけではなかった。 上がる家賃は暑さよりも怖かった。 南大門の安宿の家賃は、5年前より7万〜9万ウォンも上がって一ヶ月に24万ウォンを支払わなければならない。 猛暑で工事現場荒仕事がくれたのも恐ろしい。 住民アン容疑者(59)さんは "暑い日は工事現場でも仕事をできなくする"としながら "一日儲けて一日生きる私たちにはそれがもっと怖い。"と語った。
 
 
外は直火で中はふっくらなぁ~~んだ
 
ソウルドンウイドン·永登浦の安宿行ってみたら...
 
イメージ 2
  ▲安宿に住むキム氏(56)は自炊もする、ご飯を炊きあとはキムチがあればそれでいいからだ
こんな生活でも家賃と電気代は待ってくれない、30年前に別れた奥さんには現在17歳になる娘がいる
 
 
イメージ 5[ソウルミーナ] 1坪余りの上の部屋の日差しそのままネリチェニ扇風機の風さえフトプジグン施している冬よりも暑さ·病気を避ける大変な夏過ごしが手に負えなく "一坪ナムジトイン家の中は蒸し器なので、お湯は分かるが、毎日このように出ている。"
 
焼け付くより上二日続き、ソウルに猛暑注意報が降った26日の午後。ソウルの昼の気温が32度まで上がった時、​​ソウル鍾路区ドンウイドン安宿近くのLシネマ劇場は住民たちで押し寄せた。
 
 
丈夫な大人の男性も日差しの下に立っているめまいがするほどの天気に映画館の建物の側面の陰を見つけた住民たちはアスファルトの道路でふいて出てくる熱気に疲れた表情だった。日陰で会ったイジョンボク(72)さんは、基礎生活受給費30万ウォンとした月をやっと生きている安宿の住民である。李さんイメージ 6は一ヶ月14万ウォンを出して買う1坪余りの部屋は夏になるとそれこそ "蒸し器"である。安宿の3階建ての建物の頂上に位置し、李氏の部屋は夏になると直​​射日光に直接さらされて扇風機の風さえフドプジグンた。李さんは "夏になると一日中扇風機を回しおかなければなら耐えることができている"と、 "今日のように暑い日には近くの映画館周辺で通る人々を見るのが日課"と述べた。
この季節になると熱中症での急死が増えるが救急車は呼んでもやってこないし見かけなくなると部屋で死んでいるのが多くなる、せめて部屋の外で死ねばイイが隣の部屋の時など1ヶ月も帰れなかった。
ドンウイドン安宿街は閑散としている。普段500人余りが生活している安宿は夏の常駐人員が150人ナムジトマン残っている。疲れた表情で1mにもならないの安宿道に座り込んでずっと煽っていた住民キム某さん(60)氏は、 "冬は布団を覆うか、または密かに暖房器具をつければそれさえもましだが、今日のような日​​の暑さを避ける方法がない"とし "年齢多くのお年寄りや病気の人は初めから動く思いもよらなかっ内心配になる "と舌打ちした。
 
 
イメージ 7住民の3分の1日程度が基礎生活受給者であるこちらの安宿は、夏になると救援の手が切実だ。
ここの安宿を運営するための救世軍を維持財団のイファスン所長は "区役所からの安宿予算は300万ウォンだが、住民の文化生活費をカバーすると、夏場の人々に支援のお金が不足している"と話した。
それでも利用者たちに与えることができるのは、最近ソウル市で支援した350㎖ウォンアリス1,500本程度。この所長は、 "財団からのミネラルウォーターを凍らせて、今日のような暑い日の昼食時に住民たちに配るのが全部"と伝えた。
 
同じ時刻、ソウル永登浦の安宿建物も事情は同じだった。
暑さに湿ったオーラが感じられる建物の中は空っぽていた。 永登浦の安宿の住民チャモロ(71)さんは "30年の間ここで暮らしたがこのように暑い日は初めて"と "行くところもなくてファンの前にじっとしていなくてはなら方法があるのか​​"と顔をしかめた。暗い部屋の中で扇風機の風を受けて静かに座っていた安宿の住民である金某(50)さんも "30年住んでいるが都心の真ん中に家があったので開くので、はるかに暑いようだ"と話した。安宿の住民たちは一様に冬よりも夏過ごしが怖いと口をそろえる。冬にはそれさえも、区役所やボランティア団体からたくさん助けてくれる方だが、夏には大きな対策がなく、年齢のお年寄りたちの健康が心配になるというのが住民たちの説明。
永登浦の安宿の中にある無料の診療所ジョセフ医院の関係者は "冬場の環境よりも劣悪なのが安宿の住人とし普段より診療所を訪れる人々が5倍以上増えた"とし、 "安宿の住民たちは、生活環境が衛生的ではなく、食生活もバランスが取れていないので、夏の病気に影響を受けやすくする"と述べた。
 
(翻訳:みそっち)


 
えーと 一坪なお住まいのある方々は夏が大変なんですね、完全にホームレスになっちゃうと駅地下とかの縄張り争いを乗り越えれば夏場はエアコンが効いていてすごしやすいようです
 
去年のホームレス事情
 
 
ソウル駅に集まるホームレスら、浸水被害でもうちょっと滞在延長
 
 
 
\¤\᡼\¸ 1
▲何と彼らの多くが裸足、でも心配はいらない、何よりも貴重品な靴は抱いて寝るのがソウル紳士だ。
 
 
8月から、ソウル市とコレイルがソウル駅のホームレスの人々を強制退去させている。
ソウル駅の内外で生活するホームレスは300人余り。
コレイル側は、退去の理由について、"ホームレスの物乞いや騒音で苦情が続いており、駅のイメージ改善のために仕方がない"と説明している。
 
 
\¤\᡼\¸ 2
裸足の浮浪者inソウル、昨年のピューリッツアー賞の末席に出てきたりしそうな、遠近感あふれるモノトーンで統一された色調も美しい一枚 案外韓国人カメラマンの腕前はあなどれない 使用機材CanonD1


 
ホームレスたちは、お昼には、歴史の周辺に集まって座り、酒を飲んだり酔ってつまずく場合が多い。
ソウル駅を訪れたお客様に物乞いをする人々も時々ある。
  
ソウルオリンピックで整備された地下駅もいまではホームレスの溜まり場になっている
 
忙しく行き交う人々の中に倒れたように横になって寝る姿も、通常見ることができる。
特に、人影が少ない夜間にはホームレスが駅内を"占領"したも同然である。
 
\¤\᡼\¸ 3
▲比較的新しい靴の様子をみると最近配給されたものらしい、サイズの大小は足が合わせるのが基本だ
 
 
最近のように蒸し暑い夏の夜にはソウルの駅舎よりも外が涼しくなって、ソウル駅周辺駐車場の軒の下で一列で横になって睡眠を求めるホームレスの人々も多い。
ホームレスの人々と一部の市民団体は、ホームレスの強制退去に懸念を示している。
ソウル駅相談所のイエシン(63)社会福祉士は、"多くの野宿者は、憩いの場として行くことを気にするのにこれといって現実的な代案もなく、追い出すのが能ではない。
追い出しさえすれば、もう一つのソウル駅のような空間を探して野宿するしかないだろう"と語った。


 
\¤\᡼\¸ 4
▲ソウルの地下駅ではこのような風景が日常的にみられる
 
\¤\᡼\¸ 5
▲ホームレスには女性のすがたも見られた、就業相談をしているが行き先はもちろん※※※だ
 
ダンボール一枚で喧嘩がおきることもある、残りのかれらは見物人として傍観するばかり、止めることなど無い、どちらかが負けて出て行けばその分広くなるからね
 
▲小奇麗なシャツを着た"新参者"に地元ボランティアが注意をしている、家財一式の入ったザックはその日のうちに盗まれるし、履物への配慮のない彼はこのあと裸足で過ごすことになる ソウルの声
 
▲ホームレス3人が集まれば必ず言い争いがはじまる、ネタは兵隊時代のことになるが"物騒な韓国とキタ朝鮮"でさえ最近60年も戦争をしていないので"お手柄話"などは全部ウソで塗り固めてある、しかも彼らの多くは戦後生まれの60代というから驚きだ  朝日報
 
▲この姿では働き口さえ無い、金も無い彼らの最大の悩みは"これから来る冬"のための衣料集めだ
  
▲韓国ドラマに良く出てくる"ホームレスになった父との再会・・・"、20年前に家を出て行ったきりの父親
その父の目下の最大の課題は"今何を食べるか"、お金ないんだけどね
 
 
 
ゴミ箱と浮浪者inソウル、昨年のピューリッツアー賞の末席に出てきたような秀逸な写真だ、遠近をシャープに捉えた緊迫感あふれる力作、壁に映る心象風景も絶妙に配されている  使用機材CanonD1