minaQのつぶやき 네토미나

慰安婦像の首が落ちる日を待っていてくださいな

韓国国民年金が海外での運用で...

 
 
 
1.外資源開発の投資で数百兆ウォン規模の大損してるの知ってるよね
2.国民年金がお金を海外で運用してるのって聞いたことある?
 
注:どちらも韓国のハナシです
 
 
 
 
 
国民年金が”欧州最高富裕層地域のショッピングモール買い入れた " という悲しいハナシ
 

イメージ 1[今日のミーナ]2010年に国民年金は、フランスのパリ北部郊外に位置するO'PARINORショッピングセンターの株式51%を3,500億ウォンで買収した。 ※o'parinor shopping centre
 
国民年金は、O'PARINORが「ヨーロッパで最も富裕層のショッピングセンター」と宣伝し、マスコミも国民年金のフランスの投資を大々的に報道した。
 
しかし、ニュース打破は現地で確認してみるとO'PARINORショッピングセンターが位置した地域は、欧州連合内の最高富裕層村とは距離が離れた主に庶民住宅地、犯罪多発地域であった。ここの不動産投資価値もファリーナ南衛星都市の地域に比べ落ちるところだった。
 
 
 
イメージ 2

▲フランス·パリ郊外にあるO'PARINORショッピングセンター
 
パリの不動産業者は、ニュース打破取材陣にO'PARINORがあるオールレス·ボア地域内の60%以上が、1920年代から60年代の間に建てられた老朽化した庶民の賃貸マンションで構成されていると説明した。また、地域のイメージが良くなくパリの人々が買い物のために訪れる場所ではないと伝えた。
 
しかし、国民年金は、2011年にこのようなO'PARINORモールの株式24%を1億600万ユーロ、私たちのお金で1,600億ウォンを与え、追加で仕入れて保有株を75%に増やした。
 
 
監査院「不適​​正投資」指摘にも3万ユーロの追加投資
 
さらに、大規模な改修のための追加3,000万ユーロを投入したことがニュース打破の取材で確認された。国民年金側のO'PARINORの資産価値を高めるための正常な投資であると明らかにした。
しかし、監査院は、2011年の国民年金のO'PARINORショッピングセンターの投資が不適正であると通知した。O'PARINORの買取価格を考慮すると、名目投資収益率が国民年金の海外不動産投資基準である6.7%下回ったなのに、委託運用会社である英国系不動産投資会社ロックスプリングが提示した収益率9.8%のみを根拠に投資を強行したという指摘だった。
 
 
WSJ、「ハンマーソンは、低収量の資産処分したもの」
 
ウォールストリート·ジャーナルによれば、O'PARINORの大株主だった英国系の不動産会社ハンマーソンは、国民年金に株式を売却したことをめぐり、「5%台の低い収益しか出ない不動産を売却し、高い収益を出す資産に再投資した例」と報道した。
 
ニュース打破は、国民年金のO'PARINOR投資が収益性と妥当性を満たす投資だったのかを確認するために、賃貸収入等についてのお問い合わせましたが、国民年金は「委託運用会社との秘密保持契約」のために公開することができないと続け回答を拒否した。
ハンマーソン株式:2012年税引前利益 '0'、2013年は3億ウォンに過ぎない
しかし、公共機関、国民年金が公開を拒否する運用収益をO'PARINOR株式25%をまだ保有している民間企業のハンマーソンは、年間の会計報告書を通じ公示している。
 
イメージ 3
순 임대수익 세전 이익 세전 손실 純賃貸収益 税前利益 税前損失
 
▲イギリス・ハンマーソンが公開した運用収益
 
25%の株式を保有するハンマーソンの昨年のO'PARINOR賃貸収入は、460万ポンドであり、税引前利益はわずか20万ポンド(約3億4,000万ウォン)と記録された。国民年金の株式がハンマーソンの3倍(75%)であることを勘案すれば、単純に計算して表示するときに、国民年金がO'PARINORから去年受け取った税引前利益は10億ウォン程度と推算される。
 
これは5,000億ウォン以上の投資を考慮した場合にはかなりみすぼらしい成果として見ることがしかない。
 
ICIJが入手したルクセンブルク税務当局と会計法PwCの事前課税協定文書を見ると、国民年金は、委託運用会社であるロックスプリングと「NPS不動産プロジェクト合資会社」を作成した後、これを介してO'PARINORショッピングセンターに投資したことが分かる。
国民年金は、投資資金を出してロックスプリングとは、ゼネラルパートナー(GP)、すなわち無限責任パートナーとして、実際の投資と運用を担当する役割である。
 
国民年金とロックスプリングは、この合弁会社を通じてのO'PARINOR投資前にすでに英国の不動産2箇所を購入している。以来、ロックスプリングは、国民年金から10億ドル規模の投資裁量権も委任された。
 
去る1月、欧州の不動産投資専門誌であるPIEはロックスプリングが国民年金の英国内投資についての独占契約権を持っていると報道した。国民年金が委託運用会社であるGPに過度に依存することなのではないかという疑問を持つようにする部分である。
実際の監査院が不良投資と指摘した国民年金のO'PARINOR投資もロックスプリングの過度に楽観的な収益率の見通しに基づいて行われた。
 
 
委託運用会社「O'PARINORショッピングモールを担保に2億ユーロの融資」...国民年金は、口を閉じ
 
さらにニュース打破は取材の過程で、国民年金がO'PARINOR株式取得後、巨額の融資を受けた事実も確認した。ロックスプリングが2011年に出したプレスリリースによると、O'PARINORを担保に2億1,900万ユーロ、当時のレートで2千億ウォン台の融資を受けたことが分かった。
 
 
イメージ 4

▲2011年ロックスプリングが出したプレスリリース
 
 
数百兆ウォン規模の資金を運用する国民年金があえて利息まで支給して、銀行の融資を受けたのだが、その理由と貸付金の用途は知られていない。さらに国内では、巨額の融資の事実も全く公開されていない。
 
ニュース打破は、国民年金側に融資を受けた理由と目的について尋ねたが、国民年金は、相変わらず委託運用会社との秘密契約を理由に回答を拒否した。委託運用会社は、プレスリリースまで出し、海外メディアにも報道された事案であるが、国民年金からは言うことができないということだ。
 
国民年金の所有者である私たち国民だけ国民年金が海外でどのように投資されているかについては全く分かっていない。疑問だらけの投資行動と過度の秘密主義が国民年金への信頼を自ら崩している。
 
 
 
(翻訳:みそっち)
 


 
年金ですから運用して利益を出さないとダメですよね、海外の資源開発なら原料を掘り出すところまでで、まだ利益が出ていないという韓国型の強弁にも”これからの期待”がありそうだと思わせたいんでしょうけど、現在絶賛営業中の”EU最大の富裕層の住むところにある大型ショッピングモール”ならば毎年利益が出ないのはダメじゃないですか。なんて野暮なことは言いません。
 
海外への投資ですから口約束だけじゃだめなので現ナマで取引するのでしょう、そういうお金は国民年金掛け金が日銭(ひぜに)で入ってくるから心配いりません。ところがこれまでに散々損失が出ているのでどうしても次の見せ金が足りなくなります。そこで”買ったばかりのショッピングモール”を担保にお金を借りるんですね。 これで国民向けには巨額の高配当に投資して”うふふ”ってわけですが実際には僅かな利益から借りたお金の利息を出さなきゃなりませんよね。これが完全な自転車操業ってわけです。
もちろんショッピングモールからものすごい利益でも出ればニコニコですがそんなのがあればスゴイわけで、結局イギリスの投資顧問会社に変なのを買わされて...。これもちがいますね。すでにイギリスの投資顧問会社を仲介したひとは巨額の報酬を受け取っているハズです。
 
 
5000億の国民年金原資が2%台の運用で困難な状況
 
 
イメージ 5[マネーミーナ]5,500億の国民の血税が入った国民年金公団のフランスのO'PARINORショッピングセンター投資の収益率が低調なことが確認された。
国民年金が委託運用会社との秘密契約などを理由に、投資成果の公開を拒否してきた中で、内部の投資基準に満たない「不適正」の投資をしたという懸念が現実のものに明らかになった。 2010年、国民年金「ヨーロッパの私の最高の富裕層のすむ郊外に位置する5,500億ウォン規模の超大型ショッピングモールを購入した」とフランスでの投資を大々的に宣伝した。以後、2011年までにO'PARINORの株式75%を買収するために5,000億ウォン以上を込めた、ショッピングセンター補修工事にも500億ウォンを追加投資した。 当時、国民年金は、レンタル料金96%と残りのリース期間6年のO'PARINORへの投資が、今後毎年8%以上の収益率と高い資産価値の上昇を達成するとして自信を持った。
 
イメージ 7
 
しかし、2011年、監査院が国民年金のO'PARINOR投資について「不適正」通知を下ろし市場の懸念が広がり始めた。国民年金が諮問機関からの投資収益率が間違って算定され、不良諮問を受けた監査の結果が出たからである。 監査院の監査結果によると、O'PARINOR国民年金の名目投資収益率は、適正な投資基準である6.7%にも満たないことが分かった。しかし、国民年金は、英国系委託運用会社であるロックスプリングが不動産買い入れ額を実際の買い入れ額よりも低く保持することで計算された収益率9.8%だけに基づく投資決定をしたものである。
 
正義党のパク·ウォンソク議員(国会企画財政委員会、予算決算特別委員会)が、国民年金から提出を受けた資料によると、このように、監査院が「不適正」と判断したO'PARINOR投資の実際の運用成果も低調ことが確認された。 ここ数か月間パク議員は、巨額が投入されてO'PARINOR運用成果について公開することを、国民年金に求めてきたが国民年金側は「共同投資家との情報の保護規定に基づき、「公開が不可能であると、完全に機密にしてきた。 しかし、O'PARINOR株式25%を保有している英国系不動産会社ハンマーソンの場合、賃貸収益等が含まれている財務諸表を毎年公示しているという事実が知られると、国民年金は、一歩遅れて配当現況を明らかにした。パク議員によると、昨年、国民年金がO'PARINOR投資に配当された金額は、韓国ウォンで100億ウォン(756万ユーロ)ほどであることが分かった。
 
これは、5,500億円近い投資総額の2%にも満たない凄惨な結果だ。 国民年金は、設備投資のように効果が発生する資本的支出などを反映すると、実際の配当率は3.8%達すると推定される釈明したが、これも委託運用会社であるロックスプリングが提示した収益率9.8%はもちろん、国民年金の内部の海外不動産投資基準である名目収益率6.7%にも非常に不足したレベルである。
このほかにも国民年金の海外不動産、インフラ投資の内訳がベールに包まれているという指摘だ。 国民年金は、2009年から現在まで、合計18件の海外不動産。インフラに投資しており、投資規模は、2010年には約5兆6000億ウォンで、今年7月現在15兆ウォンを超えた。
これと関連し、パク·ウォンソク議員は海外不動産·インフラストラクチャを売る内訳などを公開することを要求したが、国民年金は、海外不動産を所有している法人を公開していないか、または、個々の委託運用会社に支給した履歴も「共同投資家との情報の保護規定に基づき」その公開が不可能であると明らかにした。
 
再三の要求に国民年金は、不動産とインフラ投資先を確認することができないように、架空のプロジェクト名を送信したり、所有法人名を除いた建物の名称などを提出したことが確認された。 また、不動産。インフラ投資ガイド公開の要求については、「海外代替投資については、公団の投資戦略が記載された投資マニュアルとして、投資対象と基準などが記載されており、同資料が公開される場合、競合他社との公団の投資価格がそのまま現われるようになって投資及び売却に深刻な支障をきたす」と言って公開を拒否した。 パク議員は、「公共機関である国民年金が年金を納付する国民の台の機関である国会にも海外不動産。インフラ投資などの関連資料を透明に公開していないのは非常に不適切な処置」とし「国会が国民が納付した年金が国際基準に合わせて合法的に適切に投資されていることを確認することができなければならない」と主張した。
 
年金っていうのはやすやすと破綻させにくいものですが”韓国型海外投資”(韓国型国防予算)と考えた場合”窓口になる個人”がいてそのひとのために”高配当な物件”(高性能な武器)というカタログを作り上げ、国の予算から出てくるお金を引き出す役目をしているっと考えるとわかりやすいですね。
 
ところで利益の出てる海外資源開発投資っていうのが一件も無いんですが”利益が出て運用されている国民年金”のお金ってどれくらいあるんでしょうね。
 
共同投資家との情報の保護規定があるため破綻するその日まで運営状況はお知らせすることができません。ってかんじかな?
 
 
 
 
 
 
イメージ 6