minaQのつぶやき 네토미나

つぶやき鬼奴 イイネ‼

朝鮮人の銅像趣味めぐり


李承晩の銅像が紹介されていたよ

金正日銅像趣味も変だけどさ、韓国も相当変だよね


イメージ 5[ソウルミーナ]李承晩大統領在任中に建設された造形物・記念物は計16個、退任後に建設された造形物(銅像や石像)は、計10個だった。 李大統領在任中に建設された造形物の多く、退任後建設された銅像の一部が現在、所在が不明だったり、撤去されて、他の所に放置されていることが分かった。

イメージ 12011年3月、釜山富民洞臨時首都記念館 の前に建設された李承晩(イ・スンマン)大統領の銅像は、同年6月3日、誰かが投げつけたペイントに迎え、毀損された。
※臨時首都記念館:朝鮮戦争がはじまり釜山に逃げた李承晩政府が大統領官邸に使っていた
元々は慶尚南道の知事官舎で、もちろんニホン統治時代の建物

ペンキ襲撃後、毀損された銅像は撤去されて、2013年銅像があった場所には新しい造形物が建てられた。撤去された銅像が現在どこにいるかどうかを確認した結果、京畿道のある倉庫に保管されていた。


イメージ 2李承晩(イ・スンマン)大統領の退任後、最初に建てられた銅像は、1979年の除幕された仁荷大学 内の銅像である。 仁荷(インハ)大学內の音湖(ごう)近くに建てられたこの銅像は、1983年生徒たちによって強制撤去された。
 仁荷(インハ)大学:仁川の「仁」、ハワイの「荷」が名前の由来、李承晩が1952年に作った。   

銅像の、現所在地を確認するため、仁荷(インハ)大学前総長、学校及び財団関係者たちに聞いてみたが、これらの証言は分かれた。
仁荷(インハ)大学出身であり、'ウナムこの世万丈学会'初代会長を務めたキムヒョンテ氏は、'学校関係者らは(銅像の所在地を)知っても教えてくれないだろう。 (銅像が)どこにあるのか知られれば、一部の学生と教授たちが黙っていないはずはないから'と話した。

李承晩(イ・スンマン)大統領在任中に建設された造形物・記念物は、彼の号(ごう)の雩南(ウナム)または、彼の名前がついたものが多かった。 4・19革命以降、これらの多くは撤去されたり、その名称が変わった。
※4・19革命:1960年のハワイに逃げる直前に学生らがデモをしたもの、朴正煕よりも前の話

イメージ 3ソウル南山(ナムサン)公園やタプコル公園にあった李承晩(イ・スンマン)大統領の銅像は1960年4・19革命直後、撤去された。

それから48年後の2008年、ソウル明倫洞のある住宅広場から撤去された2つの銅像の一部が発見された。
2012年'銅像の所有権'訴訟で勝訴したホン某氏は、この銅像を持っていった。 現在、これらの所在はもちろん、銅像の行方もわからない状態だ。

イメージ 4◀1955年、南漢山城に建てられた'李承晩(イ・スンマン)大統領頌壽塔'は、元の席から撤去され、現在南漢山城の頂上付近に埋蔵されているものと推定される。
※80歳のお誕生日の記念に作ったもの 

1959年、ソウルのトゥッソム漢江公園建設された'ウナム頌德館'も撤去されたものと推定される。 その中に所藏されていた李大統領の半身像、顔面の左側面相も現在確認できない状態だ。


  道路にも名前を付けよう

ソウルと城南に立てていた道路である'ウナ陵路'は4・19革命以降に姿を消したが、2002年、ウナム路に還元された。 7年後の2009年、道路名住所が制定されたことで、'ホンルン路'に編入され、再び消えた。

釜山光復洞に位置していた'ウナム公園'はその名称が龍頭山公園に変わった(1966年)。



イメージ 6



イメージ 7


イメージ 8


イメージ 12


イメージ 9



イメージ 11


光化門通りの李舜臣像は1968年、世宗大王像は2009年に作られました。




イメージ 10

ノーベル賞銅像は台座しかないんですよ