minaQのつぶやき 네토미나

慰安婦像の首が落ちる日を待っていてくださいな

韓国国内の治療監護施設は不足中



'精神疾患殺人犯'年77人ずつ'監護所'から出ている

'施設の不足'及び'過密収容'から… 
殺人犯でも収容施設が足りないからどんどん出所させています。


 

イメージ 6
[ソウルミーナ] 韓国国内の治療監護施設の不足のせいで、殺人罪を犯しても治療監護所から釈放される収容者が一年77人もいることが確認されました。 

15日、国会法制司法委員会所属のパクジュミンあの民主党議員が法務部から提出された治療監護所の運営現況資料を見ると、治療監護所に収容されたが、仮出所処分を受けて監護所を出た人数は昨年393人で、前年の266人より47.7%(127人)増加した。 

特に、殺人罪を犯しても仮終了で収容所から釈放された人員は同期間27人から77人に3倍近く増えたという。  


仮終了人数が増えたのは、慢性的な治療監護施設の不足と過密収容現象が重ねて続いているためだ。 昨年治療監護所平均収容人数は1千116人(釜谷法務病院は除外)で、収容可能定員(900人)を24%超過したことがある。 

治療監護法によると、心身障害状態アルコールなどの薬物中毒状態で犯行し、再犯の危険性がある者に対して検事が請求すれば、裁判所は治療監護命令を下すことができる。 治療監護と刑が一緒に宣告された場合、治療監護が先に執行される。 そして治療監護期間は、刑の執行期間に含まれる。


(ソウル/みそっち)


  
 
治療監護期間は、刑の執行期間に含まれる>>>>ところが韓国ではここから出しちゃうと普通の刑務所行くわけじゃないのです。 そのまま家に帰しちゃうんですね。 
再犯の危険性がある者に対して検事が請求すれば、裁判所は治療監護命令を下す>>>再犯の危険性があるんですね。 それが満員だから家に帰しちゃうんです。

ええっ 帰しちゃうのです。 刑務所すっきりしますね 収容者数が減りますから見た目の犯罪者収監数が減ることは犯罪の少ない先進国のような気持ちになれますね。
んでも隣のおじさんが殺人犯だったなんてことがありそうです。 それどころか国会議員選挙の立候補者に殺人犯がいる国ですよ。 ところがそういう目でひとを見ちゃいけませんよね。 殺人犯だってム所から出てきたら働くところが必要でしょ。そんな時に履歴書に前科(賞罰)なんか書いてあっちゃどこも使ってくれません それでそういう記入欄を無くしちゃったし、保証人なんていうのを書かせちゃいけないことになったのです。 
そうやってお勤め(ム所)をしながら第二第三の殺人をしても韓国では死刑は執行されませんから衣食住が無償支給されることを望むひとが絶えません。

でもやっぱり時々はちょっと外の空気も吸いたいけど、働くのはイヤだし...そうやって戻ってくるのを再犯って言いますが そういう社会構造なんですよ。

一度そうなっちゃったらもう処罰の強化、死刑の実施なんて戻れないのです。

刑務所が狭くてたくさん押し込むと居住環境の悪化などで人権侵害問題になりがちですが、各部屋に定員より少なければ問題になりませんよね。  そういうわけで、韓国は刑務所での待遇がイイ国と言う評価を人権団体から貰っています。

 

◇ ◇ 


刑務所のめしから麦がなくなった
 
受刑者には好評、出所者たちは激怒
外国人受刑者には特別食を出すんだけどね
 

イメージ 6[ソースミーナ]罪を犯して刑務所に行くのをよく"豆ご飯を食べる"というのです。 しかし、今では白いご飯が食べれるんですが。
 
天安開放刑務所は忠誠の魂がこもった伝統の故障、忠清南道天安に位置している社会適応訓練センターとして、一般的な矯正施設とは異なる施設や処遇面で周壁、監視台がない開放施設で受刑者の自律と責任に基づいて、自治プログラムを実施している全国唯一のオープンキャンパスの施設です。
入所後、ステップカリキュラムを経て、多くの収容者が外部の企業で仕事をしており、社会生活体験館など各種の社会適応施設や様々な処遇プログラムや就職·創業教育を通じて出所後、安定した社会への復帰と積極的な雇用機会を付与するために、全職員が最善の努力を尽くしています。
  
今日の天安開放刑務所の昼休み、つくねとわさびキムチの汁、おかずに、ご飯と麦が混ざった混食ご飯です。
純米の飯は1年に5回程度お正月のような祝日のみ食べる特別食です。

 
イメージ 1
 
 
 ◀チョン某氏(45歳)/受刑者▶ 
 "特別な場合にのみ、米飯を食べるようになるんですよ。毎日のご飯で食べられると、とても幸せです"
 
しかし、これからは1年を通して、白米だけを食べるようになりました。
 2012年大麦買上げ制廃止に麦の価格が1kg当たり2千3百ウォンから2千1百ウォンへと一般米よりも高価になって、法務部が、4月からは100%で、白米だけ提供することに立法予告したからです。

 
イメージ 2
 
麦の買い上げ制がなくなったため麦を作る農家が減りむぎのほうが高くなってしまった。
 
 
いわゆる豆ご飯と呼ばれた受刑者の食事は、1986年に麦飯に置き換えられました。
そして2008年以降、穀物価格が引き続き上がると米と麦の比率は9対1まで変わったのです。
いよいよ大麦の価格があまりにも高価になり、まったく米飯に変えたものです。
おかずもご飯と一緒に高級化されました。 

イメージ 1

 
豆2、雑穀5、米3、とてもヘルシーな献立な様子が伺える、こうしてアゴを鍛えると韓国人特有のエラの張った下駄顔になることが知られている。
※雑穀はアワ・ヒエ・コーリャンなど(小鳥のえさみたいなの)

イメージ 2


麦5、米5、米はもちろん古古米である、こうした地道な米の消費が長期在庫を減らし下駄顔の発達を促した。

 
イメージ 3

 
最近まで麦2というのがお約束だったが下駄顔だけは遺伝子レベルでの治療が必要となる。

 
イメージ 4

 
もちろん米は古古米である、変色した米を白く見せるために漂白剤を入れて炊くらしい。
 
 
1960年代には、草や野菜中心の食事が多かったが、2000年代に入ってからは、甘酸っぱいのや豚肉の炒め物のような肉が含まれていたし、クリームスープとパンまで提供され、メニューが多様化しました。
 

 
イメージ 3
 
献立表をみるとほとんど同じものが毎回でてくる、金曜日はパンの日のようだ。 韓国では犯罪者のほとんどが生まれたときからキムチを食べ、犯罪を犯した当日にもキムチを食べていることがわかっている。
 
 
イメージ 4
 
1960年代の刑務所飯のようすを再現したもので伝統的な床食のようす、真ん中のおかずは見るだけだったという
 
 
イメージ 5
 
調理員も受刑者がすることになっている
 
 
 ◀ジョンビョンホン所長/天安開放刑務所▶ 
 「最近は、より多くの受刑者が望む肉、魚類などの高タンパク食品をより多く提供しています "
法務部は、米飯に起因する栄養の不均衡の問題が生じないよう、より多様な食事を開発することを説明しました。
 
 
 
 
(翻訳:みそっち)
 



下駄顔が改善されるのでしょうか?




イメージ 5

甘いもの食べたくない?