minaQのつぶやき 네토미나

反日不買運動を歓迎し嫌韓を正しく伝えます

受刑者は大量仮釈放へ

 

新コロ対策で受刑者970人余りを大量仮釈放

凶悪犯も仮釈放のニュースに市民の不安加重…防疫失敗の責任転嫁・犯罪露出の恐れ
16人の感染確定者も仮釈放、ここから出ていってどこかで隔離されなさい

 

 

イメージ 1

[ソウルミーナ]14日、法務部は、新コロに対応するためには矯正施設の過密収容を緩和する必要があると判断し、基底疾患者や高齢者ら約970人を早期仮釈放した。

 

仮釈放は刑期の1/3の期間を過ごした順に毎月月末に行われるが、今回の措置は今月末の仮釈放予定者を繰り上げて行なったものである。刑が軽減される大統領恩赦とは違い、仮釈放中の期間は刑期にカウントされる。

 

矯正施設の長は、前述した期間(刑期の1/3)が過ぎた受刑者に対しては、法務部令で定めるところにより、法務部仮釈放審査委員会に仮釈放資格審査を申請しなければならない(刑の執行と収容者の処遇に関する法律第121条第1項)。

仮釈放審査委員会は、受刑者の年齢、犯罪動機、罪名、刑期、更生成績、健康状態、仮釈放後の生計能力、生活環境、再犯の危険性、他に必要な事情を考慮して、仮釈放の資格かどうかを決定する。

仮釈放された者は、仮釈放期間中保護観察を受ける。ただし、仮釈放を許可した行政官庁が必要がないと認めたときは、この限りでない

 

今回の早期仮釈放は、ソウル東部拘置所発の集団感染の影響で決定された仮釈放で、無期・長期受刑者と性暴力事犯、飲酒運転事犯、児童虐待などを犯した受刑者は除外された。 

 

 ▲14日、ソウル東部拘置所から仮釈放される受刑者たち おそろいの手提げ袋に注目

 

一部では矯正施設内防疫失敗の責任を市民に転嫁したという声まで出ている。 市民と最も密接な犯罪は詐欺、窃盗などが代表的だからだ。

 

市民らは受刑者の仮釈放のニュースに不安を隠せずにいる。 社会的物議をかもして収監された人々が、罪の償いをする前に社会に復帰したためだ。仮釈放された受刑者らが、社会で新コロに感染した場合への不安も相次いでいる。 拡散を防ぐため、社会に出た受刑者らが感染源となる感染事例が出ることもありうるという。

 

地域の医療界と法曹界でも、政府の仮釈放の拡大に難色を示している。

医療界関係者は「新コロ確定判定を受けた受刑者16人が仮釈放されたのは防疫と何の相関関係があるのか」とし「すでに社会でも多くの統制が行われているのにあえて仮釈放を拡大し、市民の不安を加重させる必要はないと思う」と指摘した。

ある法曹界関係者は「仮釈放はいつもあった制度だが、現在のような時局に拡大する必要があったかは疑問」とし「隔離収容空間の確保という名分だけではやや行き過ぎた仮釈放の事例とみられる」と強調した。

 

 

(翻訳:みそっち)
 

 

 

まず驚きなのが、刑務所の所長がお仕事として仮釈放審査の申請しなきゃならないってところです。刑期の1/3が過ぎると、もうほとんど無条件で仮釈放されるのです。つまり刑期はいつでも1/3なんですね。 びっくりでしょ。

 

 

次にびっくりしたのは、みんな暖かそうな服を着ているってところです。ソウルは氷点下の気温ですが、薄着の季節に捕まったのがうっかりして氷点下の今頃に仮釈放されると着るものが夏装備のまま追い出されるなんてこともあるんですよ。

まぁ真夏にこんな格好で出所するのもヤダけどね

 

さて、仮釈放のひとがみんな同じ買い物バッグを持っていますね。このミドリイロの袋って見覚えがあるんです。

 

これは良心的兵役拒否者がまとめて仮釈放された時のようすです。おなじ手提げバッグ持ってるでしょ。

あれは ”差し入れバッグ” と呼ばれるもので、身の回りの品なんかを持ち込むときに使われるそうです。中身が見えるように透明な窓が付いているのが特徴です。

こればっかりはどこの通販サイトを見ても売ってないのですが、刑務所ではパンツやシャツは自費購入ですし、読みかけの本とか使いかけの箱ティッシュもお持ち帰りしますよ。たぶん支給される運動靴や運動着も新しいのが配られるからお持ち帰りなんでしょうね。

 

まぁ、囚人服はさすがに持って帰りたくないけどな

 

 

 

イメージ 6
 
鬼ころな日常