minaQのつぶやき 네토미나

慰安婦像の首が落ちる日を待っていてくださいな

バスやタクシーの運転手は前科者ばかり

 
バスタクシー凶悪犯罪前科者数百人が 毎日運転中

2018年バス・タクシーの運転手の特定の犯罪経歴通報現況入手
刑余者の再就職で性犯罪・薬物犯罪の割合が圧倒的に高く、
 
 
イメージ 1
[ソウルミーナ]輸送システムの公共性と国民の安全性が強調されている中で、バスやタクシー運輸従事者の凶悪犯罪を犯した前科者が昨年、数百人摘発されたという事実が時事ジャーナルの取材の結果明らかになった。
 
イメージ 1
摘発された前科者の犯罪の中には性犯罪や麻薬犯罪の割合が圧倒的に高かった。現行旅客自動車運輸事業法によると、バス・タクシー運転手など運輸従事者が殺人、強盗、性的暴行・わいせつ、児童と青少年の性的暴力、薬物服用など重罪を犯し禁錮以上の刑を受けた場合、地方自治団体が資格をキャンセルできるようになっている。
 
2012年8月に法が改正され、殺人・性犯罪・麻薬など重罪の前科者の運転資格取得制限期間が2年から20年に増えたが、重罪の前科者は、公共交通機関を堂々と運行している。 
 
 
2018年犯罪経歴615件摘発
 
交通安全公団は運輸従事者管理システムと警察庁電算連携により、犯罪歴を照会して、資格取り消しに該当する犯罪経歴がある場合は、各自治体に通知している。
時事ジャーナルが交通安全公団を通じて入手した「バス・タクシー運転手の特定の犯罪経歴通報現況」によると、2018年に犯罪経歴を通知した件数は615件に達した。
 
イメージ 2

このうち、タクシー運転手の通報件数は562件、バス運転手への通知件数は53件、であった。バス運転手の場合、麻薬犯罪が24件、特定強力犯罪処罰法に該当する犯罪の種類が13件、特定犯罪加重処罰法が16件であった。このうち、特定の強力犯罪は、殺人未遂1件、強姦致傷と傷害の3件、特別レイプ2件含まれた。 
 
タクシー運転手の前科者の中では性犯罪の割合が圧倒的に高かった。性暴力処罰法と児童青少年保護法違反の犯罪が全体の49.3%を占めた。このうち性暴行処罰法違反の犯罪の通報件数は228件(40.6%)であり、児童青少年保護法違反の通知は49件(8.7%)であった。
麻薬管理法前科者通知件数は103件(18.3%)、常習犯前の通知件数は12件(2.1%)であった。特定強力犯罪処罰法前科者に対する通知も57件10.1%を占め、特定の犯罪加重処罰法の犯罪通報件数は106件(18.9%)に達した。 
 
 
公共運輸従事者が免許を取得したときに徹底した検証が行われなければならない、しかし、採用プロセスで穴が開く場合が多い。免許を取り消す過程も同じだ。前科者の資格取り消し期間が長くかかるほど、その期間中に乗客が危険にさらされることもある。
ソウル特別市の議会交通委員会所属のオヒョンチャンあっちの民主党議員によると、2016年からソウル市の特定の犯罪経歴通知から30〜60日の間に運行をした場合は、合計17社で合計775日、61日〜1年の間に運行をした場合は、20社から合計2441日現れ、1年以上の運行をした場合も、7つの会社に合計3886日であることが分かった。個人タクシーの場合、通報後も35日の間に運行した運転者が摘発され、2ヶ月以上〜1年まで運行した場合も、合計6件(947日)であった。 
 
国民権益委員会は、2017年11月に運転資格取り消し処分の手続きを明確にしてキャンセルまでの期間を短縮することを国土交通省に勧告している。前科の事実が裁判所の裁判によって客観的に証明された場合には、事前の通知や、聴聞過程なし運転資格を迅速に解除する必要があるということである。 
 
 
請負タクシー・個人タクシー・代行運転は死角
 
もう一つの問題は、特定の犯罪経歴の通知のステータスが全体運輸従事者の前を示さないという点である。
 
イメージ 3
旅客自動車運輸事業法施行令が発効する前、2012年8月以前に凶悪犯罪を犯した場合には、前科を確認できないため、タクシー運転資格を取り消すことに法的根拠がない。法を遡及適用して資格を取り消すことができないからである。
 
 
現在摘発された件数も少なくないが、これは2012年8月以降に刑が確定した人である。2017年には、乗客を追いかけてお金が入ったバッグを盗んだタクシー運転手を警察が調査する過程で、過去特殊強盗強姦など12件の前科を持っていた事実が明るみになった。このタクシーの運転手は、2012年8月以前の前科であるため資格照会も問題なく、タクシーの運転をすることができた。
 
犯罪経歴照会死角地帯に置かれた請負タクシー問題もある。請負タクシーはタクシーの運転資格のない人にタクシーを貸して営業をするようにする違法運行形態で旅客自動車運輸事業法で厳格に禁止している。正式雇用関係を結んでいないため、就業者の個人情報が関係機関に通報されず、市民の安全を脅かす要素として指摘されてきた。2010年検挙された清州女性乗客連続殺人犯も請負タクシー運転手がタクシーを運行しながら殺人と性犯罪を犯したことが分かった。実際請負タクシー運営が摘発された事例も多い。昨年12月に釜山で請負タクシーを運営していたタクシー会社が摘発され、ソウル市も2008年請負運営事実が摘発された業者を昨年3月に退出している。 
 
個人タクシーの代行運転に関する問題も権益の上にによって提起された。個人タクシー運転手が病気などの理由で代行運転を任せる場合、代理運転者の犯罪経歴照会を義務化する改善案を用意して、代理運転の伝染病や薬を服用するかどうかを確認するように勧告したものである。これに対して権益位の関係者は、「国土部は一時的な代理運転の健康診断書の提出は、過度だという立場を明らかにした。現在までに、その部分は過度な規制の要素になるという立場を見せている」と述べた。 
 
 
執行猶予満了時の資格を解除する法令はない 
 
執行猶予期間が終わると、タクシー運転を再することができる制度的問題点も指摘される。現行旅客自動車運輸事業法は「執行猶予期間中にある者」をキャンセル対象として指定している。前科者の運転資格を取り消す物理期間が長くなる場合、執行猶予期間が満了することができ、以降は資格取り消しをすることができる法的根拠がなくなるだろう。 
 
イメージ 4
 
権益の上によると、運転資格取り消し対象者のうち、執行猶予期間中の前科者は、全体の77%を占めた。2014年8月から2017年6月までの特定の犯罪経歴通報状況を総合してみると、全体の462件のうち、禁錮以上の実刑は107件、執行猶予は355件を占めた。特に執行猶予期間中の前科者の運転資格取り消し処理期間は、2014〜17年の平均91.8であった。3ヶ月以上の堂々と運行をして通ったという話だ。2017年に入って処理期間が38.1日まで短縮されたが、処理される期間は、少なくとも2日から最大144日までかかった。
 
実際に処理が遅延されて免許が取り消される前に執行猶予期間が満了される状況が発生した。2016年10月から2017年6月までの運転資格取り消しの通知当時の執行猶予期間が満了した前科者は166人のうち41人に達した。 
 
このような理由から、権益位は「特定の犯罪者のタクシー運転資格取り消し処分遅延市民が2次犯罪にさらされる可能性が相当である」と指摘した。2017年8月に酔った女性の乗客に性犯罪を犯して実刑を宣告されたタクシーの運転手が、2016年にも女性の乗客をわいせつである裁判に渡したの事例があった。当時のタクシー運転手は懲役8月に執行猶予2年を宣告された執行猶予期間中のタクシー運転手として活動しながら、性犯罪を繰り返したことが分かった。
 

特に、性犯罪は執行猶予判決率が非常に高い犯罪だ。 また、国会法制司法委員会所属のソン·ギホンあっちの民主党議員によると、性犯罪者の執行猶予判決の割合は、2015年の27.4%から2018年には32.7%(6月基準)に増加した。 特に、児童·青少年性保護に関する法律違反1審裁判の執行猶予判決率は、15年の38.9%から18年は40.7%へと高まった。 タクシー運転手の前科の中で性犯罪前科の比重が最も高かったことを考慮すると、取り消し処分の過程で執行猶予期間が満了して資格を取り消すことができない性犯罪者が増えている可能性があるということだ。

 

 
権益委は2017年11月に「タクシー運転資格取り消し制度執行猶予宣告満了者を含むように制度を改善せよ」という内容の勧告を議決し、国土交通省に伝達した。また、執行猶予期間が満了した者の運転資格取り消し対象であることを明確にご案内して関連法を改正することを勧告した。これに対して、国土部の関係者は、「2018年3月31日各自治体に公文書で伝え執行猶予期間が満了した者の運転資格取り消し対象という点を伝えており、資格取り消しの手続きも迅速に行われるようしている」とし、「現在執行猶予の期限が切れた人を運輸従事資格取り消し規定に明示する内容の改正案が昨年11月に発議された状態だ。国民の安全が急がれる事案だから早く法案が通過することができるように努力する」という立場を明らかにした。 
 
 
(ソウル/みそっち)
 

刑余者がバスやタクシーのハンドルを握れなくなったのが2012年ですから、比較的最近のことで、それ以前は刑務所出たら再就職先はバスタクシー運転手というのがお決まりのコースだった頃もありました。その後、刑余者の生活権が見直されるとバスタクシーの運転手に前科者が増えることになります。さらに職業運転手の権利が守られるようになり、運転手が性犯罪をしても執行猶予が付き、それさえも前科にカウントされない韓国型スリーアウト方式が採用されています。
 
バスでもタクシーでも会社から給料をもらう運転手はいつでも募集しているけど人手不足が解消されない劣悪な雇用環境だと知られていますよね。
 
そして韓国にも個人タクシーの運転手がいますが、そっちは定員が決まっていて資格の取得がお金次第なのだそうです。
 
 
 
イメージ 5

なぁ~~んだ