minaQのつぶやき 네토미나

つぶやき鬼奴 イイネ‼

廃紙回収老人も雇用統計じゃ就業者に

 

廃紙拾いを老人雇用事業に算入 また雇用統計が増える

月20万ウォン支給で雇用に 廃紙回収に乗り出した老人は2年間で5倍
老人雇用事業に含む... ソウル市の決定に今年も政府予算32億入ります



イメージ 1

[ソウルミーナ]ソウル市道峰区放鶴洞に住むパクヒャンジャ(仮名・78)氏は今年初めから夫(86)とともに手押し車を集めて廃紙を拾いに通っている。 政府が支援する老人雇用事業のうち、廃紙回収事業があることに気付き、始めた。 道峰区では「ソンスーレ年配者事業団」と呼ぶ。 廃紙はキロ当たり40ウォンだ。 朴氏は「月に8万ウォン分(廃紙基準2000キロ)を拾ったら、国で20万ウォンを加えてくれる」「夫とともに月40万ウォンずつを受け取る」と話した。
 

f:id:ninoQ:20191220083102g:plain

政府が税金を投じて高齢者の雇用を増やしていることを受け、「廃紙回収」老人も大幅に増えていることが分かった。 これは政府の雇用統計に「就業者」として含まれる。 ソウルの場合、先月2017年に廃紙回収雇用参加老人は281人だったが、今年は11月まで1526人に5倍以上増えた。

 

同期間、この事業につぎ込まれた政府予算も5億7800万ウォンから31億8100万ウォンと6倍ほど増加した。

ソウル市の関係者は、「従来、廃紙を拾っていた高齢者を雇用統計に入れるために、所得を補填(ほてん)する目的で支援したものだ」と説明した。

しかし、廃紙回収を雇用と言って支援してみたら、朴さんのように支援金を受けるために出る人も増えたという分析が出ている。

道峰区で6年間、古物商を運営するチョンウゴン代表は「最近は表向きではさほど難しくて見えない老人らも、たびたび廃紙を売りに来ている」「政府で20万ウォンを補助してくれるからお小遣いでも稼げると出るようだ」と話した。

 

政府は全国の自治体を支援し、高齢者の雇用を大幅に増やしている。 この2017年5200億ウォンをかけて50万個を作り、来年には1兆2000億ウォンをかけて74万個を作る。 政府予算を受ける各自治体は、大韓老人会やシニアクラブのような事業遂行機関を通じて、雇用参加者を募集する。 この雇用の中には、廃紙回収も含まれる。 これらは「威風堂々エコ事業団」(ソウル市蘆原区)、「幸福馬車」(ソウル市江東区)、「希望グリーン資源」(京畿道安山市)、「ソン車」(京畿道安山市)、「クムスリ」(光州広域市)、「シニアリサイクル」(全羅北道全州市)、「モアモア古物商」(忠清北道忠州市)などの名前で活動する。

 

支援方式は自治体ごとに異なる。 光州広域市は一ヵ月基準10日以上廃紙を拾ったら、毎月20万ウォンを支援する。 ソウル広津区は一ヶ月に4万ウォン以上の廃紙を集めると一定時間働いたと見なして20万ウォンを与える。 松坡区は廃紙収集量によって少なくとも3万5000ウォンから最大18万ウォンまで差をつけて支援する。 予算は国費30%、市費と区費が各35%ずつ入る。

 

ソウル市が6月、各区の代表的古物商560社余りを対象に調査した結果、定期的に廃紙を取引する老人は2017年2425人から517人増えた2942人と把握された。 事業に参加している道峰区シニアクラブの関係者は、「これまで廃紙を拾わなかったが、事業を知って出てくる人が少なくない」とし、「毎日が回収できないため、破紙が周期的に出る工場から一定量だけを回収し、実際に行う支援金を充当するのだ」と述べた。 鍾路区のシニアクラブ関係者も、「従来は廃紙を拾わなかった高齢者も、支援金のため出る場合がある」と語った。

 

延世(ヨンセ)大学社会福祉学科のキム・ドンベ名誉教授は、「貧困老人が多い韓国社会で、老人の雇用を作ることは重要だが、危険で所得の低い廃紙回収を政府が雇用と掲げるのは望ましくない」とし、「むしろ既存の廃紙老人を教育し、他の良質の雇用に転換する努力が必要だ」と述べた。

保健福祉部の関係者は"政府が支援している働き口の類型が9000個が越えて細部的に覗き込むことができなかった」、「良質の雇用を提供することができるように努力する」と話した。

 

(ソウル/みそっち)

 


 

ということで、ソウルじゃどこにでもいる廃紙拾いのリアカーのおばあちゃんは雇用統計で「就業者」にカウントされちゃうってハナシです。

このあいだまでは貧困老人の小遣い稼ぎだったのにね。 ムン政権はこんなにしてまで雇用統計の数字操作に熱心なのです。 だってお金は税金から出すからイイんだもんね。

 

ちなみに、ソウルのゴミ収集や分別は大体ニホンと似ていますが、収集時間がニホンと違って、あんまり早いと区役所に苦情が来るのです。それはお年寄りの取り分が無くなっちゃうからなんです。

また、ゴミ出しはあんまり丁寧にゴミの分別をしません。空き瓶や空き缶をゴミ袋の中から拾い出すのは路上老人の役目だからなんですね。

 

そして、韓国人特有の縄張り意識がすごいんですよ。廃紙拾いに新規参入しようとすると、先住者が嫌がらせをします。嫌がらせをするよりゴミ拾いに行けばイイのに韓国人は嫌がらせのほうを優先するのです。そういう精神構造してるんですね。  結果はもちろん精神勝利ですけどね。

 

 

f:id:ninoQ:20191129161109g:plain

今日は3ころ