minaQのつぶやき 네토미나

つぶやき鬼奴 イイネ‼

韓国はコロナ犯罪天国

 

新コロは金になるニダ

冷え込む外食産業も恐喝犯罪はむしろ増加中、それにしてもカネだな

 

イメージ 1
[朝からミーナ]飲食店の経営者らを相手に、新種のコロナウイルス感染症(コロナ、19)の確定者と偽って金品を要求する事件が発生し、警察が捜査に乗り出した。

蔚山南部警察署が10日に発表したところによると、今月9日午前11時ごろ、南区のあるレストランに男性から電話がかかってきたという。この男性は「昨日食堂でご飯を食べたコロナ19確定者だが、話を付けよう」とし「他のところに知らせられたくないダロ」と金品を要求した。
 
「금품 요구」の画像検索結果

電話を受けたレストラン経営者のAさんが「昨日はレストランを開かなかった」と反論すると、この男性はすぐに電話を切った。 その後、同じ携帯電話番号で南区と中区にある3つのレストランにも似たような電話がかかってきたという。

通報を受けた警察は、容疑者が使用した携帯電話番号の名義者などを追跡している。

警察関係者は「類似の事例が発生する可能性があり、蔚山市民は格別に注意しなければならない」と呼びかけた。

 

(ソウル/みそっち)
 

 
というわけで、韓国の日常のネタがコロナ関連になってきたということですね。
もちろん無銭飲食で警察が来ると「コロナだぁ」と叫んで、警察が手出しできないなんてことが頻発しているのです。
 
 

コロナ19と関連して、検察が管理している事件が17日午前9時の基準で総279件で明らかになった。およそ1ヶ月前のコロナ感染拡大から見ると毎日10件以上のコロナ関連の事件が発生していることになる

 

最高検察庁によると、同日午前9時基準コロナ19関連検察管理事件は起訴22件、不起訴3件、検察の捜査中39件、警察指揮中215件の計279件である。

 

検察によると、最も多く起こった犯罪は、詐欺・マスク代金詐取事件で、この日までに合計131件確認された。

虚偽の事実を流布した事件(業務妨害など)が45件に続いて、保健用品を買いだめする売店の売り惜しみ(物価安定に関する法律違反)事件も43件が分かった。ここで、未認証マスクの販売、マスク密輸などの犯罪(薬事法関税法違反)も28件あり、確定患者や疑い者などの資料を流出した(個人情報保護法違反、公務上の秘密漏洩)犯罪も22件あると分かった。

 

確定患者接触の事実など虚偽の申告と疫学調査の過程で虚偽の陳述、隔離拒否(偽計公務執行妨害感染症法違反)事件は、10件と集計された。

 

コロナ19法理関連判例を見ると、虚偽事実の流布の場合、刑法に基づいて5年以下の懲役または1500万ウォン以下の罰金に処せられることがある。

過去メールス事態当時インターネット上の特定の病院にメールス患者が入院したという虚偽の事実を流布した疑いで起訴された被告人に、裁判所は、懲役6ヶ月に執行猶予2年を宣告した。

疫学調査業務を妨害した場合にも、刑法に基づいて5年以下の懲役または1000万ウォン以下の罰金に処せられることができる。

メールス事態の時メールスに感染したことがなく、バーレーンなどに出国したことが全くないにも保健所に虚偽の申告して担当公務員が出動するなど公務執行を妨害した疑いで起訴された被告人が懲役6ヶ月を宣告受けた。

品目許可を受けていない医薬部外品などを販売したり、販売目的の保存または陳列した場合には、5年以下の懲役または5000万ウォン以下の罰金に処せられる。また、申告をしなかったり、虚偽の申告をして物品を輸入、輸出、搬入した場合には、5年以下の懲役又は関税額の10倍と物品原価の高い金額以下の罰金に処される。