minaQのつぶやき 네토미나

つぶやき鬼奴 イイネ‼

新コロ診断キット"事前承認" ”真偽論争” 

 

国内向け政府発表を否定すること重大な外交欠礼である

直接外交ルートから「今朝、米国から書面で伝えてきた」今朝のハナシを一昨日?
企業は、米国FDAから今夜または明日の朝頃に聞くことになる。

 

 

イメージ 1

[話題のミーナ]外交部が28日、「国内の新コロ診断キットが米食品医薬品局(FDA)の "事前承認" を受けた」と発表した内容が ”真偽論争” に包まれると、「FDAの事前承認(pre-EUA)番号を受けた」と訂正に出た。

 

外交部は28日、報道資料を通じて「27日(現地時間)、韓国の新コロ診断キットメーカー3社の製品がFDA緊急使用の承認(EUA)手続き上の事前承認を獲得した」とし「その国産製品は、米国市場での販売が可能である」と述べた。

 

続いて「FDA事前承認が異例の早いうちに行われたのは、24日の韓米首脳通話でムン大統領がトランプ米大統領の要求に応じて、私たち国産の診断キットの支援の意思を表明しながら、FDAの承認手続きが必要であることを言及し、トランプ大統領がすぐに承認するように関心を持たせようとした後続措置の結果」と評価した。

これと関連し、外交部は、今回の韓国産の3つの診断キット製品のFDA事前承認が異例の早いうちに行われたと述べた。

 

しかし、外交部発表後の29日、これらの診断キットメーカーは、疑問を提起した。事前承認という概念が曖昧で、すでに米国の実験室標準認証である「リーア(CLIA)」を受けて輸出中なのに、これが米国市場に今すぐ販売が可能になったという発表が適切ではない指摘だ。一部の企業は、「EUAを申請したが、まだ米国からの結果を通知受けていない状況」とし「EUA事前承認を受けたという発表が何を意味するか分からない」という反応も見られた。


現在まで、FDAの公式ホームページの「新コロ診断キットEUA許可リスト」に韓国メーカー製品は一つもない状態だ。FDAのホームページの解説を見ると、EUAは、潜在的な緊急事態が予想される緊急事態や伝染病の危機期間に承認されていない医療対応策(medical countermeasures)を使用することを承認する措置だ。

新コロに対応するために、未承認の診断キットなどの医療機器がすぐに使用できるように、FDAが降る措置であるわけだ

 

外交部は「今朝、米国から書面で伝えてきた」「企業は、米国FDAから今夜または明日の朝頃に聞くことになる」としながら、国内3社の診断キット米FDAの承認は正しいとして、偽ニュースでないという内容の発表を行なった。

 

大統領府は17日にも「国内の診断キットをアラブ首長国連邦UAE)に輸出した」と広報したが、契約物品がキットの一部である輸送容器である点が明らかになって、嘘つき呼ばわりされたことがあり、その挽回のために再びウソをついたという指摘も出ている。

 

 

(翻訳/みそっち)
 
 

 

ご存知のようにアメリカと韓国には時差がありますから 、出来事の順番や手順、あるいは政府間の決定や共同声明に至るまで内容が違うことがよくあります。

そのたびに韓国政府は否定会見を開いて事態の収拾に努めますが、そのころには現地も夜が明けているので、相手国政府の公式発表次第では嘘吐き呼ばわりされることになります。

 

まさか、ハングルで発表した愚民向けの内容にいちいち反論するまともな国なんかあるわけがないと思っているのですね。

 

 

ちなみにコロナ経済危機打開次元で日韓通貨スワップも700億ドル規模でニホン側の承認を待っている。という与太話も上がってきています。もちろん朝新聞や共通信はこれを既定事実であるという報道方針です。同じ国内でも時差があるのは困りものですけどね。

 

 

f:id:ninoQ:20200330153404p:plain

https://www.fda.gov/medical-devices/emergency-situations-medical-devices/emergency-use-authorizations#covid19ivd

 

 

 

 

イメージ 4
 
鬼ころをケース買い