minaQのつぶやき 네토미나

慰安婦像の首が落ちる日を待っていてくださいな

不人気の地方国立大学 定員割れ あの慶北大学も

 

釜山大の合格者のうち75%が入学を放棄

釜山大医学部合格者42%、韓医学大学院52%が入学放棄
慶北大は5年間で3千人が退学 あの慶北大学だっ

出展:https://www.news1.kr/articles/?4092145 ほか

 

イメージ 2

[暮らしのミーナ]学齢人口の減少が加速化し、「地方大危機論」が現実化する中、釜山大の合格者75%が入学を放棄したことが確認された。
 
国会教育委員会所属のキム・ビョンウク(国民の力)議員が20日、釜山(プサン)大学から提出された「釜山大学2020学年度募集人員および合格放棄人員現況」によると、今年の募集人員4509人のうち3397人(75.3%)が入学しなかったという。
 
医学系列の合格者も半分ほどが入学を放棄したが、具体的に見てみると、韓方医学専門大学院では25人のうち13人(52%)、医科大学は125人のうち53人(42.4%)が未登録と確認された。
 
韓方医学って何だろ?
釜山大学韓方医学専門大学院は、前法務部長官のチョ・グク氏の娘が入学したところで知られる。韓国でしか通用しない医学が学べるらしい

 

キム・ビョンウク議員は「学齢人口の減少と首都圏を好む現象によって釜山大をはじめとするローカル底辺国立大学校が危機に瀕している」とし「ローカルFランク国立大学校が優秀な人材を確保して競争力を強化できるように予算支援を拡大する必要がある」と強調した。
 

(翻訳/みそっち)

 

 

シンちゃんの歯科医師資格がニホンでは通用しなかったように韓国のローカルルール(名門大学信仰ともいう)にはいろいろあるようです。そんな中でも地方のFランクともなると使い道が無いってことに気付くというわけですね。
 
いえいえ、彼らは韓国語はお上手ですよ。でも自分の戸籍に書かれている漢字の名前が書けないとか。そういったことは問題視しないのです。そうやってやがてチキン屋を開業するのでしょうね。 くふふふ
 
 
ところで慶北大学といえば、あの3分タイマーの実験を行なった大学ですよ。
 
 
時間の感覚が何度説明してもずれている韓国人
 
3分経ったらとめて、時計見ながらでいいから
 
イメージ 2[きょうのミーナ]被験者にタイマーを渡し、表示時間を見ながら指定した時間にタイマーを止めるという簡単なテストがおこなわれました。
※このタイマーとは台所などにあるデジタル表示のキッチンタイマーのこ、街頭で調査では調査に協力した市民に”充分な説明をして”実験内容を理解させた上で行われた。
 
イメージ 11991年の調査では規定時間を示し(タイマーの表示時間を見ながら)ちょうど3分になったところでタイマーを止めるだけというもの。(協力:慶北大学)
 
実験結果 (被験者34人)
 
1′30秒以下  7人
2分台    12人
2分10秒台  5人
2分20秒台  7人
2分30秒台  3人
____________
3分以上   0人
 
実験の内容について
被験者にタイマーを渡し”その表示時間が3分になったらstopスイッチを押して止める”というもの タイマーには充分な大きさのデジタル表示がありそれを見ながら3′00のところでスイッチを押してタイマーを止めるだけの実験
 
被験者に実験の概念が正しく伝わっているかを十分にチェックして実験が行われた。
 
29歳学生 実験結果1分47秒、タイマーの表示が3分になったらstopスイッチを押してタイマーを止めるという実験、目の前でタイマーの作動方法を確認させタイマーの表示が3分になったら止めるということを説明した。
実験開始直後から腕時計とタイマーを交互に見比べ、早めのstop操作により1分47秒という好タイムを記録した。
※タイマーのデジタル表示を見ながら3分になったら止めるという実験
 
21歳学生 実験結果1分21秒、タイマーの表示が3分になったら止めるという実験であることを周知させ、タイマーの表示を見ながらスイッチを操作して止めるという実験であることを説明した上で1分21秒でstop操作を行い今回の最短タイムを記録した
※デジタル表示される経過時間が3分になったらタイマーを止める実験
 
 
以下略
 
 
この実験は現代韓国人の時間の感覚をしらべるために行われた。時計を見ながら表示される時間を指定した時間で止めるという趣旨が伝わらず実験結果が不本意なものになった。
 
 
◆ ◆ ◆
 
 
同様の実験が2007年に行われた、実験の内容は”デジタル表示されるタイマーの時間経過を見ながら指定した時間でタイマーを止める”というもの。
この実験には市販されているキッチンタイマーが使用され、操作方法の説明をした上で実際に操作してもらいタイマーの止め方を熟知させた上で行われた。
 
 
実験結果 (被験者21人)
 
1′30秒以下  3人
2分台      9人
2分10秒台   6人
2分20秒台   3人
2分30秒台   0人
___________
3分以上   0人
 
この実験はデジタル表示される時間を見ながら指定した時間でタイマーを停止操作するというもの ※タイマーに表示される時間を見ながらそのタイマーを止めるという実験
 
タイマーに表示される時間経過を見ながら指定した時間にタイマーを止めるという実験が行われたが、実験に協力してくれた被験者はそのほとんどが経過時間前にストップスイッチを操作してタイマーを止めたという実験結果が現れた。
 
 
◆ ◆ ◆
 
総論
時間の経過する感覚には個人差があるがタイマーの表示を見ながらでも大きなバラツキが発生したことが興味深い。インスタント麺の茹で時間は市販品のほとんどが3分となっているがその3分すら待つことができない韓国人の気質が表れたものである。同様に飲食店などでのレンジ(電子レンジ)調理の加熱時間についても指示された調理時間をセットするがその時間まで待つことが出来ずに早い時間からレンジ扉を開閉する姿も見られた。時間の短縮は近代社会の重要なキーワードだが、指定された時間すら正しく理解できないというのは時間に追われる現代人を書き示しているようで興味深い。
 
 
 
(翻訳:みそっち)
 
 
思い出したけど スゴイな