minaQのつぶやき 네토미나

つぶやき鬼奴 イイネ‼

韓国の民間治療じゃガンには虫下しが効くってよ

 

韓国人タレント、駆虫剤でガンが悪化 明かす

去年からじわじわと話題になり販売量も急増した、ジステンバーとかに効くヤツ
国政監査に出てきたサボテンの粉や竹の子の酢も大人気の韓国型民間治療

 

イメージ 2

[暮らしのミーナ]肺がん治療のために犬の駆虫剤(ペンペンダーゾール)を服用して話題になったコメディアン兼歌手のキム・チョルミンさんが22日、国会の国政監査に登場して証言し話題だ。同日、国会で開かれた保健福祉委員会の保健福祉部に対する総合国政監査に、キムさんは参考人として参加し、代替療法の管理策を講じなければならないと促した。


キムさんは「韓国人は変な製品に惑わされやすく、がん患者は危険性について正確に知らないため、相談なしに個人的に"他人がよくなったなら自分もよくなる"と考え、服用しやすい」とし「専門的に相談に乗る医師がいてほしい」と強調した。 キム氏は、健康上の理由で録画映像として参加した。

 

f:id:ninoQ:20201025115158p:plain

 

 

これに先立ちキム氏は、犬駆虫剤の服用後に炎症数値が下がった など、好転中だと明らかにし、注目された。 しかし彼は現在、肺がん末期で闘病中だ。

キムさんは、海外ユーチューブの映像(但しハングルの解説付き)を中心に広がった犬の駆虫剤がガン治療に効果があるという説に、藁にもすがる思いで試みたという。 彼の挑戦に多くの人々が希望をかけて応援した。 しかし先月、彼は結局失敗し「效果がないという結論を下した」と明らかにした。

 

要するに、ウワサやデマに騙されやすい韓国人が犬の虫下しを飲んでガンを大きくしたということだ。

 

 

駆虫剤、サボテン、竹…「患者の藁」代替療法

この日の国政監査では毒ワクチンの対応でも大忙しのパク・ヌンフ保健福祉部長官が答弁し「代替療法を制度圏内に受け入れる必要がある」とキムさんの言葉に共感した。

パク長官は「がん患者が毎日相談をしたり(代替療法について)議論できる医療システムが必要だと思う。 どのように講じるべきかを深く検討する」と約束した。

 

また、国会保健福祉委員会所属のシン·ヒョンヨン民主党議員も「ペンペンダーゾールの場合も政府が科学的根拠が不足していると言ったが、これを服用する患者に対する管理を疎かにしたのも事実」とし「しかし、服用、副作用、判断がすべて患者たちの責任だった」と問題を指摘した。

つづけてシン議員は最近、がん患者の間で犬駆虫薬剤服用熱風が起きたのは2019年以降で、動物用・人体用駆虫剤の販売が急増したと明らかにした。

シン議員室が食品医薬品安全処から提出を受けた人体用駆虫剤の生産現況を見ると、2020年上半期だけで前年生産額を合わせたものより44.2%増加した108億ウォン規模だという。 アルベンダーゾールは48.1%、メベンダーゾールは111.7%、フルベンダーゾールは36.7%がそれぞれ増加した。※これらは韓国の薬局で売られている虫下し剤商品名

 

韓国では何にでも効く伝説級の駆虫剤

シン議員は「がんだけでなく鼻炎、糖尿病患者も駆虫剤を服用している状況で、正確な医学的情報伝達および正しい薬物利用に対する国家的努力が必要だ」とし「がん患者たちの代替療法に対する制度圏管理体系構築も急がれる」と話した。

がん患者は病院でも手の施しようがない状態で、最後の踏ん張り力を得るために代替療法を調べている。 これに対し、無条件に「代替療法は効果がない、してはいけない」という言葉よりは、効果と副作用を研究して検証してほしいという要求が相次いで出ている。

 

代表的に見ると、昨年から激しい駆虫剤ブームが起こったが、今年初めに国立がんセンター臨床試験の推進が「不可能」という結論を下した。 がんセンターは、「検討の結果、駆虫剤が抗がん効果があるという科学的根拠がなく、安全性も確保されていないため、倫理的·科学的に臨床試験が不可能だ」と説明していた。

国立がんセンターのキム・フンテ臨床試験センター長は「がん闘病患者の切迫した気持ちを理解できないわけではない」としながらも「彼らの心が分かるために臨床試験の可否を検討した」と慰めた。 しかし、患者の立場では依然として残念な気持ちだけが残る。

 

韓国の駆虫薬ブームは1970年代に当時の朴正煕大統領からの直接要請によりニホンの大手製薬会社が寄生虫駆除薬の処方を韓国側にもたらしたことではじまった。これにより感染率がほぼ100%だった韓国人の寄生虫感染率は1990年代には5%台まで下げることができた。

これ以降の韓国では駆虫薬信仰が高まり、日常的に服用する人も多く、「韓国でもっとも売れているがニホンでは売っていない市販薬」として知られている。

 

123924_l

f:id:ninoQ:20201025115546p:plain

 

K-popの韓国人アイドルが駆虫薬を愛用して話題になったのは2010年のYTNの記事だったようだ。(現在リンク切れ) 曰く「「少女時代」のメンバーで駆虫薬を飲みたくないメンバーは…」で検索すれば当時の記事を見ることができる。

 

 

(翻訳/みそっち)

 

 

というほのぼのとした内容ですね。まぁさすがに今でも虫下しが手放せないなんてことは無いんじゃないかと思ってましたが、「ガンに効く」っていうのはぶっ飛んでますね

 

 

 

再掲載

 

1960年代、ドイツ派遣された韓国人炭鉱夫は 何故か強制隔離
坑内への立ち入りも禁止 今もドイツで韓国人が蔑視されるわけ

 

イメージ 1
[健康ミーナ] 1960年代の人材輸出を基盤にした経済成長が喫緊の課題として浮上したが、寄生虫が障害になったことがある。 1966年、ある韓国外援団体協議会の会合に出席した人物は "韓国の人々は、寄生虫を養うために働いていること" と同じであり、"今までの米国食料援助を合わせても韓国人が、腹の中に飼っている寄生虫の被害は補償しないだろう" と発言した。 
 
1966年『ギョンハン新聞』記事には、寄生虫の撲滅の協会事務総長のイ・ジョンホは "40種の各種の寄生虫で韓国が直接・間接に受けた年間被害は驚くべき数字である。 回虫だけで一年間に約2千人が死亡して、十二指腸回虫に吸い込まれる血が毎日560ドラム。 年間約116億8千万CC、これによる労働生産能率の減少が金銭だけで毎年約4百80億ウォンになる。韓国が復興する道は、腹の寄生虫の撲滅から" であり、"治療費、労働力の低下など、これを問い詰めると年間およそ2千5百50億ウォンの被害を受けていることが明らかになった" という主張をしたりもした。 
 
1966年の大韓民国からの輸出総額は2億5千万ドルだった時代のハナシである。経済成長を第1目標に駆けつけていた韓国が、事実は、寄生虫に食べさせているという事実は、公然の羞恥心を抱かせた。



イメージ 1
 
 
ドイツへの炭鉱夫・看護師派遣は中断され、駐韓米軍は韓国産野菜を拒否
 
産業発展のために外貨獲得が切実だった時期に行われた西ドイツへの炭鉱夫と看護士派遣事業が寄生虫の感染によって取り消されかねなかった事件や、米8軍が韓国産野菜の使用を拒否したことなどは政府と大衆がともに回虫感染を国家的問題と認識させるに十分だった。 
そのうち、産業派遣軍の象徴と考えられていたドイツ派遣鉱夫が回虫に感染しているというニュースは多くの人々に深い印象を残した。 1960年代にはドイツ鉱山の人材需要が大きかった。 韓国観光部を通じて人材の不足を解決しようとするドイツの必要と人材の輸出を通じて、外貨獲得を狙った韓国の利害関係が合って '西ドイツ派遣の韓国観光部臨時雇用計画' が誕生した。
 
しかし派遣前の予想とは違って、鉱夫らの坑内投入は順調ではなかった。 寄生虫、特に回虫と、鉤虫(鉤虫)感染のためだった。 坑道内部は温度が高く、土壌が湿って寄生虫の卵が孵化し、残留しやすい環境だった。 外部に出にくい環境のため坑内で生理現象を解決したことも寄生虫の卵汚染を深める原因だった。 このため、坑内投入労働者の寄生虫感染管理は敏感な問題だった。 
 
ところが韓国から派遣された "鉱夫2百50人のうち80%以上が回虫保有者で、30%が鉤虫保有者と判明" になったのだ。 
 
派遣された鉱夫たちは森に隔離されて雑務をしながら "全員が本国に送還されるかもしれないという炭鉱当局の発表に焦燥感ばかりでなく、異郷の地で寄生虫の患者という名の下で心理的苦情も少なくなかった。"

寄生虫感染を理由にドイツは韓国観光部の二次派遣を停止させ、韓国政府に徹底した検診を要求した。

イメージ 6
▲1964年、ドイツで韓国人医師の李鍾秀(イ・ジョンス)が送ってきた現地の姿。
Fig.3.Photo sent from Germany by Korean doctor Lee Jong-Soo.
(『東亜(トンア)日報』、1964年6月5日。)
 
 
当時,ドイツで医学博士号を取得し,ドゥイスブルク市の病院で働いていた韓国人医師のイ·ジョンスは、現地の反応を生々しく伝えている。 
 
1964年4月17日、ドイツでその日の新聞には "韓国人は隔離されてロベルグの森で働いている"、"韓国人は全部寄生虫の患者" などのタイトルでスタートしたが、韓国の鉱員たちの鉤虫罹患について特筆大書"した。 
 
しかも "韓国で実施した身体検査表にはこのような疾患がないことになって"いたために、"炭鉱では韓国医療機関は信頼できないので、西ドイツ医療人を派遣し、今後、厳重な鉱夫たちの身体検査をやらせるという主張" もあった。 


これで腸内虫の感染は単に韓国内部の問題ではなく、対外的羞恥 であり問題点として台頭した。 
 
1965年『朝鮮日報』が "寄生虫も輸出したのか?" というタイトルの下 "韓国人に寄生虫が多いというのは広く知られた話だが、人材の輸出に加え、寄生虫を輸出した当局の西ドイツの派遣鉱夫に対する保健管理が恥をさらした"、国家的羞恥であることを改めて想起させたのも無理ではなかった。
 
以降、派遣は検査結果から寄生虫が発見された者の出国をキャンセルした。 
ドイツ派遣鉱夫、そしてこの場に志願した人々にとって寄生虫の感染は恥ずかしいことという認識が広がった。 さらに、些細な寄生虫のために人生の機会を逃すことになった人々は機会の剥奪と寄生虫感染という二重の羞恥心を感じなければならなかっただろう。 
※2010年まで欧米では韓国人に対して寄生虫感染既往歴と結核菌陰性を☑する記入欄があった
 
派遣された人たちが、寄生虫感染のために負う被害は絶えず非衛生的である故国に対する恥ずかしさを想起させた(李ヨンソク、2007:22)。 "医師の立会いの下で虫下しを食べなければならないが、この時に感じた恥を記憶" するようになりましたし、寄生虫感染が社会的機会の喪失につながる経験をした。 韓国人たちは "薬を食べる度に寄生虫を持ったという劣等意識で気後れしなければならなかった"(キムヨンチュル、2006:67)。
 
韓国の感染率の高い回虫率は、後進性を象徴する恥ずかしい記録となったが、これは先進国へと進むためのもう一つの壁となった。 "文化発達と寄生虫保有率は反比例する"、"先進国であればあるほど保有率は低くなる" だった。 "米国での街頭の薬局で、虫下しを求めるというのは、ほぼ不可能な現実であり、隣国のニホンの首都東京の人口の寄生虫保有率は0.5%に過ぎない" という事実を強調し、先進国、特に韓国人の羞恥心を刺激しうるニホンの事例を言及した。

韓国戦争後、韓国に駐留していた "米8軍では野菜を、韓国の市場で買わず航空便を利用して主にニホンから輸入していた"(ソジンタク、1992a:7)だった。 外貨不足が切実だった状況では大きな損失だった。※当時も米軍駐留費は韓国の負担
 
 1962年、国会会議で、農林部長官チャン・ヒョンスンは “韓国の土地が回虫が多いといって私たちから買わないのです。 米軍が食べることもない野菜を韓国の人々は食べていたし、この事実は購入拒否という形態で外部にそっくり公開されて羞恥の経験を抱かれた。

 
(ソウル/みそっち)
 

 
 
イメージ 4
 
イメージ 2
イメージ 3
 
鉱夫では坑内の寄生虫感染が問題になりましたが、感染率では看護婦として派遣されたオモニやアガシも一緒でした。こちらも現地に慣れるまでということで隔離治療を受けています。そのせいもあって当初予定された規模よりずいぶん少なく打ち切られたのが派遣看護婦事業でした。
 
 
炭鉱夫ばかりじゃなくて鉄鉱石なんですけどね。さて、1960年代に西ドイツ(当時)に派遣された鉱夫や看護婦の稼ぎっていうのは国がピンハネするわけじゃなくてちゃんと自分の家に送金することで外貨が韓国にやってくるというものです。
その働きがあったので、韓国の経済発展に何たらという説明もよくありますよね。
 
 
んでもその実態は、現地では厄介者扱いされていたんです。彼らがどのような衛生観念を持っていたのかは当時の記録にも残っています。
 
 
人は、回虫を全く取り除くと死ぬ まことしやかに語り継がれる
 
回虫は、周囲の環境に変化が起これば、他の臓器へと移行する特性を見えるが、テトラクロロエチレン(tetrachloroethylene、1960年代まで使用された十二指腸虫虫除け)の使用時に、麻酔時、あるいは高熱発生時に起こる。高熱を伴い、致死率が高い様々な劣性疾患が流行していた韓国で回虫が体外に出る姿を見ることは難しいことではなかっただろう。
高熱を患う人の体内から多数の回虫が抜けた後、しばらくして患者が死亡する姿は、回虫の除去を死亡と連結させて、「人は、回虫を全く取り除くと死ぬ」という認識を強固にしたものである。
 
韓国戦争の過程で人々は、実際の腹の中で危害を加える回虫を本格的に目撃した。第二次世界大戦後、大量破壊兵器の発達で腹部に外傷を負う軍人が急増した。そして韓国人が腹部に貫通傷を受けるときは間違いなく回虫が姿を現した。
患者が腹に貫通傷を負った場合には、例外なく寄生虫があったのだ。サイズは10センチメートルから30センチメートルまでの範囲で、「雨の後の道の隣の水たまりに見えるミミズのように、ゆっくりとうごめく当て」ていた。
 
8055移動外科病院で働いていた外科看護師ジェネビ・コナーズ(Genevieve Connors)は「手術開始後10分以内に7-8匹程度は出てきた。寄生虫が腹から出るときは、そのままバケツに放り込み手術を続けた」と証言した。
 
ジョン・ベスウィク(John Beswick)は移動外科病院の会議に参加した記憶をたどってこう言った。「そこから寄生虫の知識を最初に習得するようになったんです。韓国じゃ人口の90-100%が寄生虫に感染していると聞いた。ほぼすべての人です。それにもかかわらず、人々は強靭とフィット見えた。それでも寄生虫があったんです。(Melady、2011:229)
 
寄生虫が腹から出るときは、そのまま入れてバケツに放り込み手術を続けていた」韓国戦争で「目で見られた」回虫の存在は、人々の脳裏の奥深くなった。韓国戦争を経て、外科術が急速に発達して、従来は治療が難しかった外科的回虫症も治療が可能になった。
 
自然排便に混じって出たり、多くの場合、嘔吐を介して口に飛び出す出る回虫ではなく、体内にあった大量の回虫を見たものである。韓国戦争を通じて外科術が発達し、外科的回虫症の報告が頻繁になると、回虫感染の可視化が行われることができる基盤が用意された。
 
イメージ 5
4㎏もお腹からでてきたもの(もりそばじゃないけん)
 
 
 
イメージ 6
 
すごいよな