minaQのつぶやき 네토미나

慰安婦像の首が落ちる日を待っていてくださいな

韓国の子は事実と意見を識別する能力が世界最低水準

 

韓国青少年は「デジタル理解力」OECDで「最下位」

韓国の学生たちは与えられた文章から事実と意見を識別する能力が最下位
情報信頼性評価もやっぱりOECD最下位、情報偏向判断教育も平均以下

 

イメージ 2

[NEWSミーナ]韓国の青少年たちのデジタル情報理解力(デジタルリテラシー)が経済協力開発機構国際学習到達度評価(PISA)で底値を記録していることが分かった。

学校でインターネット情報の偏向性を判断する教育を受けたという割合も、OECD平均に及ばないことが分かり、生徒を対象にしたデジタルリテラシー教育の強化が必要であることが分かった。

 

f:id:ninoQ:20210518144638p:plain

 

「学校でデジタルリテラシー教育強化が必要」

経済協力開発機構が3日(現地時間)に発表した<PISA(ピサ)21世紀の読者:デジタル世界における分解力開発>報告書によると、韓国の満15歳の生徒(中学3年、高校1年)たちは詐欺性の電子メール(フィッシングメール)を識別する力量評価において、経済協力開発機構諸国の中で最も低い水準を記録して衝撃を受けている。

フィッシングメールの有無を識別し、情報の信頼性を評価するテストでは、デンマーク・カナダ・日本・オランダ・英国の学生が最も高い水準だった一方、韓国はメキシコ・ブラジル・コロンビア・ハンガリーなどとともに最下位集団に分類された。

 

また、今年も韓国の学生たちは与えられた文章から事実と意見を識別する能力でも最下位を記録した。 経済協力開発機構加盟国の平均識別率が47%であるのに対し、韓国の学生は半分程度の25.6%にとどまり、最下位だった。

これと関連して「情報が主観的であるか偏向的なのかを識別する方法について教育を受けたか」を尋ねる調査では、韓国は学校でデジタルリテラシー教育がきちんと行われていないことが明らかになった。

この問題で、経済協力開発機構加盟国の平均は54%だったのに対し、韓国は半分以下(49%)で、平均より低かった。 オーストラリア・カナダ・デンマーク・米国などでは、7割以上の生徒が情報に偏っているかどうかを判断する教育を受けたと回答した。
今回の報告書は、経済協力開発機構が加盟国を中心に満15歳の学生を対象に3年ごとに実施する2018年の被写結果で、デジタルリテラシー関連内容を分析して作成された資料だ。

 

(翻訳:みそっち)
 

 

韓国の満15歳の生徒(中学3年、高校1年)たちは詐欺性の電子メール(フィッシングメール)を識別する力量評価において、経済協力開発機構諸国の中で最も低い水準を記録>>>>>韓国ではこれを純朴な結果、あるいは元々の詐欺が少ない国民性だとしていますが、あまりにもバカバカしいですよね。

 

 

イメージ 6
 
くるくる~