minaQのつぶやき 네토미나

慰安婦像の首が落ちる日を待っていてくださいな

ウクライナに韓国人ユーチューバー

 

韓国人ユーチューバー、ウクライナ義勇軍参戦

続々と参戦意思、戦争に行けば話題性があるからね

 

海軍特殊戦団(UDT/SEAL)出身のユーチューバー、イ・グン氏(予備役大尉)が、ウクライナ国際義勇軍に参加すると言って、最近現地に出国したことが分かった。

しかしイさんはこの過程で韓国外交当局にウクライナ訪問のための「例外的パスポート使用」を申請しなかったことが確認され、今後の法的処罰と行政制裁は避けられないものとみられる。

'우크라 의용군 참여' 이근, 거짓말 했나?... 외교부 "이번 사안은..."

外交部当局者は7日、「イさんが出国前に例外的パスポート使用を申請したのか」という質問に「関連問い合わせがあったことはない」とし「今回の事案は例外的パスポート使用の検討対象でもない」と答えた。

現在、ウクライナ全域には「旅行禁止」を意味する旅行警報4段階(黒色警報)が発令されている。 外交部は、ロシアのウクライナ侵攻の可能性が高まった先月13日付で、旅行警報4段階を発令した。 実際、ロシア軍は先月24日、ウクライナへの侵攻を開始した。

韓国外交部が発令している旅行警報のうち4段階(黒色警報)は、Δ1段階(藍色警報)「旅行留意」Δ2段階(黄色警報)「旅行自制」Δ3段階(赤色警報)「出国勧告」と違い、法的拘束力を持つ。

したがって、旅行警報第4段階が発令された地域に滞在している韓国国民が直ちに撤退しなければ、現行の「旅券法」第26条に基づき処罰(1年以下の懲役または1000万ウォン以下の罰金)される可能性もある。

ただし、政府は旅行警報4段階発令の国の永住権者であったり、Δ取材·報道Δ緊急な人道的事由(現地滞在家族の死亡またはそれに準ずる事故·疾病)、Δ公務上の目的などにより、必要な場合には外交部から「例外的パスポート使用」許可を受けて一定期間現地を訪問したり滞在できるようにしている。

だが、外交部の関係者によると、李氏は今回のウクライナ行きに先立ち、例外的な旅券使用許可を申請してもいない、という。

これと関連して政府関係者は、李氏側が在韓ウクライナ大使館を通じてだけ、ウクライナ国際義勇軍参加に関する連絡を交わした後、出国した可能性が高いと見ている。

イさんは6日、インスタグラムを通じて「(ヴォロディミール·ゼレンスキー)ウクライナ大統領が全世界に助けを要請した時、直ちに義勇軍の任務を準備した」とし「先日(ウクライナに)出国した」と明らかにした。

「最初は公式的な手続きを踏んで出国しようとしたが、韓国政府の強い反対を感じて摩擦が起きた」とし「韓国は旅行禁止国家に入れば犯罪者扱いされ、1年懲役または1000万ウォンの罰金処罰を受けると脅迫された」と主張した。

しかし外交通商部(外交部)の関係者は、イ·ソジンさんの主張に対し、「事実とは異なる」と語った。

 

李氏がウクライナに無断入国した場合、旅券法による刑事処罰の対象だが、現実的に帰国後に身柄が確保されない限り、当局が直接対応することは難しい。

これにより外交部はまず、イさんにパスポート法12、13、19条による行政制裁、つまり「Δ現在所持中のパスポートに対する返納命令」と「Δ未返納時の所持パスポート無効化」「Δ新規パスポート発給拒否·制限」といった措置を取るものとみられる。 外交消息筋は「現在、手続きを検討中」と伝えた。

さらに外交部は、イ氏が自分のウクライナ行きをソーシャルメディアSNS)を通じて知らせたことを機に、別の同調者が発生する可能性を憂慮している。

 

外交部当局者は「国民は現在ウクライナが戦時であることを厳重に認識し、旅行禁止国であるウクライナに許可なしに入国しないことを改めてお願いする」と述べた。

駐韓ウクライナ大使館側は4日、「どれほど多くの韓国人が国際義勇軍参加意思を問い合わせたのか」という質疑に「正確に何人か分からないが、参加希望者のうち数十人の情報を整理している」とし「年齢(18歳以上)と軍服務経験の有無などを考慮し、適格者に個別通知する」と答えた。

李氏がウクライナに入国したかどうかは、まだ確認されていない。